谷山浩子のこれまでの軌跡

Webon紹介目次著者

ファン歴30年以上が谷山浩子さんの曲世界を紹介。トラウマソングとして有名なNHK『みんなのうた』への提供曲「まっくら森の歌」をはじめ、あまりにも独特すぎる不思議な曲の世界にの数々に虜になること間違いなし!?

谷山浩子入門 ~『みんなのうた』でトラウマを与えた音楽家!?唯一無二のダークファンタジー世界~はこちらから!

はじめに

谷山浩子とは

第1章 谷山浩子の曲世界

『みんなのうた』~カワイイのに怖い曲~編

コラボ編

ファンタジー世界編

第2章 谷山浩子の軌跡

谷山浩子の軌跡

第3章 ラジオとライブ

ラジオとライブ

著者:加藤千鶴

1972年生まれのライター。谷山浩子ファン歴30年以上。小学6年生の時にラジカセから流れる音楽に魅了され日本のポップス・ロックを聴き続けてきました。谷山浩子さんはみんなのうたの「恋するニワトリ」でハマりました。音楽以外では、演劇やダンスなどの舞台鑑賞と、シュノーケリングなどの旅行、FMラジオが趣味。

お問い合わせはこちらから

『谷山浩子入門』目次へ  (全6ページ)

 

第1章では谷山浩子さんの楽曲の魅力をご紹介してきました。

第2章では谷山浩子さんの軌跡を通して、浩子さんへの理解を深めていただきたいと思います。

 

スポンサーリンク

年表一覧

 

年月 出来事
1956年8月 誕生
1972年4月(当時15歳) 1回目のデビュー。シングル「銀河系はやっぱりまわってる」リリース
1974年5月 第7回ポピュラーソングコンテストで入選
1975年2月 2回目のデビュー。シングル「お早うございます帽子屋さん」をリリース
1977年3月 3回目のデビュー。シングル「河のほとりに」リリース。
1981年11月 橋本一子プロデュースのアルバム『時の少女』リリース
1982年4月(~1986年4月) 『谷山浩子のオールナイトニッポン』放送開始
1985年2月 『みんなのうた』に「恋するニワトリ」提供
1985年8月 『みんなのうた』に「まっくら森の歌」提供
1986年5月 斉藤由貴「土曜日のタマネギ」リリース
1986年11月(当時30歳) 斉藤由貴「MAY」リリース
1987年(~2001年) 『101人コンサート』始まる
1996年 結婚
1998年(~2005年) 音楽劇『幻想図書館』シリーズ上演開始
2002年 ライブ『猫森集会』開始
2006年6月(当時49歳) 『ゲド戦記』挿入歌「テルーの唄」リリース
2012年6月 『オールナイトニッポンモバイル』放送開始
2012年9月 共作アルバム『ROLLY&谷山浩子のからくり人形楽団』リリース
2017年9月 アルバム『月に聞いた11の物語』リリース
2019年9月 アルバム『花さかニャンコ』リリース

 

【1956年~1972年】誕生~最初のレコードデビュー

 

浩子さんは1956年生まれ、横浜市育ち。

音楽一家で育ち、そのうち曲を作るようになります。

中学生の時に学校の近所にあったレコード会社に曲の持ち込みを始めました。

元々は歌謡曲の作曲家志望でした。

ただ自分で歌えばレコードを出してもらえるというので、ピアノ弾き語りで一番初めのレコードデビューを果たします。1972年4月(浩子さん当時15歳)のシングル「銀河系はやっぱりまわってる」とアルバム『静かでいいな 〜谷山浩子15の世界〜』がデビュー作品です。

▼アルバム『静かでいいな 〜谷山浩子15の世界〜』

1972年は松任谷(荒井)由実さんがデビューした年。「シンガーソングライター(自分で作詞作曲して歌う歌手)」という新しい音楽の形が登場し始めた頃でした。

このページの続きを閲覧するにはログインが必要です。 or 新規会員登録(税抜300円で読み放題!)