サイゼリヤ定番メニューの楽しみ方③ 【プロシュート】

Webon紹介目次著者
サイゼリヤはイタリア料理をリーズナブルな価格で食べられるファミリーレストランチェーンです。人気NO1メニューのミラノ風ドリアは1000回改良されていたり、こだわりを知ればさらにサイゼリヤが楽しくなるでしょう。

サイゼリヤの楽しみ方入門はこちらから!

著者:Webon編集部

Webonは著者が好きなものについて語る新しい読み物です。体系的に学べるので最初から順番に読んでいくのがおすすめ。お問い合わせはこちらから

 

『サイゼリヤの楽しみ方入門』目次へ  (全8ページ)

 

この章(第2章)ではサイゼリヤの定番メニューの楽しみ方について4ページにわたってお伝えします。このページではサイゼリヤの「プロシュート」の楽しみ方についてお伝えさせていただきます。

プロシュート(生ハム)は、外食で食べると少々高いイメージがあります。ただサイゼリヤでは399円(税込)とリーズナブルな価格で食べることができます。さらに安いだけでなく高品質なものなのです。

知識をつけることで、より美味しく楽しくサイゼリヤのプロシュートを食べてみてくださいませ。

 

スポンサーリンク

基本情報

値段・カロリー

メニュー 値段(税込み) kcal
プロシュート(パルマサン熟成生ハム) 399円 162kcal
Wサイズ 798円

 

サイゼリヤのプロシュートの4つの知識

 

以下では『知ればさらに美味しくなるサイゼリヤのプロシュートの4つの知識』についてお伝えします。好奇心を満たしながら食事をすれば、より楽しく美味しいサイゼリヤライフが過ごせるようになると思います。

 

① 本場イタリア人も衝撃

 

このサイゼリヤのプロシュートですがワールドカップが日本で開催された際、現地のイタリア人記者が食べて衝撃を受け、毎日の様に店に通ったそうです。

これは「日本のファミリーレストランのレベルがすごい!」というような話題を語る際の一例として、よく挙がる逸話となっております。

 

② 高品質&リーズナブル

 

イタリア人記者が受けるほどのプロシュートですが、美味しいのには理由があります。

サイゼリヤのプロシュートはパルマハム協会の厳しい審査を通った本場イタリアの「パルマハム」です。

 

パルマハム協会とは
1963年に設立した「パルマ」の名が示す本物の製品とそのイメージを保護するために立ち上げられた団体。

 

パルマハムはパルマ地方で育てられたパルマ豚を使用しています。

 

スポンサーリンク

 

パルマ豚のもも肉を使用し、塩漬けから熟成までを熟練の職人によって、細心の注意を払いながら一年間かけて行います。

そして最高級品として熟成されたプロシュートを塊のまま日本へ運び、自社工場で毎日必要な分だけスライスし、各店舗へ配送することで美味しさを損なわないよう工夫しています。

また、高級ホテルでは1皿2000円する程の品質ですが、サイゼリヤでは2枚入り390円という価格で提供しています。

これは現地イタリアよりもリーズナブルなんだとか。

 

③ 食べ方

 

サイゼリヤのプロシュートはおすすめの食べ方があります。

サイゼリヤのプロシュートの一番のポイントは「香り」と「塩気の効いた脂身の甘くとろける豊潤な味わい」です。口の中に入れるとすーっと溶け、噛むほどに赤身の熟成した味わいが口の中に広がります。

1ミリの薄さにスライスされており、そのままでも、フォッカチオ(平たいパン)と一緒でも美味しく食べる事ができます。

 

サイゼリヤのプロシュートは運ばれてきてから少し時間を置いておくと脂の温度が溶け始め、美味しさが倍増ると言われています。

是非、試してみてはいかがでしょうか。

 

④ 食べて伝わる魅力

 

僕はサイゼリヤのプロシュートの、とろーっととろけるような口溶けが好きです。

 

 

また、プロシュートらしさを強く感じられる強烈な香りが特徴的です。この香りは好き嫌いが分かれそうです。強烈な香りによって「本格的な生ハム」を食べているような感じがします。

 

 

イタリア料理にあまりなじみがない僕からすると「プロシュート」と言って連想されるのは、居酒屋の「生ハムサラダ」に乗っている生ハムです。サイゼリヤはそういった生ハムとは、香り、厚み、口溶け、食材のレベルとしては明らかに一線を画していると思います。

本格的なプロシュートを食べようと思ったら、高級なイタリアンなどに行かないとなかなか食べることはないとは思います。ただ、サイゼリヤなら399円で食べれます。

そのため、本格的なプロシュートを知る第一歩としては「サイゼリヤのプロシュート」はとてもよいのではないでしょうか。

 

このページでは高品質&リーズナブルのプロシュートを紹介しました。次のページではサイゼリヤのワインについてお伝えします。100円で飲めるワインですが、決して質が低いから安い訳ではないのです。

『サイゼリヤの楽しみ方入門』目次へ  (全8ページ)

 



スポンサーリンク

 

スポンサー