日高屋の定番メニューの魅力④ 【ニラレバ定食】

Webon紹介目次著者
日高屋はお手頃な価格で中華料理を食べれるチェーン店です。実は日高屋のラーメンはあえて美味しすぎないようにしているのはご存知ですか?知ればきっと日高屋に足を運びたくなる!

日高屋の楽しみ方入門はこちらから!

著者:Webon編集部

Webonは著者が好きなものについて語る新しい読み物です。体系的に学べるので最初から順番に読んでいくのがおすすめ。お問い合わせはこちらから

 

『日高屋の楽しみ方』目次へ  (全8ページ)

 

この章(第1章)では4ページにわたって日高屋の定番メニューの魅力についてお伝えしてます。

このページでは日高屋のニラレバ定食の魅力をお伝えいたします。

390円の中華そばがおなじみの日高屋ですが、定食類も充実しております。中でも、ニラレバ定食は日高屋の人気の定食メニューなのです。

 

スポンサーリンク

基本情報

値段・カロリー

メニュー 値段 kcal
ニラレバ炒め 490円 473kcal
ニラレバ炒め定食
(ライス・スープ・漬物付き)
660円 非公開
ご飯の大盛り +60円 538kcal(ライス大盛り)

 

テイクアウト

 

テイクアウトは可能です。

 

ニラレバ炒め定食の3つの魅力

 

日高屋のメニューは中華そばなどの「ラーメン類」が中心ですが「定食類」も充実しています。

定食のメニューは「ニラレバ炒め」「野菜炒め」「肉野菜炒め」「バクダン炒め」「唐揚げ」「生姜焼き」があります。これらは定食のみならず単品での注文や、テイクアウトをすることもできます。

数ある定食で特に人気があるのは『ニラレバ定食』だと言われています。

 

① 野菜の炒め方

 

日高屋のニラレバ炒めは調理する際にレバーと野菜は初めから一緒に炒めません。

レバーは油で素揚げします。そして、もやしや玉ねぎを炒めた後に素揚げしたレバーを混ぜて炒めます。

その後「タレ・調味料を入れる」などの工程を経て約2分間で完成します。

2分という短時間で完成させるのは炒めすぎて野菜がしなしなになってしまうことを避けるためです。

実際食べてみると、日高屋のレバニラ炒めは野菜のシャキシャキとした食感を存分に楽しむことができるのです。

 

② 捨てるとこなしの野菜

 

野菜を使うと「皮やヘタ」など、どうしても食べられない部分が出てきます。

レバニラ炒めなどの野菜を使用したメニューが多い日高屋では、この「野菜くず」が1日に約2~3tもの量が出ます。

スポンサーリンク

日高屋の場合はこの野菜くずは廃棄しないで肥料にして農家に販売しています。そして、その肥料で作った野菜を日高屋で活用することによって、食品のリサイクルを行っているのです。

『日高屋の野菜に捨てるとこなし』なのです。どこか安心感を持って食事を楽しむことができますね。

 

日高屋の人気NO2メニューの「野菜たっぷりタンメン」にも多くの野菜が使用されています!前ページで詳しく解説! 日高屋の人気NO2メニューの「野菜たっぷりタンメン」にも多くの野菜が使用されています!前ページで詳しく解説!

 

③ 食べてわかる魅力

 

日高屋のニラレバ炒めは実際に食べてみればその魅力が伝わるかと思います。

 

 

日高屋のニラレバ炒めは、味付けが濃くないので食べやすいです。男性だけでなく女性の方にもおすすめできます。

 

 

レバーの癖も強くなくしっかりと炒めてあるので、食感は「柔らか」というよりは外の「パリッ」をより感じます。

野菜はシャキシャキで歯ごたえが心地よいです。シナっとしておらず、シャキシャキと噛み締めていると野菜を食べている感覚を強く味わえます。

 

 

油でギトっとしたニラレバ炒めではないので、胸焼けすることなくさらっと完食できてしまいます。

日高屋のメニューは「たまに食べる贅沢な食事」というより「日常的に食べるお客様に向け」に作られているため、このように濃すぎず飽きないような味つけになっているのだと思います。

 

テイクアウトもできるので宅飲みなどをする際に買っていくのもよいと思います。宅飲みで日高屋の差し入れがあると「おっ!」となってテンションが上がります。

日高屋は「中華そば」だけでなく定食類も充実しております。ぜひ、日高屋のメニューを色々知って食べてみてくさいませ。

次の第2章からは『日高屋の楽しみ方』についてお伝えします。定番メニューを味わうだけでなく、日高屋には様々な楽しみ方があるのです。

『日高屋の楽しみ方』目次へ  (全8ページ)



スポンサーリンク