日高屋の定番人気のおすすめメニュー!こだわりを知って美味しく食べよう!

Webon紹介目次著者
日高屋はお手頃な価格で中華料理を食べれるチェーン店です。実は日高屋のラーメンはあえて美味しすぎないようにしているのはご存知ですか?知ればきっと日高屋に足を運びたくなる!

日高屋の楽しみ方入門はこちらから!

著者:Webon編集部

Webonは著者が好きなものについて語る新しい読み物です。体系的に学べるので最初から順番に読んでいくのがおすすめ。お問い合わせはこちらから

 

『日高屋の楽しみ方』目次へ  (全8ページ)

 

日高屋はリーズナブルな価格で中華料理が食べれる飲食店です。

このページでは日高屋に行ったら最初に食べていただきたい「定番の人気おすすめメニュー」を紹介させていただきます。

メニューにまつわる知識を知ることで、より日高屋のメニューが楽しめると思います。

 

スポンサーリンク

中華そば

 

「中華そば」は日高屋人気NO1のメニューです。人気の秘密は美味しすぎないことです。

中華そばは390円(税込)というリーズナブルな価格で提供されています。日高屋の中華そばはあえて美味しすぎないように作られています。

日高屋は毎日来れるような店を目指しています。美味しくしすぎないようにしているのは「美味しすぎるとどうしても癖が強くなり、たまに食べればいい味になってしまう」という考えからなのです。

 

 

実際に食べてみると美味しすぎる味ではないですが、ラーメン屋のラーメンとは違い肩の力を抜いて食べることができます。たまに、この味が恋しくなってラーメンではなくて「日高屋のラーメン」を食べたくなることがあります。

 

 

野菜たっぷりタンメン

 

野菜たっぷりタンメンは520円(税込)日高屋の人気NO2のメニューだと言われています。「健康志向」という時代のニーズを反映して誕生したメニューで、女性からの支持も高いメニューとなっております。

野菜の総量は350gと麺の2倍以上。野菜の食べ応えを感じれるメニューなのです。野菜は一度別の鍋で炒めており、熱々の野菜を楽しむことができます。

タンメン自体を食べる機会は少ないと思いますが、日高屋では気軽に注文できますので、タンメンが食べたい時はお気軽に日高屋を訪れてみてくださいませ。

 

 

餃子

 

日高屋の餃子は一皿6個入りで230円(税込)です。

野菜がたっぷり入っていて、ヘルシーであるのにも関わらずジューシーさや食べごたえもしっかりと感じさせてくれます。日高屋の餃子は何個食べても飽きないのが特徴。無限に食べれそうな気がしてしまいます。

日高屋が目指す「皮のもっちり食感」に辿り着くまでには多くのトラブルに見舞われ、その度に試行錯誤が繰り返されました。

 

▼トラブルの例

 

その結果、通常の製法では再現不可能な食感が実現されました。日高屋の餃子の作り方には多くの企業秘密が隠されていると言います。

重たくなく食べやすい味なので、ラーメンなどの他のメニューを注文した時にも気軽に注文してみるのもよいかと思います。

 

 

レバニラ定食

スポンサーリンク

 

ニラレバ炒めは単品で490円(税込)定食で660円(税込)です。

日高屋のニラレバ炒めは調理する際にレバーと野菜は最初から一緒に炒めません。レバーは一度油で素揚げするのです。そのためレバーの食感は柔らかいというより、外はパリッとしたような食感を楽しめます。

また、炒めすぎて野菜がしなしなになってしまうことを避けるため調理時間は約2分です。おかげで、シャキシャキとした野菜の食感を味わうことができます。

全体的に濃い味付けではないので、女性にもおすすめです。

 

 

一人飲みもおすすめ

▼アルコール一覧

メニュー 値段
キリン一番搾り(生)中ジョッキ 330円
キリン一番搾り(生)中瓶 450円
ハイボール 280円
レモンサワー 280円
ウーロンハイ 280円
緑茶ハイ 280円
ウォッカソーダ割り 280円
ホッピーセット 390円
生冷酒 370円
吟醸ロック酒20度 390円

 

日高屋は一人飲みスポットとしておすすめです。ビール、ラーメン、餃子合わせても1000円もかからず大変リーズナブルに一人飲みを楽しむことができます。

外で一人飲みをしたいと思った時に思い浮かぶ場所は居酒屋だと思います。ただ、居酒屋だとビール一杯とおつまみ一品で変えるのは気が引けてしまうことでしょう。

日高屋は「ちょい飲み」を掲げており、ビールとおつまみで店を出るのも全く気まずくありません。18時過ぎに日高屋を訪れると、ポテトサラダやそら豆などの軽いおつまみと一緒に、ビールを飲んでお客さんも多く見かけます。

周囲のお客さんも一人飲みが多いので、浮いてしまうことなく気兼ねなく一人飲みをすることができます。

 

 

ちなみに、日高屋の売上はアルコールが大きく支えていると言われています。ラーメンと違って生ビールなどは、何度も注文が入るため売上につながりやすいのです。

 

 

 

日高屋のこだわりや特徴を知ることで、より日高屋を楽しむことができると思います。詳しく知りたい方は、是非『日高屋の楽しみ方入門』をご覧いただければと思います。

『日高屋の楽しみ方』目次へ  (全8ページ)



スポンサーリンク