天月-あまつき-のライブの魅力 【特徴・お決まり・みどころなど】

Webon紹介目次著者

超有名歌い手「天月-あまつき-」。「小さな恋のうた」の歌ってみた動画は6900万回の再生回数を越え、女子中高生で知らない人はいないと言われています。そんな天月-あまつき-の基礎知識からオリジナルキャラ「正宗くん」の魅力までファンが徹底解説!

『天月-あまつき-』入門 ~女子中高生は全員知っている!?超有名歌い手の魅力に迫る~はこちらから!

著者:Ayaka

ボカロ・歌い手が好き。特に天月さん、まふまふさんのファン。天月さんの2018~2019年冬ツアーは9公演中4公演参加。2019年6月リリースの天月さんの新曲CDは18枚予約。30代以上の世代にもボカロや歌い手の素晴らしさを伝えたいと思っている。

お問い合わせはこちらから

『天月-あまつき-入門』目次へ  (全10ページ)

 

スポンサーリンク

天月さんのライブの特徴

▲天月-あまつき- 日本武道館ワンマンライブ『Loveletter from moon』ダイジェスト映像 

 

歌い手によってそれぞれのカラーがあるので、ライブにもその人の個性が出ます。

一般的な歌い手は小さなライブハウスでライブを行うことが多いです。

それに対して天月さんは会場がもう少し広く、さらにライブの内容が一般的なアーティストのようにおしゃれで工夫がなされています。

天月さんの場合は歌い手の枠を越えた一般的なアーティストと同じような本格的なライブを楽しむことができます。

何より演出がいつも素敵な天月さんのライブ。

自身の名前にちなんで、天体系のようなキラキラとした、落ち着いたおしゃれな演出が特徴的です。

 

天月さんのライブならではのノリ

 

ミュージシャンのライブではそのミュージシャンごとにお決まりのノリがあると思います。天月さんのライブでもお決まりのノリがあります。それを知ることで、天月さんのライブのイメージが掴めると思いますので、いくつか紹介します。

 

① 「小さな恋のうた」をお客さんと歌う

 

天月さんのライブのノリで有名なのが「小さな恋のうた」の時に、原曲の歌詞が「照らす月」の部分を「照らす天月」に変えて、天月さんがお客さんの方にマイクを向けてお客さんと一緒に歌います。

 

② 赤のペンライト

 

基本的にお客さんは天月さんのイメージカラーの赤のペンライトを持ちます。

▼赤のペンライト

 

ただ2018-2019のウインターツアーで「ツナゲル」という曲があり、その時にライブで天月さんが「虹が繋がるようにペンライトを好きな色にしてください」と言って客席が沢山の色に染まりました。

 

③ 銀テープ

 

このページの続きを閲覧するにはログインが必要です。 or 新規会員登録(税抜300円で読み放題!)