谷山浩子入門 ~『みんなのうた』でトラウマを与えた音楽家!?唯一無二のダークファンタジー世界~

はじめに

谷山浩子さんといえばNHK『みんなのうた』への提供曲「まっくら森の歌」。この曲を聴いてトラウマになった方もいるのではないでしょうか。浩子さんの曲は現実離れした世界観のものが多く、例えば「まもるくん」という曲は「まもるくん」が「新宿の地下道の壁」「警官の制服の肩」などから生えてきてニコニコ笑っているという内容。ファン歴30年以上が語る浩子さんの曲世界に足を踏み入れてみてください。

谷山浩子とは

第1章 谷山浩子の曲世界

NHK『みんなのうた』で人気の浩子さん。多くの楽曲で現実離れした展開を見せます。この章ではそんな浩子さんの楽曲をカテゴリーに分けて紹介します。浩子さんの楽曲のイメージが全体的に掴めることでしょう。

『みんなのうた』~カワイイのに怖い曲~編
コラボ編
ファンタジー世界編

▼浩子さんの曲の世界観のイメージ!

曲名内容
恋するニワトリ風見鶏に恋したニワトリの叶わぬ恋。
まっくら森の歌魚は空に小鳥は水に、時計を見ればさかさままわりしている不思議な「まっくら森」の描写。
花さかニャンコ花を咲かせる猫が描写される。ケンカをする人、指、花、銀河、ブラックホール、色んなところに花を咲かせていく。

 

第2章 谷山浩子の軌跡

浩子さんの不思議な楽曲に触れると、どんな人なのかが気になるかと思います。この章では浩子さんの軌跡を追うことで、浩子さんに対する理解を深めてまいりましょう。

谷山浩子の軌跡有料会員

第3章 ラジオとライブ

浩子さんは現在ラジオ番組に出演しており、どんな人柄か気になった方は是非ラジオを聴いてみてください。その場でリクエストされた曲を演奏する「リクエストライブ」ではミュージシャンの神業を堪能することもできます。

ラジオとライブ有料会員

著者 加藤 千鶴

1972年生まれのライター。谷山浩子ファン歴30年以上。小学6年生の時にラジカセから流れる音楽に魅了され日本のポップス・ロックを聴き続けてきました。谷山浩子さんはみんなのうたの「恋するニワトリ」でハマりました。音楽以外では、演劇やダンスなどの舞台鑑賞と、シュノーケリングなどの旅行、FMラジオが趣味。
お問い合わせはこちらから

谷山浩子のラジオとライブ

Webon紹介目次著者

ファン歴30年以上が谷山浩子さんの曲世界を紹介。トラウマソングとして有名なNHK『みんなのうた』への提供曲「まっくら森の歌」をはじめ、あまりにも独特すぎる不思議な曲の世界にの数々に虜になること間違いなし!?

谷山浩子入門 ~『みんなのうた』でトラウマを与えた音楽家!?唯一無二のダークファンタジー世界~はこちらから!

はじめに

谷山浩子とは

第1章 谷山浩子の曲世界

『みんなのうた』~カワイイのに怖い曲~編

コラボ編

ファンタジー世界編

第2章 谷山浩子の軌跡

谷山浩子の軌跡

第3章 ラジオとライブ

ラジオとライブ

著者:加藤千鶴

1972年生まれのライター。谷山浩子ファン歴30年以上。小学6年生の時にラジカセから流れる音楽に魅了され日本のポップス・ロックを聴き続けてきました。谷山浩子さんはみんなのうたの「恋するニワトリ」でハマりました。音楽以外では、演劇やダンスなどの舞台鑑賞と、シュノーケリングなどの旅行、FMラジオが趣味。

お問い合わせはこちらから

『谷山浩子入門』目次へ  (全6ページ)

 

このページでは最近の谷山浩子さんのラジオやライブの活動についてご紹介します。

浩子さんの独特の詩や曲の世界、どこかパーソナルな印象を与える歌の魅力を、別の角度から支えるのがラジオやライブでの活動です。

ミュージシャンの神業が堪能できるオールリクエストライブは一見の価値ありです。

 

現在のラジオの活動『オールナイトニッポンモバイル』

 

浩子さんは以前、ニッポン放送のラジオ番組『オールナイトニッポン』のパーソナリティーをしていました。

その後もいくつかの番組を担当。

 

現在はニッポン放送がインターネット上で配信するラジオ番組『オールナイトニッポンモバイル』に出演しています。

このページの続きを閲覧するにはログインが必要です。 or 新規会員登録(税抜300円で読み放題!)

谷山浩子のこれまでの軌跡

Webon紹介目次著者

ファン歴30年以上が谷山浩子さんの曲世界を紹介。トラウマソングとして有名なNHK『みんなのうた』への提供曲「まっくら森の歌」をはじめ、あまりにも独特すぎる不思議な曲の世界にの数々に虜になること間違いなし!?

谷山浩子入門 ~『みんなのうた』でトラウマを与えた音楽家!?唯一無二のダークファンタジー世界~はこちらから!

はじめに

谷山浩子とは

第1章 谷山浩子の曲世界

『みんなのうた』~カワイイのに怖い曲~編

コラボ編

ファンタジー世界編

第2章 谷山浩子の軌跡

谷山浩子の軌跡

第3章 ラジオとライブ

ラジオとライブ

著者:加藤千鶴

1972年生まれのライター。谷山浩子ファン歴30年以上。小学6年生の時にラジカセから流れる音楽に魅了され日本のポップス・ロックを聴き続けてきました。谷山浩子さんはみんなのうたの「恋するニワトリ」でハマりました。音楽以外では、演劇やダンスなどの舞台鑑賞と、シュノーケリングなどの旅行、FMラジオが趣味。

お問い合わせはこちらから

『谷山浩子入門』目次へ  (全6ページ)

 

第1章では谷山浩子さんの楽曲の魅力をご紹介してきました。

第2章では谷山浩子さんの軌跡を通して、浩子さんへの理解を深めていただきたいと思います。

 

年表一覧

 

年月 出来事
1956年8月 誕生
1972年4月(当時15歳) 1回目のデビュー。シングル「銀河系はやっぱりまわってる」リリース
1974年5月 第7回ポピュラーソングコンテストで入選
1975年2月 2回目のデビュー。シングル「お早うございます帽子屋さん」をリリース
1977年3月 3回目のデビュー。シングル「河のほとりに」リリース。
1981年11月 橋本一子プロデュースのアルバム『時の少女』リリース
1982年4月(~1986年4月) 『谷山浩子のオールナイトニッポン』放送開始
1985年2月 『みんなのうた』に「恋するニワトリ」提供
1985年8月 『みんなのうた』に「まっくら森の歌」提供
1986年5月 斉藤由貴「土曜日のタマネギ」リリース
1986年11月(当時30歳) 斉藤由貴「MAY」リリース
1987年(~2001年) 『101人コンサート』始まる
1996年 結婚
1998年(~2005年) 音楽劇『幻想図書館』シリーズ上演開始
2002年 ライブ『猫森集会』開始
2006年6月(当時49歳) 『ゲド戦記』挿入歌「テルーの唄」リリース
2012年6月 『オールナイトニッポンモバイル』放送開始
2012年9月 共作アルバム『ROLLY&谷山浩子のからくり人形楽団』リリース
2017年9月 アルバム『月に聞いた11の物語』リリース
2019年9月 アルバム『花さかニャンコ』リリース

 

【1956年~1972年】誕生~最初のレコードデビュー

 

浩子さんは1956年生まれ、横浜市育ち。

音楽一家で育ち、そのうち曲を作るようになります。

中学生の時に学校の近所にあったレコード会社に曲の持ち込みを始めました。

元々は歌謡曲の作曲家志望でした。

ただ自分で歌えばレコードを出してもらえるというので、ピアノ弾き語りで一番初めのレコードデビューを果たします。1972年4月(浩子さん当時15歳)のシングル「銀河系はやっぱりまわってる」とアルバム『静かでいいな 〜谷山浩子15の世界〜』がデビュー作品です。

▼アルバム『静かでいいな 〜谷山浩子15の世界〜』

1972年は松任谷(荒井)由実さんがデビューした年。「シンガーソングライター(自分で作詞作曲して歌う歌手)」という新しい音楽の形が登場し始めた頃でした。

このページの続きを閲覧するにはログインが必要です。 or 新規会員登録(税抜300円で読み放題!)

谷山浩子の曲世界② 【コラボ編】

Webon紹介目次著者

ファン歴30年以上が谷山浩子さんの曲世界を紹介。トラウマソングとして有名なNHK『みんなのうた』への提供曲「まっくら森の歌」をはじめ、あまりにも独特すぎる不思議な曲の世界にの数々に虜になること間違いなし!?

谷山浩子入門 ~『みんなのうた』でトラウマを与えた音楽家!?唯一無二のダークファンタジー世界~はこちらから!

はじめに

谷山浩子とは

第1章 谷山浩子の曲世界

『みんなのうた』~カワイイのに怖い曲~編

コラボ編

ファンタジー世界編

第2章 谷山浩子の軌跡

谷山浩子の軌跡

第3章 ラジオとライブ

ラジオとライブ

著者:加藤千鶴

1972年生まれのライター。谷山浩子ファン歴30年以上。小学6年生の時にラジカセから流れる音楽に魅了され日本のポップス・ロックを聴き続けてきました。谷山浩子さんはみんなのうたの「恋するニワトリ」でハマりました。音楽以外では、演劇やダンスなどの舞台鑑賞と、シュノーケリングなどの旅行、FMラジオが趣味。

お問い合わせはこちらから

『谷山浩子入門』目次へ  (全6ページ)

 

この章では浩子さんの楽曲を

【『みんなのうた』~カワイイのに怖い曲~編】
【コラボ編】
【ファンタジー世界編】

に分けて3ページにわたって紹介いたします。

 

前ページで紹介した『みんなのうた』はアニメーションとの合作です。

谷山浩子さんは『みんなのうた』以外にもアニメとのコラボが盛んで、声優への提供曲も多いです。

このページでは浩子さんのコラボ作品を「アニメ」「声優」に分けて紹介いたします。

 

① アニメとのコラボ

浩子さんはアニメやマンガ等、ほかの分野とのコラボが多いです。浩子さんの自由で突飛な曲の世界観はアニメやマンガとの親和性が高いのでしょう。

アニメでは劇場版『未来少年コナン』の主題歌を作詞・作曲、スタジオジブリの映画『ゲド戦記』の挿入歌で手嶌葵さんが歌った「テルーの唄」の作曲と、アルバム『ゲド戦記歌集』の作曲を担当。『コクリコ坂から』の挿入歌の作曲も手掛けました。

▼アルバム『ゲド戦記歌集』(画像クリックで商品詳細へ)

大島弓子さん作の『綿の国星』のアニメの挿入歌の作詞・作曲をはじめ、マンガのイメージアルバム(マンガの場面やイメージを楽曲にしたアルバム)を多く担当。曲とマンガが相互に影響を与える作品も生まれています。

▼『綿の国星』(DVD)

アニメ・マンガだけでなく演劇とのコラボも。

浩子さんの曲「真夜中の太陽」からインスパイアされた同名の芝居は、生きる力や辛さ、希望と悲しみを包み込む名作になり再演を重ねました。

 

ちなみに浩子さんの曲はニコニコ動画でも大人気です。

不思議な世界は二次創作の意欲をかき立てるようです。

驚くことに、アニメとコラボしたDVD『うたのえほん』には、ニコニコ動画に上がっていた「まっくら森の歌」のパロディー作品「なっとく森のうた」を収録しています。

浩子さんの曲は、マンガを愛し、アニメに愛される、独自の想像力の世界が広がっています。

 

アニメとのコラボおすすめの曲3選

 

アニメとのコラボおすすめの曲は「テルーの唄」「愛をもういちど」「鳥は鳥に」です。アニメのために作られた曲の中で、比較的知られている曲だと思います。

▼曲名と世界観

曲名 アニメ
テルーの唄 映画『ゲド戦記』の挿入歌。手嶌葵が歌う。
愛をもういちど 映画『未来少年コナン』オープニング。研ナオコが歌う。
鳥は鳥に 映画『綿の国星』挿入歌。

 

② 声優とのコラボ

 

声優への楽曲提供も多くあります。多いのは岩男潤子さん。

▼岩男潤子(いわおじゅんこ)さん


By ファイルマーチ投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link 

 

岩男潤子さんは「カードキャプターさくら(大道寺知世役)」「新世紀エヴァンゲリオン(洞木ヒカリ役)」「るろうに剣心(雪代巴役)」等で活躍の声優さんです。

最近では豊崎愛生さん、上坂すみれさんへ詞や曲を提供しています。

作曲はせずに提供詞だけだった場合も、谷山浩子ワールド全開の不思議な世界で、空を飛んでくるのはなんとサバであることも。

提供した歌詞が「これは谷山さんにしか歌えない」と言われて出戻ってきたという話を本人がよくライブでしています。

「あそびにいこうよ!」のようにとろけるほど甘くてカワイイ歌もあります。

 

声優とのコラボおすすめ曲3選

 

声優への提供曲には特徴があり、やたらとカワイイ曲・詞が多いです。「あそびにいこうよ!」(詞のみ)、「ハーブガーデン」はその例です。「何かが空を飛んでくる」は、先にご紹介した空を飛んでくるのはサバという内容の詞です。

▼曲名と声優

曲名 声優
あそびにいこうよ! 岩男潤子
ハーブガーデン 岩男潤子
何かが空を飛んでくる 豊崎愛生

 

コラボおすすめアルバム・DVD

 

▼アルバム『テルーと猫とベートーヴェン』

▼アルバム『しまうま』

🐰おすすめの理由🐰

『テルーと猫とベートーヴェン』は『ゲド戦記』関連の曲が収められています。『しまうま』は岩男潤子さんへの提供曲が多く、柔らかい曲調の歌が多いアルバムです。

▼DVD『うたのえほん』

🐰おすすめの理由🐰

浩子さんの歌に、アニメーションや映像を付けたDVDです。ニコニコ動画のような感じです。このDVDには、ほかの人が作ったパロディー作品「なっとく森のうた」も収録されています。

 

おすすめ曲は筆者の好みで選んでいます。

浩子さんの曲は人気投票すると票がバラバラに分散してしまうほど、ファンはそれぞれ好きな曲が違います。

気に入ったら是非ほかの曲も聴いてみてください。

 

浩子さんの曲は現実離れしたことが起きる独特のファンタジー、というのも特徴です。次のページでは浩子さんのファンタジーな楽曲を「物語を題材にした曲」「夢の世界を描いた曲」「人とつながれない喪失感を描いた曲」の3つの項目に分けてお伝えします。

『谷山浩子入門』目次へ  (全6ページ)

 

目次著者

はじめに

谷山浩子とは

第1章 谷山浩子の曲世界

『みんなのうた』~カワイイのに怖い曲~編

コラボ編

ファンタジー世界編

第2章 谷山浩子の軌跡

谷山浩子の軌跡

第3章 ラジオとライブ

ラジオとライブ

著者:加藤千鶴

1972年生まれのライター。谷山浩子ファン歴30年以上。小学6年生の時にラジカセから流れる音楽に魅了され日本のポップス・ロックを聴き続けてきました。谷山浩子さんはみんなのうたの「恋するニワトリ」でハマりました。音楽以外では、演劇やダンスなどの舞台鑑賞と、シュノーケリングなどの旅行、FMラジオが趣味。

お問い合わせはこちらから

谷山浩子の曲世界① 【『みんなのうた』~カワイイのに怖い曲~ 編】

Webon紹介目次著者

ファン歴30年以上が谷山浩子さんの曲世界を紹介。トラウマソングとして有名なNHK『みんなのうた』への提供曲「まっくら森の歌」をはじめ、あまりにも独特すぎる不思議な曲の世界にの数々に虜になること間違いなし!?

谷山浩子入門 ~『みんなのうた』でトラウマを与えた音楽家!?唯一無二のダークファンタジー世界~はこちらから!

はじめに

谷山浩子とは

第1章 谷山浩子の曲世界

『みんなのうた』~カワイイのに怖い曲~編

コラボ編

ファンタジー世界編

第2章 谷山浩子の軌跡

谷山浩子の軌跡

第3章 ラジオとライブ

ラジオとライブ

著者:加藤千鶴

1972年生まれのライター。谷山浩子ファン歴30年以上。小学6年生の時にラジカセから流れる音楽に魅了され日本のポップス・ロックを聴き続けてきました。谷山浩子さんはみんなのうたの「恋するニワトリ」でハマりました。音楽以外では、演劇やダンスなどの舞台鑑賞と、シュノーケリングなどの旅行、FMラジオが趣味。

お問い合わせはこちらから

『谷山浩子入門』目次へ  (全6ページ)

 

この章では浩子さんの楽曲を

【『みんなのうた』~カワイイのに怖い曲~編】
【コラボ編】
【ファンタジー世界編】

に分けて3ページにわたって紹介いたします。

 

NHK『みんなのうた』で人気の谷山浩子さん。

『みんなのうた』への浩子さん提供曲は子供向けのカワイイ歌なのになぜか不思議なコワい歌詞が気になります。

このページでは浩子さんのカワイイのに怖い曲を「『みんなのうた』の曲」と「大人向けのカワイイのに怖い曲」に分けて紹介します。

 

① 『みんなのうた』の曲

NHK『みんなのうた』で浩子さんが歌う曲は6曲あります。

「恋するニワトリ」「まっくら森の歌」「しっぽのきもち」「おはようクレヨン」「そっくりハウス」に続き、2019年4月には新作「花さかニャンコ」が放送になりました。

子供向けのカワイイ曲に、ちょっとキュンとする歌詞やなんだか怖い歌詞が印象的です。

 

怖い歌詞の代表曲が「まっくら森の歌」。

メロディーもアニメーションも暗い森のイメージで、トラウマになったという人もいます。

歌詞の内容はまっくらな森の中で「きのうはあした」「さかなは空に」「小鳥は水に」「時計を見れば さかさままわり」と、普通とは逆さまのことが起きるという歌です。暗い森で尋常ではないことが起きるという得体のしれなさが子供に恐怖を感じさせました。

 

「そっくりハウス」は天真爛漫なカワイイ曲で歌詞の内容はドッペルゲンガー。部屋の真ん中に自分の家とそっくりな家があり、その家の中にも同じ家があるという世界です。

 

『みんなのうた』おすすめの曲3選

 

『みんなのうた』おすすめの曲は「恋するニワトリ」「まっくら森の歌」「花さかニャンコ」です。この3曲は浩子さんの『みんなのうた』の中でも代表的な曲です。

「まっくら森の歌」はトラウマソングとして一番有名な曲です。「恋するニワトリ」は「まっくら森の歌」と並んで、浩子さんの『みんなのうた』の曲の中でも有名な曲と思われます。「花さかニャンコ」は最新曲で、浩子さんの楽曲の世界観がよく表れています。

▼曲名と内容

曲名 内容
恋するニワトリ 風見鶏に恋したニワトリの叶わぬ恋。
まっくら森の歌 魚は空に小鳥は水に、時計を見ればさかさままわりしている不思議な「まっくら森」の描写。
花さかニャンコ 花を咲かせる猫が描写される。ケンカをする人、指、花、銀河、ブラックホール、色んなところに花を咲かせていく。

 

② 大人向けのカワイイのに怖い曲

 

『みんなのうた』の楽曲以外にも不思議な歌は、浩子さんにはたくさんあるのです。

たとえば「まもるくん」という曲。

歌詞は、想像も及ばないヘンテコな生き物「まもるくん」が「新宿の地下道の壁」「警官の制服の肩」「建売住宅の屋根」から生えてきてニコニコ笑っているという内容です。

奇妙な、というより、毒気を感じるコワい世界が、明るく親しみやすいメロディーに乗って展開します。

可愛くて突飛な設定や、明るいメロディーで壊れた世界を歌う怖い内容の曲は、ポップスの世界でほかには例がないように思います。

グリム童話のように、子供向けかと思えば実は怖い。

唯一無二のコワくてカワイイ世界。不思議でクセになります。

大人の方にもおすすめです。

 

大人向けのカワイイのに怖い曲3選

 

大人にも明るいおすすめの曲は「まもるくん」「たんぽぽ食べて」「第5の夢・そっくり人形展覧会」です。どの曲も毒気が前面に出ています。

▼曲名と内容

曲名 内容
まもるくん 「新宿の地下道の壁」「警官の制服の肩」「建売住宅の屋根」いろんなところからまもるくんが生えてくるけど、誰もが見ないふり。
たんぽぽ食べて 悪い噂がしみこんだアスファルトからたんぽぽの芽が吹き出す。耳、ひざ、目玉、骨からたんぽぽが生える。
第5の夢・そっくり人形展覧会 本物の彼氏を当てるゲーム。そっくりだけどどこか違う。当てるチャンスは一度だけ。

 

「カワイイのに怖い曲」を聴けるおすすめアルバム

 

▼『そっくりハウス』

▼『ひろコーダー☆栗コーダー』

🐰おすすめの理由🐰

どちらも『みんなのうた』に提供した曲を中心に集めた子供にも聞きやすいアルバムです。

▼『フィンランドはどこですか?』


🐰おすすめの理由🐰

『みんなのうた』関連以外で一番ポップな毒気を感じるアルバムです。大人にもおすすめです。

 

このページでは『みんなのうた』をはじめとした浩子さんのカワイイのに怖い曲を紹介いたしました。

『みんなのうた』はアニメーションとの合作ですが、谷山浩子さんはアニメとのコラボも盛んで声優への提供曲も多いです。次のページでは浩子さんのコラボ楽曲を紹介いたします。

『谷山浩子入門』目次へ  (全6ページ)

 

目次著者

はじめに

谷山浩子とは

第1章 谷山浩子の曲世界

『みんなのうた』~カワイイのに怖い曲~編

コラボ編

ファンタジー世界編

第2章 谷山浩子の軌跡

谷山浩子の軌跡

第3章 ラジオとライブ

ラジオとライブ

著者:加藤千鶴

1972年生まれのライター。谷山浩子ファン歴30年以上。小学6年生の時にラジカセから流れる音楽に魅了され日本のポップス・ロックを聴き続けてきました。谷山浩子さんはみんなのうたの「恋するニワトリ」でハマりました。音楽以外では、演劇やダンスなどの舞台鑑賞と、シュノーケリングなどの旅行、FMラジオが趣味。

お問い合わせはこちらから

谷山浩子の曲世界③  【ファンタジー世界編】

Webon紹介目次著者

ファン歴30年以上が谷山浩子さんの曲世界を紹介。トラウマソングとして有名なNHK『みんなのうた』への提供曲「まっくら森の歌」をはじめ、あまりにも独特すぎる不思議な曲の世界にの数々に虜になること間違いなし!?

谷山浩子入門 ~『みんなのうた』でトラウマを与えた音楽家!?唯一無二のダークファンタジー世界~はこちらから!

はじめに

谷山浩子とは

第1章 谷山浩子の曲世界

『みんなのうた』~カワイイのに怖い曲~編

コラボ編

ファンタジー世界編

第2章 谷山浩子の軌跡

谷山浩子の軌跡

第3章 ラジオとライブ

ラジオとライブ

著者:加藤千鶴

1972年生まれのライター。谷山浩子ファン歴30年以上。小学6年生の時にラジカセから流れる音楽に魅了され日本のポップス・ロックを聴き続けてきました。谷山浩子さんはみんなのうたの「恋するニワトリ」でハマりました。音楽以外では、演劇やダンスなどの舞台鑑賞と、シュノーケリングなどの旅行、FMラジオが趣味。

お問い合わせはこちらから

『谷山浩子入門』目次へ  (全6ページ)

 

この章では浩子さんの楽曲を

【『みんなのうた』~カワイイのに怖い曲~編】
【コラボ編】
【ファンタジー世界編】

に分けて3ページにわたって紹介いたします。

 

谷山浩子さんの曲の世界は「現実離れしたことが起きる独特なファンタジー」です。

このページでは浩子さんのファンタジーな曲を「物語を題材にした曲」「夢の世界を描いた曲」「人とつながれない喪失感を描いた曲」と3つの項目に分けて紹介していきます。

 

① 物語を題材にした曲

 

浩子さんの曲には、物語を題材(モチーフ)にした組曲(=いくつかの曲を組み合わせて一つにしたもの)が複数あります。

例えばアーシュラ・K・ル=グウィン作『ゲド戦記』や、あまんきみこ作『車のいろは空のいろ』などを題材に採っています。

浩子さんはファンタジー小説も多く書いていて、自作の小説と世界を共有する組曲は特に濃厚な世界を作っています。

▼谷山浩子のファンタジー小説の例『悲しみの時計少女』

物語への愛着は音楽劇という形にもなり以下の4作品が上演されました。

アンデルセン作『雪の女王』、ルイス・キャロル作『不思議の国のアリス』、ますむらひろし作のマンガ『アタゴオルは猫の森』、尾崎翠作の小説『第七官界彷徨』を原作に、独自の解釈と想像力が発揮された舞台でした。

▼谷山浩子の幻想図書館 雪の女王(DVD):『幻想図書館』は谷山浩子の音楽劇のシリーズ。

 

物語を題材にしたおすすめ曲3選

 

「神様」「素晴らしき紅マグロの世界」「第2の夢・骨の駅」は物語に合わせて作られた組曲の中の曲です。一曲だけ聞いても物語のイメージとのシンクロ率が高く、インパクトのある曲を選びました。

▼曲名とモチーフ

曲名 モチーフ
神様 小説『神様』川上弘美
素晴らしき紅マグロの世界 漫画『アタゴオルは猫の森』ますむらひろし
第2の夢・骨の駅 小説『お昼寝宮・お散歩宮』 谷山浩子

 

② 夢の世界を描いた曲

 

浩子さんの楽曲には物語的な場面設定がある曲も多くあります。 “谷山浩子の曲世界③  【ファンタジー世界編】” の続きを読む

谷山浩子とは

Webon紹介目次著者

ファン歴30年以上が谷山浩子さんの曲世界を紹介。トラウマソングとして有名なNHK『みんなのうた』への提供曲「まっくら森の歌」をはじめ、あまりにも独特すぎる不思議な曲の世界にの数々に虜になること間違いなし!?

谷山浩子入門 ~『みんなのうた』でトラウマを与えた音楽家!?唯一無二のダークファンタジー世界~はこちらから!

はじめに

谷山浩子とは

第1章 谷山浩子の曲世界

『みんなのうた』~カワイイのに怖い曲~編

コラボ編

ファンタジー世界編

第2章 谷山浩子の軌跡

谷山浩子の軌跡

第3章 ラジオとライブ

ラジオとライブ

著者:加藤千鶴

1972年生まれのライター。谷山浩子ファン歴30年以上。小学6年生の時にラジカセから流れる音楽に魅了され日本のポップス・ロックを聴き続けてきました。谷山浩子さんはみんなのうたの「恋するニワトリ」でハマりました。音楽以外では、演劇やダンスなどの舞台鑑賞と、シュノーケリングなどの旅行、FMラジオが趣味。

お問い合わせはこちらから

『谷山浩子入門』目次へ  (全6ページ)

 

谷山浩子とは【基本情報】

名前 谷山浩子(たにやま ひろこ)
生年月日 1956年8月29日
出身地 東京都杉並区生まれ(神奈川県横浜育ち)
職業 シンガーソングライター
シンガーソングライター。多くの楽曲提供をしておりNHK『みんなのうた』への提供曲「まっくら森の歌」はみんなのうた三大トラウマソングとして知られている。映画『ゲド戦記』の挿入歌「テルーの唄」、映画『コクリコ坂から』の劇中挿入歌を担当。斉藤由貴、持田香織(EveryLittleThing)、豊崎愛生、上坂すみれにも楽曲を提供。ラジオ番組『オールナイトニッポン』のパーソナリティ、童話、小説、などその活動は多岐にわたる。メルヘンで怖い独自の世界観の楽曲でファンを獲得している。

 

谷山浩子さんをご存知でしょうか?

NHK『みんなのうた』で子どもの頃に聞いていた方が多いかもしれません。

「まっくら森の歌が怖かった・・・」という声も少なくないようです。

透明感のあるやさしいメロディーと歌、不思議でコワい歌詞の世界、それが谷山浩子さんの魅力です。

歌の中では

募る思いで町は砂漠になったり(「不眠の力」)

森が燃え上がったり(「Elfin」)

ブラックホールに花が咲くこともあります。(「花さかニャンコ」)

現実離れした空想世界は、ポップスというジャンルを飛び越えて、ファンタジーやアニメなどの方が近いかもしれません。

いっしょに谷山浩子さんの世界をのぞいてみましょう。

 

代表的な仕事

 

代表的なお仕事は「みんなのうた」とアニメ等への楽曲提供です。

浩子さんは1972年のデビュー以来49枚(組)のアルバムをリリースしてきたシンガーソングライターです。デビュー当時のジャンルでいうとニューミュージック。ピアノを弾きながら歌います。

 

ニューミュージック

1970年代から1980年代にかけて流行した日本のポピュラー音楽のジャンル。フォークソングにロックの要素が混じった、当時としては新しい音楽。吉田拓郎はニューミュージックの代表と称される。井上陽水、松任谷由実、さだまさし等もニューミュージックのミュージシャンとされる。

 

浩子さんの楽曲で一般的によく知られているのは、NHK『みんなのうた』の曲です。

有名なのは「恋するニワトリ」「まっくら森の歌」。

2019年4月には新作「花さかニャンコ」が放送になりました。

可愛くて突飛な設定、時々コワい独特の世界は、長く愛されています。

▼曲名と内容

曲名 内容
恋するニワトリ 風見鶏に恋したニワトリの叶わぬ恋。
まっくら森の歌 魚は空に、小鳥は水に、時計を見ればさかさままわりしている不思議な「まっくら森」が描写されている。
花さかニャンコ 花を咲かせる猫が描写されている。ケンカをする人、指、花、銀河、ブラックホール、色んなところに花を咲かせていく。

 

もう一つ、目にする機会が多いのが他の歌手への楽曲提供です。

1980年代には斉藤由貴さんが歌う「土曜日のタマネギ」「MAY」の作詞を担当し、ヒットしました。

 

アニメや声優とのコラボが多いのも特徴です。

ジブリ映画『ゲド戦記』では手嶌葵さんが歌った挿入歌「テルーの唄」の作曲を担当。アニメの世界との親和性の高さはいろいろなところで発揮されています。

 

浩子さんのコラボ楽曲については第1章2ページ目で紹介! 浩子さんのコラボ楽曲については第1章2ページ目で紹介!

 

浩子さんはシンガーソングライターとしての活動がメインですが、いわゆる「ヒット曲」はありません。

シングル「風になれ~みどりのために~」「ひとみの永遠」はCMソングとして、お茶の間に流れました。

ちなみにファンの間では「海の時間」「王国」などの曲が代表曲として愛されています。

 

谷山浩子さんの楽曲の特徴

 

浩子さんの曲調はピアノ弾き語りがメインでパーソナルな印象を与えます。歌詞の世界観はほかの音楽では類を見ない独特のファンタジー世界です。

多くの曲のテーマは「届かない恋心」や「人と交われない孤独感」。

▼「届かない恋心」「人と交われない孤独感」が描かれた曲

テーマ 曲名
届かない恋心 「電波塔の少年」「SORAMIMI~空が耳をすましている~」「ラ・ラ・ルウ」
人と交われない孤独感 「銀河通信」「ひとりでお帰り」「よその子」

 

そして、同じく重要な位置を占めるのが、物語の世界を歌った曲です。

 

 

多くの楽曲で現実離れした展開を見せ、その想像力と幻想的な世界観が魅力です。

思い詰めた心が、妄想という枠を超越した壮大な幻想世界を生み出します。その様子は 「はてしない物語」などの濃厚に構築されたファンタジー小説を連想します。

現実から広がる妄想、そして妄想から広がっていく壮大な世界観です。

▼ミヒャエル・エンデ「はてしない物語」(『ネバーエンディング・ストーリー』として映画化されている)

曲調は世界観に合う壮大な曲やマイナーコードの曲が多いのですが、入門編としておすすめなのが明るく親しみやすいメロディーに、奇妙だったり、壊れた世界を歌う怖い内容の歌詞が合わさった曲です。

唯一無二のコワくてカワイイ世界。不思議でクセになります。中には、想像も及ばないヘンテコな生き物に寄生されるキッチュな世界も。

独特の世界観をぜひ体験していただきたいと思います。

 

谷山浩子さんの人柄

 

浩子さんは1996年に結婚。夫は中学校の時の初恋の人でした。(2019年に死別)

趣味は、読書、映画・TVドラマ鑑賞など。『三国志』などの歴史小説・マンガや、『指輪物語』『ゲド戦記』などのファンタジー小説が大好き。

パソコンはまだ一般的でなかった時代からのユーザーで、1985年からパソコン通信に参加。パソコン通信(1980年代より行われたパソコンを使ったデータ通信)やホームページで交流するアーティストとして一部で有名でした。

現在はTwitterでよくつぶやいています。

NHKドラマ『半分、青い。』では、主人公のマンガ家修行・活動を描いた時期に、盛んにツイートしていました。浩子さんは『半分、青い。』の楽曲を手掛けているなどの関係がある訳ではないのですが、TVドラマが好きなのとマンガが好きなのが両方重なって、かなりハマったように見えました。

 

 

ネコはよく曲にも出てきます。進化や宇宙の話も好きなようです。物語とともに、曲への影響を感じます。

 

浩子さんという人柄を一言で表すなら「発想がとってもオリジナルな自由人」だと思います。

曲もほかに例を見ないものですが、ライブのトークなどを聞いていても、トークの連想のしかたが突飛で驚くことが時々あります。

トークが無軌道に進む様子や、ネットでの積極的な交流など「こうあるべき」という束縛からすごく自由だと感じます。

 

以上、谷山浩子さんがどんな方なのかざっくりと紹介しました。

次の章からは浩子さんの楽曲を【『みんなのうた』~カワイイのに怖い曲~編】【コラボ編】【ファンタジー世界編】に分けて3ページにわたって紹介いたします。

『谷山浩子入門』目次へ  (全6ページ)

 

目次著者

はじめに

谷山浩子とは

第1章 谷山浩子の曲世界

『みんなのうた』~カワイイのに怖い曲~編

コラボ編

ファンタジー世界編

第2章 谷山浩子の軌跡

谷山浩子の軌跡

第3章 ラジオとライブ

ラジオとライブ

著者:加藤千鶴

1972年生まれのライター。谷山浩子ファン歴30年以上。小学6年生の時にラジカセから流れる音楽に魅了され日本のポップス・ロックを聴き続けてきました。谷山浩子さんはみんなのうたの「恋するニワトリ」でハマりました。音楽以外では、演劇やダンスなどの舞台鑑賞と、シュノーケリングなどの旅行、FMラジオが趣味。

お問い合わせはこちらから

角松敏生の歴史① 誕生・デビュー・80年代

Webon紹介目次著者
角松敏生氏をご存知ですか?洗練されたサウンドを今もなお創り続けるシンガーソングライターです。高校一年生から角松氏を追いかける著者が角松敏生氏の魅力に迫ります!

『角松敏生』入門 ~こだわり抜かれたサンウンドの世界~はこちらから!

著者:しあ

40代後半女性。音楽が大好きでJ-POP K-POP 洋楽 演歌歌謡曲とさまざまな音楽を聴いています。ライブが大好きで今まで行ったライブは数百本。全部チケットの半券をとっているのでとても大切な想い出です。音楽はとても生活を豊かにしてくれるもの。私の好きなアーティストの魅力を知っていただければ、と思います。

お問い合わせはこちらから

『角松敏生入門』目次へ  (全15ページ)

 

このページでは、角松敏生の1960年~1980年の活動について解説いたします。角松敏生の歴史を誕生から紐解くことで、角松さんが音楽を興味を持ち、どのようなアーティストに影響を受けたか、そしてデビューに至った過程を知ることができます。

 

▼このページで解説する時代

 

角松敏生の歴史 1960年~1988年

 

年表

年齢 出来事
1960年 角松敏生誕生
1969年頃 「雨にぬれても」に出会う
1970年頃(小学生時代) ギターを始める
「ビートルズ」を聴くようになる
1970年代半ば(中学~高校) 「はっぴぃえんど」に衝撃
「シュガーベイブ」に夢中に
1979年 大学入学
1980年 デモテープがビクターへ
1981年 デビュー
1982 2作目アルバム
1983年 3作目アルバム
1984年 4作目アルバム
1985年 ニューヨーク最先端の音楽アルバム
1987年 中山美穂への提供曲「CATCH ME」
1988年 中山美穂への提供曲「You’re My Only Shinin’ Star」

 

角松敏生誕生~音楽との出逢い

 

角松敏生さんは1960年8月12日生まれのシンガーソングライターです。

角松さんの父親が放送関係の仕事をしていたこともあり、幼少期からポップス(ポピュラーソング)に触れる機会が多かったそうですが、母親は角松さんがポップスにのめり込むことをあまりよく思わなく、クラシックを聴かせていたそうです。

 

そんな角松さんが最初に魅了された曲が、バート・バカラックの「雨にぬれても」でした。

 

「雨にぬれても」
「雨にぬれても」の原題は「Raindrops Keep Fallin’ On My Head」。バート・バカラックはこの曲の作曲者であり、歌っているのはB.J.トーマス。西部劇「明日を向かって撃て!」の挿入歌として使われた。

 

この曲の素晴らしさに感動したことは今でも印象に残っており、自分と音楽との出逢いとして事あるごとにこの曲をあげています。

 

小学生時代

 

角松さんは、小学生の時にギターを手にします。

今でもとても細身の角松さんですが、小さい頃は体も細く弱いところがあり「みそっかす」だったと本人談。

 

それが

「謝恩会でギターをバーン!と弾いたら、みんなの目が変わって。あいつすげえ!って(笑)人間、何か一つ武器を持つと周りの目が変わるんですね。」

と語っていました。

そして、小学生の頃にビートルズを聴くようになります。

 

<編集部コラム>ビートルズと角松敏生
角松さんは5、6歳くらいの時にビートルズの音楽に触れて、本格的にハマりだしたのは小学5年生頃だと言います。小学生でLPレコードを買えなかったため、ラジカセでラジオを録音して聴いていたそうです。

 

中学~高校時代

 

小学生で、ビートルズを聴くようになり『日本のビートルズ』と称された、「はっぴいえんど」に衝撃を受けます。

 

はっぴいえんど
日本語のロックの歴史を変えたと言われるバンド。1969年~1972年活動。「風をあつめて」は「ロスト・イン・トランスレーション」というアメリカ映画のエンディングにも使用される。

 

 

そこから、当時の角松さんは日本の音楽にも興味を持ち

 

「センチメンタル・シティ・ロマンス」

▼曲例

 

「サディスティック・ミカ・バンド」

▼曲例

 

「井上陽水」

▼曲例

 

「四人囃子」

▼曲例

 

など様々な音楽を聴くようになり、山下達郎氏が在籍した「シュガー・ベイブ」に角松さんは夢中になります。

 

シュガー・ベイブ
山下達郎・大貫妙子を中心とした日本のロックバンド。1973年~1976年に活動する。山下達郎のソロシングルである「クリスマス・イブ」は、「日本のシングルチャートに連続でチャートインした最多年数の曲」としてギネス世界記録に登録されている。

▼デビューアルバム「SONGS」(画像クリックで商品詳細へ)

 

細野晴臣氏、松任谷正隆氏、鈴木茂氏などが在籍した「ティン・パン・アレー」の音楽にも深い感銘を受けます。

角松さんが山下達郎氏、鈴木茂氏を敬愛していることはファンの間では有名。

 

 

鈴木茂

日本のロックシーンを代表するギタリスト。「ティン・パン・アレー」だけではなく「はっぴぃえんど」のギターも担当する。

 

【1979年~1981年】大学入学~デビュー

 

日本大学文理学部哲学科在学中はバンド活動に力を入れ、1980年に自作曲のデモテープがレコード会社のビクターに渡ったことがデビューのきっかけとなります。

1981年6月21日、シングル「YOKOHAMA Twilight Time」アルバム「SEA BREEZE」同時リリースでデビューしました。

 

▼シングル「YOKOHAMA Twilight Time」(画像クリックで商品詳細へ)

▼アルバム「SEA BREEZE」(画像クリックで商品詳細へ)

 

この頃の角松さんは、ソングライターとしての評価はありましたが、まだレコーディングの経験が乏しかったため、サウンドプロデュース(音楽制作)の面では自分の意向が反映されませんでした。

この時の悔いが、後のアルバム「SEA BREEZE 2016」のリメイクへと繋がっています。

 

▼アルバム「SEA BREEZE 2016」(画像クリックで商品詳細へ)

 

「SEA BREEZE 2016」では、当時のアナログマルチマスターの、各チャンネルがバラバラに録られている素材をデジタルアーカイブしたとの事(=要するにテープに録音してたものをデジタル情報として記録しなおしたということ)。

当時の演奏はそのままに、音源をデジタルアーカイブしているので音の厚みや、良さが際立っています。

角松さん自身が「ボーカルスキルが低すぎてあまり好きではなかった」というこのデビューアルバムも、角松さんの今の素晴らしいボーカルによって新しい作品として蘇っていると思います。

 

角松敏生のリメイクアルバムを4枚リリースしています!詳しくは第3章にて解説!

 

デビュー当時は、角松さんを「シティポップス界の貴公子」というキャッチコピーのもと売り出しますが、それほどのブレイクはできませんでした。

 

【1982年~1985年】2作目~4作目のアルバムをリリース・ブレイク

 

デビューから3枚のアルバム

「SEA BREEZE」(デビューアルバム)

「WEEKEND FLY TO THE SUN 」(2ndアルバム)

「ON THE CITY SHORE」(3rdアルバム)

は夏、海をイメージさせるリゾートシティポップスの印象。

 

▼アルバム「WEEKEND FLY TO THE SUN 」1982年4月(画像クリックで商品詳細へ)

▼アルバム「ON THE CITY SHORE」1983年5月(画像クリックで商品詳細へ)

 

ブレイクしたといえるのは1984年にリリースした4枚目のアルバム「AFTER 5 CRASH」。

洗練された夜の街がイメージの、都会派シティポップス が人気を博します。

 

▼アルバム「AFTER 5 CRASH」1984年4月リリース(画像クリックで商品詳細へ)

 

1983年に角松さんは前事務所「トライアングルプロダクション」から「マーマレード」へ移籍しています。

角松さんが事務所を移籍した後のトライアングルプロダクションでは「杉山清貴&オメガトライブ」がデビューし数々の名曲を大ヒットさせています。

 

杉山清貴&オメガドライブとは
1983年「サマーサスピション」でデビュー。杉山清貴は80年代Jポップのカリスマとも呼ばれる。

 

角松さんも事務所に残り、夏、海路線で行っていたら、もっと早くにより大きくブレイクしていたのでしょうか…。

 

【1985年】ニューヨークの最先端の音楽を取り込んだアルバムリリース

 

角松さんは、自分のやりたいことを更に追い求め、ニューヨークの最先端の音楽を取り込みます。

ニューヨークの最先端の音楽である、ターンテーブルのスクラッチやラップなどを取り入れたダンスミュージック、ファンクなナンバーを収録した1985年の5枚目のアルバム「GOLD DIGGER」は角松さんの出世作と言っていいと思います。

 

ファンクとは
ブラックミュージックのジャンルの一つ。「ジェームス・ブラウン」はファンクの帝王と呼ばれ「Get on the Good Foot」はファンクの傑作と称される。リズムは16ビートを基本で、リズムはファンクの重要な要素である。

 

▼アルバム「GOLD DIGGER」1985年5月(画像クリックで商品詳細へ)

 

ここから先の角松さんは、自分のこだわりを音楽に十二分に注ぎ込むことができ、その洗練されたカッコいいサウンドは多くのファンを獲得していきます。

私が角松さんと出会ったのもこの頃です。

 

ツアーでも、多くの動員を得て、ミュージシャンと共に最高の音を届ける角松さんのパフォーマンスは、音楽ファンから一目置かれていたと思います。

 

【1985年~】中山美穂への曲提供

 

大人気アイドル中山美穂さんに角松さんが提供した「CATCH ME」「You’re My Only Shinin’ Star」は大ヒットしました。

 

▼シングル「CATCH ME」1987年10月リリース

▼シングル「You’re My Only Shinin’ Star」1988年2月リリース

 

美穂さんと同い年の私は美穂さんのファンでもあり、ヘアスタイルやファッションなどを真似していました。

 

▼中山美穂のヘアスタイルの例

 

そんな美穂さんが、私の憧れの角松さんに曲を提供してもらっていたことは、うれしく思うと同時に、とってもうらやましかったのでした。

「大人な角松さんと何を話すんだろう~」と思っていました。

この頃の角松さんはミュージックシーンではまさに飛ぶ鳥を落とす勢いだったと思います。

 

『角松敏生入門』目次へ  (全15ページ)

 

 

目次著者

著者:しあ

40代後半女性。音楽が大好きでJ-POP K-POP 洋楽 演歌歌謡曲とさまざまな音楽を聴いています。ライブが大好きで今まで行ったライブは数百本。全部チケットの半券をとっているのでとても大切な想い出です。音楽はとても生活を豊かにしてくれるもの。私の好きなアーティストの魅力を知っていただければ、と思います。

お問い合わせはこちらから

角松敏生とは

Webon紹介目次著者
角松敏生氏をご存知ですか?洗練されたサウンドを今もなお創り続けるシンガーソングライターです。高校一年生から角松氏を追いかける著者が角松敏生氏の魅力に迫ります!

『角松敏生』入門 ~こだわり抜かれたサンウンドの世界~はこちらから!

著者:しあ

40代後半女性。音楽が大好きでJ-POP K-POP 洋楽 演歌歌謡曲とさまざまな音楽を聴いています。ライブが大好きで今まで行ったライブは数百本。全部チケットの半券をとっているのでとても大切な想い出です。音楽はとても生活を豊かにしてくれるもの。私の好きなアーティストの魅力を知っていただければ、と思います。

お問い合わせはこちらから

 

『角松敏生入門』目次へ  (全15ページ)

 

「角松敏生」基本情報

名前 角松敏生(かどまつ  としき)
生年月日 1960年8月12日
出身地 東京都渋谷区代々木
デビュー年/曲 1981年にシングル『YOKOHAMA Twilight Time』アルバム『SEA BREEZE』でデビュー
キラキラとしたおしゃれなサウンドが特徴で「シティポップの貴公子」と称されることも。長万部太郎名義で手掛けた『WAになっておどろう』は長野オリンピックのテーマソングになる。杏里に提供した『悲しみがとまらない』が大ヒット。インストアルバム『SEA IS A LADY』をリリースしフュージョン界に大きな影響を及ぼす。

▼楽曲提供

 

こだわり抜かれたサウンド

▲デビュー・アルバム『SEA BREEZE』

 

角松敏生さんは、1981年デビューのシンガーソングライターです。

自身の活動だけでなく、他アーティストへの楽曲提供、プロデュース、映画音楽のサントラなど、様々な活動をしています。

角松さんにはとても熱狂的なファンが多いのが特徴。

 

また、音楽創りに対するこだわり、そのクオリティの高さなどから、音楽関係者のファンも多いです。

ですが、世間一般的にはあまり知名度がありません。

 

音楽好きな人でも、角松敏生の名前はよく聞くけど、実際に音楽を聴くまでには至っていない・・・という人も多いと思います。

なにしろ、長い音楽生活の中で、代表曲というものがないので、世間での評価につながっていないと思いますし、この辺りは角松さん本人も自虐的に語る部分です。

 

 

しかし、一度、角松敏生のサウンドに触れてもらえれば、その素晴らしさにきっと感動してもらえるはずだと思います。

こだわりにこだわりぬき、決して妥協しないその音創りは、音楽マニアにはたまらないもの。

角松さんの楽曲やライブの特徴として、数多くの名だたるミュージシャンが参加しています。

豪華ミュージシャン陣は、角松さんの追い求めるサウンドを具現化するべく、その緻密な要求にも応え、素晴らしいプレイで彼の音楽を支えます。

 

ギタリストとしても人気

 

また、角松さんはシンガーとしてだけでなく、ギタリストとしても人気なんです。

1987年、1990年に2枚のインストゥルメンタルアルバムを発表し、とても高い評価を受けました。

 

インストゥルメンタルとは
通称「インスト」。歌のない曲のこと。

 

▼1987年リリース「SEA IS A LADY」(画像クリックで商品詳細へ)

▼1990年リリース「Legacy of You」(画像クリックで商品詳細へ)

 

インストアルバムをシンガーソングライターが出すということは、とても異例なことであり、日本のフュージョン界にも大きな旋風を起こしました。

1980年代前半に、ザ・スクエア(現T-SQUARE)、カシオペアなどのフュージョンブームが起こりましたが、角松さんがインストアルバムをリリースしたことでフュージョンファン層の拡大につながりました。

 

フュージョンとは
フュージョンは音楽のジャンルで電子楽器を使用したジャズのようなもの。

▼日本で活躍するフュージョンバンド「T-SQUARE」の代表曲

 

 

改めて、フュージョン、インストゥルメンタルの素晴らしさが注目され、角松さんの音創り、そしてギタープレイもとても注目されました。

 

1987年リリースの1枚目のインストアルバム「SEA IS A LADY」は、2017年に「SEA IS A LADY 2017」としてリメイクされたのですが、このアルバムがとても高い評価を受け、日本ゴールドディスク大賞の「インストゥルメンタルアルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

 

▼アルバム「SEA IS A LADY 2017」(画像クリックで商品詳細へ)

 

多くの有名楽曲

 

「みんなのうた」やV6が歌ってヒットし、楽曲自体はよく知られている「WAになっておどろう」は、実は角松敏生の作詞作曲ですが、作者名を「長万部太郎」としてしまっているため、角松敏生の名前を知ってもらう絶好の機会を逃しています(笑)

こういった不運なところも、角松さんによくあることです。

名義変更もJASRAC(日本音楽著作権協会)への手続きが、非常にややこしいのでしないそう(笑)

こんなところも角松さんらしい。

 

この曲は、角松さんが活動凍結期間中に自身の覆面バンド、AGHARTA(アガルタ)としてリリースした曲。

 

▼シングル「ILE AIYE~WAになっておどろう」(画像クリックで商品詳細へ)

長野オリンピックの閉会式にもAGHARTAとして出演しています。

 

杏里さん、中山美穂さん、中森明菜さん、岩崎宏美さん、故・西城秀樹さんなどへの楽曲提供、プロデュース。

故・西城秀樹さんは角松さんの音楽をとても高く評価して、アルバム制作に起用。

西城さんが亡くなった時には、角松さんはとても感謝の言葉を語っていました。

 

西城秀樹
トップ男性アイドル歌手として活躍し、郷ひろみ・野口五郎と合わせて「新御三家」と呼ばれる。1972年に「恋する季節」でデビュー。代表曲「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」が大ブームとなる

 

伝えたい角松敏生の魅力

 

私は、1980年代半ばに角松さんの音楽と出会い、なんてカッコいいんだろう~と感動しました。

高校生の私には、10歳ほど違う角松さんの音楽はとても大人で、憧れの象徴でした。

 

長い活動の中で、さまざまな音楽の変化がありますが、変わらないのは、角松さんの決して揺らがず、妥協しない作品創り。

そんな角松さん自身の作品はもちろん、プロデュース作品、ライブなど、さまざまな角松敏生の魅力を知っていただければと思います。

 

『角松敏生入門』目次へ  (全15ページ)

 

 

目次著者

著者:しあ

40代後半女性。音楽が大好きでJ-POP K-POP 洋楽 演歌歌謡曲とさまざまな音楽を聴いています。ライブが大好きで今まで行ったライブは数百本。全部チケットの半券をとっているのでとても大切な想い出です。音楽はとても生活を豊かにしてくれるもの。私の好きなアーティストの魅力を知っていただければ、と思います。

お問い合わせはこちらから

シベリウス「フィンランディア」 初心者にもわかりやすく解説

Webon紹介目次著者
「クラシック音楽」と聞くとなんだか難しそうで敷居も高い。でもクラシック音楽を作っている作曲家だって人間です。面白いエピソードもたくさんあるんです。有名曲と作曲家を知りクラシック音楽を楽しみましょう!

「クラシック音楽初心者入門 ~有名曲・作曲家を学ぼう!~」はこちらから!

著者:めーぷる

国立大学医学部で大学生活を楽しみつつ、プログラマーとライターの仕事も手掛けています。幼少期からピアノとヴァイオリンを習っており、クラシック音楽、ジャズ、洋楽と幅広いジャンルの音楽に親しんでいます。趣味は幅広く、音楽の他にもバドミントン、スキー、スポーツ観戦、海外ドラマ、料理、カフェ巡りなど多岐にわたります。お問い合わせはこちらから

 

『クラシック音楽初心者入門』目次へ  (全13ページ)

 

<まずは聴いてみよう!>

クラシックの名曲を通じてクラシック音楽の魅力を学んでいきましょう!

今回はシベリウス「フィンランディア」です。最初に音楽を聴いてから、記事を読むことでクラシックへの理解が増すことでしょう。また、聴きながら読むことでさらに理解が増すと思いますので是非。

 

 

さて、このページでクラシック音楽初心者入門もいよいよ最後です。

最後を飾るのにふさわしいドラマティックな曲として、今回は作曲家シベリウスの「フィンランディア」をご紹介します。

 

シベリウスという作曲家はクラシック音楽の作曲家であるとはいえ、20世紀後半まで生存していた比較的最近の作曲家であるということができるでしょう。

これまでにご紹介してきた他の作曲家の曲と比べてどのような違いがあるのかも考えながらお楽しみください。

 

ジャン・シベリウス

▲ジャン・シベリウス

 

ジャン・シベリウスは19世紀の半ばごろにフィンランドで生まれました。

 

 

幼いころから音楽演奏に親しみ、姉や弟とともに合奏(がっそう:2つ以上の楽器)で一緒に演奏するなどして楽しんだりしていたそうです。

 

シベリウスは20歳の時ヘルシンキ音楽院に入学し、本格的に音楽を学び始めました。

 

ヘルシンキ音楽院(シベリウス音楽院)
ヘルシンキ音楽院はスウェーデンの首都であるヘルシンキにある音楽学校のこと。フィンランド内の優秀な音楽家の全てがこの学校から輩出されていると言っても過言ではないと言われている。シベリウスを輩出したことから「シベリウス音楽院」に改称されている。

▼シベリウス音楽院

 

在学中、フィンランドを飛び出して、ウィーンやベルリンに留学して様々なコンサートやオペラ公演に通ったり、様々な音楽家との交流を深めたりと積極的に活動していたようです。

そうして、他国の音楽への知見も深まったシベリウスはだんだんと自分の祖国であるフィンランドの音楽に着目するようになります

 

 

フィンランドに帰国した後はフィンランドの民族叙事詩「カレワラ」をモチーフにした「クレルヴォ交響曲」という楽曲を発表し、大成功をおさめます。

その功績も認められ、ヘルシンキ音楽院の作曲の教師として採用されました。

 

民族叙事詩「カレワラ」
「カレワラ」は、民間説話をまとめたもので、フィンランド語の文学の中で最も重要な位置の一つを占める。シベリウスをはじめ、多くの知識人に大きな影響を与えた。

▼カレワラ物語―フィンランドの国民叙事詩 単行本(画像クリックで商品詳細)

 

演奏禁止になる程の影響力

 

このように作曲家として順調にキャリアを歩んでいたシベリウスですが、30歳の半ばになると時代の荒波に揉まれることとなります。

 

ロシア(当時ロシアはフィンランドを支配していました)とフィンランドの関係が悪化し、国内では愛国運動が盛んになっていったのです。

そのような中シベリウスは歴史劇の音楽を担当し、劇の成功に多大な貢献し、彼の音楽も聴衆や評論家から熱狂的な賞賛と強い支持を獲得しました。

 

 

シベリウスはその功績によって国内では英雄として扱われることとなります。

このときの曲を交響詩としてまとめた曲こそが今回ご紹介する「フィンランディア」なのです。

また、当時フィンランドを支配していたロシアは「フィンランディア」によって愛国運動が加速することを恐れ、演奏禁止処分としたそうです。

そのようなエピソードからもこの曲の影響力の大きさが伺えます。

 

ロシアのフィンランドの関係悪化の背景と「フィンランディア」の影響力
当時フィンランドはロシアに支配されており圧政に苦しんでいました。

1899年にはロシア語の習得を強制する政策が進められました。こういった背景もあって、芸術家たちが作品によってフィンランドの民族的文化の尊さを主張する行動に乗り出すようになったそうです

シベリウスの「フィンランディア」もこうした背景があって誕生し、国民の士気を高めることに大いに貢献し、精神的な支柱の役割を果たしたと言われています。

 

「フィンランディア」の大成功の後も、シベリウスは交響曲やフィンランドの神話に基づいた交響詩、室内楽、ピアノ曲、ヴァイオリン協奏曲、声楽曲と非常に多岐にわたるジャンルの曲を開拓していきました。

 

「フィンランディア」の構成と魅力

▼フィンランディア

 

「フィンランディア」は先ほども述べた通り、支配国ロシアに対する敵対心・母国フィンランドへの愛国心の高まりが表現された曲です。

 

冒頭は金管楽器(きんかんがっき:ラッパなどの唇の振動によって音を出す管楽器)によって重厚で陰鬱な旋律が奏でられ、そこにティンパニと木管楽器もそこに加わっていきます。

 

▼ティンパニ

▼木管楽器の例

 

その後、金管楽器とティンパニがこの曲の行く先を暗示しつつ、テンポも上がっていき、緊迫感が高まっていきます。

闘争への機運の高まりを表現しているのでしょう。

 

その後、曲調は一転し、非常にエネルギッシュな展開へと移行していきます。

途中の勝利を祝うかのようなメロディーは「フィンランド賛歌」と呼ばれています。

「フィンランド賛歌」は非常に有名なフレーズであり、「第二の国歌」とも言われています。

 

 

この曲の魅力はやはりエネルギッシュな主部にあるということができるでしょう。

シベリウスが主部において明るい曲調を選んだのは、国家間の険悪なムードに引きずられることなく、逞(たくま)しく時代を生き抜いていこうというシベリウスのメッセージであるということができるでしょう。

 

 

さて、今回はシベリウス「フィンランディア」についてご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。

支配国との対立に翻弄された難しい時代の中でも逞しく生き抜いたフィンランド人たちの姿を想像しつつお楽しみください。

 

Amazon PrimeAmazon Music Unlimited会員でも聴くことができます。

 

以上、「クラシック初心者入門 ~有な曲・作曲家を学ぼう!~」でした!いかがでしたでしょうか?

名曲や作曲家には必ず背景があり、それを知って聴くと違う角度からクラシックを楽しむことができると思います。是非今後も様々な曲を聴き、そしてその背景を知り、クラシックを存分に楽しんでいただければと思います!

 

『クラシック音楽初心者入門』目次へ  (全13ページ)

 

 

目次著者

著者:めーぷる

国立大学医学部で大学生活を楽しみつつ、プログラマーとライターの仕事も手掛けています。幼少期からピアノとヴァイオリンを習っており、クラシック音楽、ジャズ、洋楽と幅広いジャンルの音楽に親しんでいます。趣味は幅広く、音楽の他にもバドミントン、スキー、スポーツ観戦、海外ドラマ、料理、カフェ巡りなど多岐にわたります。お問い合わせはこちらから