天月-あまつき-のおすすめ楽曲 【J-POPカバー編】

Webon紹介目次著者

超有名歌い手「天月-あまつき-」。「小さな恋のうた」の歌ってみた動画は6900万回の再生回数を越え、女子中高生で知らない人はいないと言われています。そんな天月-あまつき-の基礎知識からオリジナルキャラ「正宗くん」の魅力までファンが徹底解説!

『天月-あまつき-』入門 ~女子中高生は全員知っている!?超有名歌い手の魅力に迫る~はこちらから!

著者:Ayaka

ボカロ・歌い手が好き。特に天月さん、まふまふさんのファン。天月さんの2018~2019年冬ツアーは9公演中4公演参加。2019年6月リリースの天月さんの新曲CDは18枚予約。30代以上の世代にもボカロや歌い手の素晴らしさを伝えたいと思っている。

お問い合わせはこちらから

『天月-あまつき-入門』目次へ  (全10ページ)

【天月ファン必読!!】
『天月-あまつき-入門』好評発売中!

著:Ayaka 価格480円
販売サイトへ(amazon)
Kindle Unlimitedで読み放題!

この章では天月さんのおすすめの楽曲を【歌ってみた編】【J-POPカバー編】【オリジナル編】に分けて3ページにわたって紹介しています。

天月-あまつき-さん(以下、天月)は他の歌い手と比べて、J-POPのカバーが多いのも魅力的です。

今回は天月さんのおすすめのJ-POPカバーについてご紹介します。

 

① 小さな恋のうた【MONGOL800】

▲「小さな恋のうた」

 

天月さんの「小さな恋のうた」は2019年6月現在、ニコニコ動画での再生回数は313万回を突破し、YouTubeでは再生回数7000万回を超える大人気曲です。

天月さんがMONGOL800さんの「小さな恋のうた」をカバーしたのは2016年5月21日のことでした。それから天月さんと言えば「小さな恋のうた」という認識が広まっていきました。

今では天月さんの代表曲は「小さな恋のうた」であり、原曲を歌っているMONGOL800さんを知らない人は「小さな恋のうた」が天月さんのオリジナル曲であると思うほどです。

天月さんが歌う「小さな恋のうた」は本当に曲調と声がぴったり合っていて、すごく素敵です。

ライブでも歌えば盛り上がる、天月リスナーが何回でも聴きたくなる曲となっています。

 

② 前前前世/スパークル【RADWIMPS】

▲「前前前世」

▲「スパークル」

 

天月さんは映画「君の名は。」で使われたRADWIMPSさんの「前前前世」と「スパークル」をカバーしています。

スポンサーリンク

どちらも天月さんの少年のような透き通る声が魅力的となっている2曲。

RADWIMPSさんのオリジナルが好きな方にも是非聴いていただきたいカバーとなりました。

 

J-POPカバーをすると、どうしても歌い手の方は「インターネットカラオケマン」などと揶揄されることがあります。

しかし、天月さんの場合は決してそのようなことはありません。

カバー曲が天月さんのオリジナルの曲のように聴こえます。カバー曲を自分のものとするのが天月さんの大きな魅力なのです。

J-POPのカバーの場合は原曲をどこまでアレンジするのかというのも問題ですが、この2曲は原曲の雰囲気を壊すことなく、天月さんの雰囲気や声質に合わせてアレンジされていてとても素敵な仕上がりです。

「前前前世」では天月さんの歌声が活かされるような、バラードテイストのアレンジがされています。

2曲ともずっと聴いていたい、幸せな気持ちになれる曲となっています。

 

③ 灰色と青【米津玄師】

▲「灰色と青」

 

こちらは天月さんのご友人である佐香智久さん(少年Tさん)とのコラボ曲。

 

佐香智久
1991年生まれのシンガーソングライター。2009年に「少年T」という名義で活動開始。2012年「佐香智久」名義でメジャーデビュー。「Web界のプリンス的存在」とも言われる。動画総再生回数は 1,350万回以上。オリコンデイリーランキングで最高9位を獲得。

 

米津玄師さんと菅田将暉さんが歌った「灰色と青」のカバー曲です。

天月さんは米津玄師さんの曲では他にも「Lemon」であったり「ピースサイン」をカバーしているのですが「灰色と青」は切なくも力強く歌う天月さんが素敵な1曲です。

ソロもとても素敵な天月さんですが、佐香さんとの組み合わせも非常に魅力的です。

佐香さんとは他にも最近では「僕のキモチ」(WaT)をカバーされています。佐香さんの歌声も素敵ですので、是非、天月さんと一緒に聴いてみてください。

▼「僕のキモチ」

 

まとめ

 

J-POPカバーの良いところは、ボカロに慣れていない方でも聴き易いというところです。

天月さんを知る上で最初に是非聴いていただきたい3曲について紹介しました。

「小さな恋のうた」は多くの人に知られている曲ですので、最初に聴いてみてください。

米津玄師さんも大人気なので、ご存知の方も多いでしょう。米津さんの曲のカバーも最高に素敵です。

他にも今流行りのあいみょんさんであったり、Aimerさんなど女性の方のカバーもする天月さん。

天月さんは女性のカバー曲を歌っても本当に違和感がありません。まるで自分のオリジナル曲のように上手に歌う天月さんの女性曲のカバーが好きです。

 

天月さんのJ-POPカバーを聴けば、その才能の深さに脱帽することは間違いありません。

次のページでは天月さんのオリジナルのおすすめ曲について紹介いたします。

『天月-あまつき-入門』目次へ  (全10ページ)

 

目次著者

著者:Ayaka

ボカロ・歌い手が好き。特に天月さん、まふまふさんのファン。天月さんの2018~2019年冬ツアーは9公演中4公演参加。2019年6月リリースの天月さんの新曲CDは18枚予約。30代以上の世代にもボカロや歌い手の素晴らしさを伝えたいと思っている。

お問い合わせはこちらから

邦楽ロックおすすめバンド23選 【ボーカロイド編】

Webon紹介目次著者
邦楽ロックが大好きな筆者が邦楽ロックの基礎知識やおすすめのバンドなどを解説!

邦楽ロック入門 ~近年注目のおすすめバンドを聴こう~はこちらから!

著者:寺井まさき

めまぐるしい人生を駆け抜けられたのは「邦楽ロック」に救われてから。その魅力を一人でも多くの人に伝えたい。あなたなりの感じ方で邦楽ロックを楽しみ、好きになってもらえたら嬉しいです!お問い合わせはこちらから

『邦楽ロック入門』目次へ  (全12ページ)

 

スポンサーリンク



 

この章(第2章)では4ページにわたって近年の邦楽ロックの魅力がわかるおすすめのバンド23選を【人気バンド】【ガールズバンド】【エモいバンド】【ボーカロイド】とジャンル別に分けて紹介しております。

このページでは邦楽ロックの近年注目のジャンルである「ボーカロイド」の概要ともに、ボーカロイド出身アーティストを紹介していきます。

 

ボーカロイドとは

 

ボーカロイドとは音楽関連製品を制作するメーカーYAMAHAが開発した音楽ソフトです。歌詞とメロディーをパソコンに入力し、歌声を作り出すことができます。今ではこの技術も含めて「ボーカロイド」と呼ばれます。

素人でも簡単に作曲できるのが特徴で、ボーカロイドは歌詞とメロディを入力すれば「初音ミク」などの「擬人化したキャラクター」に簡単に歌わすことができます。現在、ニコニコ動画やYouTubeで様々な楽曲が投稿されています。

 

▼ボーカロイドで作られた楽曲:初音ミク『千本桜』

ボーカロイドが世間に認知されたのは、2007年に「VOCALOID2 初音ミク」が登場したのがきっかけです。

 

▼「VOCALOID2 初音ミク」

 

それ以前もボーカロイドの技術はありましたが「VOCALOID2 初音ミク」はソフトに「初音ミク」という女性の名前をつけてキャラクター化したことが画期的でした。初音ミクはニコニコ動画でブレイクを果たし、たくさんの動画が投稿されて一大ムーブメントを起こしました。

その後は「巡音ルカ(めぐりね るか)」「結月ゆかり(ゆづき ゆかり)」など初音ミク以外にも多くの人気ボーカロイドが誕生していきました。

 

▼巡音ルカの楽曲『ダブルラリアット』

▼結月ゆかりの楽曲『幸せになれる隠しコマンドがあるらしい』

 

ボーカロイドの製作者は「ボカロP」と呼ばれています。ボーカロイドが市民権を獲得するに伴い、ボカロPが邦楽ロック界に進出するケースが近年増えているのです。

 

ボーカロイド出身アーティストの活躍

 

ボーカロイド出身アーティストで代表的な例が「米津玄師」です。

 

▼米津玄師

彼は元々「ハチ」という名義でニコニコ動画の界隈では有名な楽曲製作者でした。

 

▼「ハチ」名義の楽曲「マトリョシカ」(2010年8月投稿)

 

ハチ名義で活動していた彼は、2012年に「米津玄師」名義でアルバムを発表しました。

 

▼2012年「米津玄師」名義で最初にリリースされたアルバム「diorama」に収録された曲。『ゴーゴー幽霊船』MV

 

そこから米津玄師はどんどん知名度を獲得していきました。現在では国民的音楽番組『紅白歌合戦』に出場を果たし『Lemon』のPVが日本初となるYouTubeの再生回数3億回以上となるなど、今ではボカロ界だけでなく日本全体に彼の存在が知れ渡るほど有名になりました。

 

近年は米津玄師以外にもボカロ界から邦楽ロックへと多くのアーティストが進出しております。ちなみに日本を代表する邦楽ロックバンド、BUMP OF CHICKENが、これまたボカロを代表するキャラクター「初音ミク」とコラボした楽曲、『ray』は発表された当時、大きな話題となりました。

 

▼BUMP OF CHICKEN『ray』MV

 

今後さらに多くのボカロ出身者が邦楽ロックに進出することが予想され、ボカロ界の発展とともに邦楽ロック界もさらに新たな展開を見せていくことでしょう。

スポンサーリンク

 

ボーカロイド出身バンド

 

下記ではボーカロイド出身アーティストによるバンドを紹介いたします。

 

20 ヒトリエ

▲ヒトリエ『センスレス・ワンダー』MV

バンド名 ヒトリエ
結成年 2012年
メンバー wowaka(ボーカル/ギター)
シノダ(ギター/コーラス)
イガラシ(ベース)
ゆーまお(ドラムス)
備考 2011年冬にwowakaを中心にヒトリエの前身「ひとりアトリエ」を結成。 20シノダが2012年に加入し「ヒトリエ」となる。

 

ボーカロイド出身のアーティストとしてwowaka(ボカロ名義では現実逃避P)は有名です。wowakaはヒトリエというバンドのボーカル・ギターとして活動しています。

 

▼wowakaの楽曲

 

21 サイダーガール

▲サイダーガール『メランコリー』MV

バンド名 サイダーガール
結成年 2014年
メンバー Yurin(ボーカル/ギター)
知(ギター)
フジムラ(ベース)
備考 メディアでは一切顔を出さず、ライブ会場でのみ本人たちの姿を見られることもあり「炭酸系バンド」として話題になる。全国ツアーは全国各地でSOLD OUTとなっている。

 

サイダーガールというバンドもボカロや歌い手(ニコニコ動画を代表するSNSサイトに歌声を投稿する人)出身で構成されています。

 

22 PENGUIN RESEARCH(ペンギンリサーチ)

▲PENGUIN RESEARCH『ジョーカーに宜しく』

バンド名 PENGUIN RESEARCH(ペンギンリサーチ)
結成年 2015年
メンバー 生田鷹司(ボーカル)
堀江晶太(ベース)
神田ジョン(ギター)
新保恵大(ドラムス)
柴﨑洋輔(キーボード)
備考 2016年『ジョーカーに宜しく』でメジャーデビュー。『ボタン』はアニメ「ReLIFE」のオープニングになる。

 

PENGUIN RESEARCHは2015年結成の5人組のロックバンド。同バンドのベースであり作曲家である堀江晶太はボカロP・kemuの名義でも活動している。kemu名義でニコニコ動画に投稿した9曲が100万再生を突破しています。

 

23 ネクライトーキー

▲ネクライトーキー『オシャレ大作戦』

バンド名 ネクライトーキー
結成年 2017年
メンバー もっさ(ボーカル/ギター)
朝日廉(ギター)
藤田彩(ベース)
カズマ・タケイ(ドラマー)
備考 ボーカルのもっさの声が「ハム太郎に似ている」として話題になる。『オシャレ大作戦』はYouTubeで再生数200万回を突破している。

 

ネクライトーキーは2017年に結成のロックバンドです。ギターの朝日廉は同バンドの作詞作曲を担当しており、ボカロP「石風呂」として活動していました。

 

▼石風呂『壊れぬハートが欲しいのだ』

 

前ページで紹介した【エモいバンド】や【ボーカロイド】など邦楽ロックで話題のジャンルはたくさんあります。

ネットなどでは「こんなの、ロックではない!」など騒がれることもしばしばですが、前述したように定義は人それぞれで違ってよいと私は思います。

あなたもジャンルに囚われず、様々な曲を聴くことで気になるジャンルを発見することに繋がるはずです。

ぜひ枠に囚われない、自由な聴き方や楽しみ方をおすすめします。

『邦楽ロック入門』目次へ  (全12ページ)

 

スポンサーリンク



 

目次著者

映画ドラマの使用例・海外で活躍するバンド 【邦楽ロックの評価】

Webon紹介目次著者
邦楽ロックが大好きな筆者が邦楽ロックの基礎知識やおすすめのバンドなどを解説!

邦楽ロック入門 ~近年注目のおすすめバンドを聴こう~はこちらから!

著者:寺井まさき

めまぐるしい人生を駆け抜けられたのは「邦楽ロック」に救われてから。その魅力を一人でも多くの人に伝えたい。あなたなりの感じ方で邦楽ロックを楽しみ、好きになってもらえたら嬉しいです!お問い合わせはこちらから

 

『邦楽ロック入門』目次へ  (全12ページ)

 

この章(第1章)では「邦楽ロックの基礎知識」について4ページにわたって解説しております。

このページでは、日本や海外から邦楽ロックがどのように評価されているのかを紹介します!

 

日本での評価

 

邦楽ロックの日本の浸透度はとても高いです。

邦楽ロックは日常の様々なシーンで利用され、生活に浸透しています。その浸透度の高さが、日本における邦楽ロックの評価の高さと言えると思います。

 

映画・ドラマでの使用例

 

邦楽ロックの楽曲は多くのドラマや映画の主題歌に使われてます。

2016年放送された話題になった『逃げる恥だ役に立つ』では星野源が歌う『恋』という曲が主題歌として利用されました。

 

▼星野源『恋』のMV

 

エンディングで出演者が曲に合わせて踊る姿が「かわいい」という評判でした。私も動画サイトでガッキーのダンスを当時は飽きるほど繰り返し視聴していました!

そんな評判もあって『恋』は瞬く間に市民権を得て、その年の紅白歌合戦に歌われるほどの一大ブームとなりました。

 

このページの続きを閲覧するにはログインが必要です。 or 新規会員登録(税抜300円で読み放題!)