はじめに

谷山浩子さんといえばNHK『みんなのうた』への提供曲「まっくら森の歌」。この曲を聴いてトラウマになった方もいるのではないでしょうか。浩子さんの曲は現実離れした世界観のものが多く、例えば「まもるくん」という曲は「まもるくん」が「新宿の地下道の壁」「警官の制服の肩」などから生えてきてニコニコ笑っているという内容。ファン歴30年以上が語る浩子さんの曲世界に足を踏み入れてみてください。

谷山浩子とは

第1章 谷山浩子の曲世界

NHK『みんなのうた』で人気の浩子さん。多くの楽曲で現実離れした展開を見せます。この章ではそんな浩子さんの楽曲をカテゴリーに分けて紹介します。浩子さんの楽曲のイメージが全体的に掴めることでしょう。

『みんなのうた』~カワイイのに怖い曲~編
コラボ編
ファンタジー世界編

▼浩子さんの曲の世界観のイメージ!

曲名内容
恋するニワトリ風見鶏に恋したニワトリの叶わぬ恋。
まっくら森の歌魚は空に小鳥は水に、時計を見ればさかさままわりしている不思議な「まっくら森」の描写。
花さかニャンコ花を咲かせる猫が描写される。ケンカをする人、指、花、銀河、ブラックホール、色んなところに花を咲かせていく。

 

第2章 谷山浩子の軌跡

浩子さんの不思議な楽曲に触れると、どんな人なのかが気になるかと思います。この章では浩子さんの軌跡を追うことで、浩子さんに対する理解を深めてまいりましょう。

谷山浩子の軌跡有料会員

第3章 ラジオとライブ

浩子さんは現在ラジオ番組に出演しており、どんな人柄か気になった方は是非ラジオを聴いてみてください。その場でリクエストされた曲を演奏する「リクエストライブ」ではミュージシャンの神業を堪能することもできます。

ラジオとライブ有料会員

著者 加藤 千鶴

1972年生まれのライター。谷山浩子ファン歴30年以上。小学6年生の時にラジカセから流れる音楽に魅了され日本のポップス・ロックを聴き続けてきました。谷山浩子さんはみんなのうたの「恋するニワトリ」でハマりました。音楽以外では、演劇やダンスなどの舞台鑑賞と、シュノーケリングなどの旅行、FMラジオが趣味。
お問い合わせはこちらから

レビューを書く(*必須項目)規約
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

このWebonはいかがでしたか?是非レビューをお願いします!

レビューを書く

Webon(ウェボン)
平均評価:  
 0 レビュー