サイゼリヤの楽しみ方入門

著者:Webon編集部

Webonは著者が好きなものについて語る新しい読み物です。体系的に学べるので最初から順番に読んでいくのがおすすめ。お問い合わせはこちらから

 

サイゼリヤはイタリア料理をリーズナブルな価格で食べられるファミリーレストランチェーンです。サイゼリヤは「料理の質が低いから安いのでは」と思っている方もいると思います。

ただ、安さの理由は圧倒的な企業努力によるものであり、サイゼリヤで提供されているプロシュート(生ハム)はワールドカップが日本で開催された時、イタリア人記者が食べて衝撃を受けた程の質の高さなのです。

サイゼリヤについて知って、より楽しいサイゼリヤライフを過ごしていただきたいです!

 

はじめに

ここではサイゼリヤとは何かについて解説します。イタリア料理になった経緯を知ると、サイゼリヤの見方が変わるかと思います。

サイゼリヤとは

 

第1章 安くて美味しい理由

サイゼリヤが安いのは料理の質が低いからではありません。サイゼリヤの取り組みを知れば安さの理由に納得し「むしろ行かないと損だ!」と思う程になることでしょう。

サイゼリヤが安くて美味しい4つの理由

 

第2章 定番メニューの楽しみ方

「ミラノ風ドリアは1000回以上改良されている」などの事実を知ると、楽しみ方が変わってくるかと思います。ここではサイゼリヤの定番メニューの知識をお伝えします。

サイゼリヤの定番メニューの楽しみ方① 【ミラノ風ドリア】

サイゼリヤ定番メニューの楽しみ方② 【パスタ】

サイゼリヤ定番メニューの楽しみ方③ 【プロシュート】

サイゼリヤ定番メニューの楽しみ方④ 【ワイン】

 

第3章 調味料の楽しみ方

サイゼリヤの調味料を活用することで、さらに楽しいサイゼリヤライフを過ごすことができるようになります。

サイゼリヤの調味料の楽しみ方① 【オリーブオイル】

サイゼリヤの調味料の楽しみ方② 【ペコリーノチーズ・アランモアビア】

 

 

スポンサー

日高屋の楽しみ方入門

著者:Webon編集部

Webonは著者が好きなものについて語る新しい読み物です。体系的に学べるので最初から順番に読んでいくのがおすすめ。お問い合わせはこちらから

 

日高屋はお手頃な価格で中華料理を食べれるチェーン店です。「日高屋よりラーメン屋で食べた方が美味しいので行くのがもったいないよ」という感想を耳にすることがありますが、実は日高屋のラーメンはあえて美味しすぎないように作っているのです。

日高屋のことを知れば今までとは違った見え方になり、きっと店に足を運びたくなるでしょう。

 

~~日高屋は意図的に味にこだわりを持ちすぎないようにしていると言います。それは、美味しすぎるとどうしても癖が強くなり、たまに食べればいい味になってしまうという考えからです。そうなれば毎日来てもらうという日高屋の意図には沿わないことになるでしょう。~~

第1章「日高屋の定番メニューの魅力① 【中華そば】」より

 

はじめに

ここでは日高屋がどんなお店かを解説していきます。日高屋について知れば「食」自体が楽しいものになると思うのです。

日高屋とは

 

第1章 定番メニューの魅力

ここでは日高屋の定番メニューをご紹介。定番メニューの魅力を知れば、より日高屋を楽しめるようになると思います。

日高屋の定番メニューの魅力① 【中華そば】

日高屋の定番メニューの魅力② 【野菜たっぷりタンメン】

日高屋の定番メニューの魅力③ 【餃子】

日高屋の定番メニューの魅力④ 【ニラレバ定食】

 

第2章 食べる以外の楽しみ方

日高屋は単に美味しい中華をお手頃価格で食べるだけが楽しみではありません。ここでは、日高屋の食べる以外の楽しみ方についてお伝えします。

日高屋の食べる以外の楽しみ方① 【屋台を見本にした店】

日高屋の食べる以外の楽しみ方② 【一人飲み】

日高屋の食べる以外の楽しみ方③ 【駅前に多い理由】

 

【まとめ】

日高屋の定番人気のおすすめメニュー!こだわりを知って美味しく食べよう!

 

スポンサー

サイゼリヤが安くて美味しい4つの理由

Webon紹介目次著者
サイゼリヤはイタリア料理をリーズナブルな価格で食べられるファミリーレストランチェーンです。人気NO1メニューのミラノ風ドリアは1000回改良されていたり、こだわりを知ればさらにサイゼリヤが楽しくなるでしょう。

サイゼリヤの楽しみ方入門はこちらから!

著者:Webon編集部

Webonは著者が好きなものについて語る新しい読み物です。体系的に学べるので最初から順番に読んでいくのがおすすめ。お問い合わせはこちらから

 

『サイゼリヤの楽しみ方入門』目次へ  (全8ページ)

 

サイゼリヤはリーズナブルな価格でイタリア料理が食べれるため「質が低いから安いのでは?」と思っている方もいるかもしれません。ただ、安くて美味しいことには理由があるのです。

この章(第1章)ではサイゼリヤが安くて美味しい4つの理由についてお伝えします。

 

サイゼリヤが安くて美味しい4つの理由

 

① 自社で製造から販売を行う

 

サイゼリヤが安くて美味しいの理由には自社で販売から製造を行うことでコストをカットしていることが挙げられます。

製造などを他の会社に依頼すれば、そこに支払う中間コストがかかってしまいます。

 

 

サイゼリヤは「安くて美味しい」を実現するためにわずか数店舗しかなかった頃から1000店舗展開することを視野に入れて60年構想で製造直販体制を築いてきました。

 

 

サイゼリヤが自ら「商品開発~食材の生産~加工~配送」まで一貫して行い、余計な中間コストをかけないことで、高品質なメニューの提供をすることができているのです。

その一例がサイゼリヤの人気NO1メニューのミラノ風ドリアです。

 

▼ミラノ風ドリア(299円)

 

ミラノ風ドリアのホワイトソースには500mlの生乳が使われています。にも関わらず299円(税込み)というリーズナブルな価格で提供されています。これは相場を考えるとあり得ない価格だそうです。

サイゼリヤはオーストラリアにホワイトソースを製造する自社工場を作っております。だからこそ、このようなリーズナブルな価格を実現しているのです。

 

 

② 商品の絞り込み

 

サイゼリヤは、安くて高品質なメニューを提供するために「メニューの無駄を減らす事」を行いました。余計な「メニュー」は削除し、それと同時に自分たちのお店にしかない強い商品を生み出したのです。

メニューを絞り込むことによって売れ残る食材が減り、作業効率もあがります。無駄を省いて利益を上げれば、利益の一部をお客様に還元できます。

 

また、商品を絞ることで主力商品を磨くことができます。

先程も例に挙げた「ミラノ風ドリア」は、1000回以上の改良が加えられています。メニューを絞っているからこそ一つの商品をこれ程までに磨き上げることができるのです。メニューがあまりに多すぎれば、そこまで手が回らなくなってしまうことでしょう。

 

③ 理念

 

サイゼリヤには「食材の質をさげて利益をあげるような真似はしない」という理念があります。なぜなら「料理の味の良し悪しの80パーセントは、食材の質で決まる」という創業者の思想があるからです。

この理念に沿い、全ての食材にこだわり続け「美味しさ」を生み出し、只ならぬ企業努力によって「安さ」を維持したのです。

 

④ 素材へのこだわり

 

サイゼリヤの美味しい理由の一つには「素材へのこだわり」が挙げられると思います。

 

全てのメニューにおいて素材にはこだわっていますが、以下では一例として「野菜のこだわり」についてお伝えします。

サイゼリヤの定番サラダ「小エビのカクテルサラダ」は、獲れたて感のある野菜のシャキシャキ感が魅力です。

収穫された野菜はトラックで各店舗に配送しているのですが「獲れたて感のある野菜」をお客様にお届けするために、サイゼリヤならではの4つのこだわりがあるのです。

 

①「温度」

野菜をトラックに積んで調理するまで、野菜の周りの「温度」は4度に保ちます。こうすることで野菜の新鮮さを維持することが出来ます。

 

②「湿度」

「湿度」が変わると野菜から水分が出てしまいます。野菜に水分は天敵です。水分を抑えなければ野菜を活かすことはできません。サイゼリヤでは運搬時の「湿度」を一定に保ち野菜から水分が出ないようにします。

 

③「収穫からの経過時間」

収穫してからの時間を短くする事で細菌の繁殖を防いでいます。

 

④「運搬時の振動」

運搬時に振動をあたえないようにしています。これは品質の劣化を防ぐためです。ミルクを絞り続けると成分が分離してバターになってしまうように、振動は食材を変化させてしまうのです。

以上のように野菜ひとつ例にとっても、こだわりがすごいです。

 

サイゼリヤが安くて美味しいのは、無駄を削ぎ落とし、少数精鋭のメニューに対して圧倒的なこだわりを込めているからだと言えるでしょう。

要するにサイゼリヤが安いのは「お客様の満足度を追求して努力をし続けたから」なのです。

 

次のページから第2章です。次の章では、サイゼリヤの定番メニューを「より美味しく楽しく食べるための知識」を交えて紹介いたします。

次のページでは「ミラノ風ドリア」を紹介します。ミラノ風ドリアのおすすめ無料アレンジなどを知れば、サイゼリヤの楽しみ方が広がることでしょう。

『サイゼリヤの楽しみ方入門』目次へ  (全8ページ)

 



スポンサーリンク

 

スポンサー