納豆の効果的な食べ方④ 【納豆+卵なら「卵は過熱」】

Webon紹介目次著者

納豆を5年間食べ続けた筆者だからこそわかる実体験に基づいた健康効果をお伝えします。「納豆の美容健康効果」「健康効果バツグンのおすすめレシピ」「スーパーで買えるおすすめの納豆」などもご紹介。

「健康美容の『納豆入門』 ~5年間食べ続けたからわかった効果~」はこちらから

著者:納豆好き子

田舎でフリーライターとして活動している健康おたく。Webデザイナー時代に激務によるストレスで体重増加や肌荒れに悩まされ、なんとかせねばと食生活の改善を試みたことをキッカケに健康おたくの道に足を踏み入れました。最近はアンチエイジングを研究中、食で若返る方法を日々模索しています。趣味は料理と瞑想と寝ること。楽しく読めて伝わる文章を目指しています。

お問い合わせはこちらから

 

美容健康の『納豆入門』目次へ  (全17ページ)

 

第3章では納豆大好きな著者が納豆の健康効果を高める効果的な食べ方について紹介しています。

4つの効果的な納豆の食べ方 4つの効果的な納豆の食べ方

 

納豆と卵といえば、美味しくて栄養たっぷりのベストコンビではないでしょうか?

私も「納豆にちょい足しする食材」では卵が1番好きな組み合わせです。

でもそんな納豆+卵の食べ合わせは、実はあまり良くないとのウワサがまことしやかに囁かれています。どちらも大好きな私はショック!

そのウワサ、本当なのでしょうか?

このページでは、その真相と栄養価を失わない食べ方のコツについてお話しします。

 

納豆のビオチンは卵の白身と相性✕

 

納豆と卵は、どちらも栄養価の高い食材なので、基本的には一緒に食べることでお互いの栄養価を高めてくれるベストコンビです。

ですが、納豆に含まれる「ビオチン」という成分は、卵の白身に含まれる「アビジン」というタンパク質の一種によって吸収が妨げられてしまうんです。

 

 

ビオチンは、水溶性ビタミンの一種で、女性の美しさを高めるのに役立ちます。

 

水溶性ビタミン
水に溶けやすいビタミンで、ビタミンB群やビタミンCが該当する。尿などから体の外へ排出されやすいため、定期的に摂取する必要がある。

 

ビオチンは健康なお肌をつくるために必要な「コラーゲン」の育成を助けてくれるだけでなく、肌のターンオーバー(お肌の新陳代謝)を正常にさせて、肌のくすみやニキビなどを防いでくれます。

他にも、健康な髪をつくる材料となるアミノ酸を増やしてくれるので、薄毛や白髪に悩んでいる人にもぴったりの栄養素だといえるのです。

 

ですが、先ほども述べた通りこのビオチンは、卵の白身に含まれている「アビジン」というタンパク質と結合することによって、体に吸収されにくくなるという特性を持っています。

 

 

つまり、納豆と相性が悪いのは卵の白身だということなんです。

 

 

私はもともと納豆に卵を入れるときは白身を捨ててしまうタイプなので、ほっと一安心…。

 

とはいえ、なかには

「白身を捨てるなんてもったいない!」

「卵は白身がおいしいのよ!」

という人もいると思います。

そんな人のために、白身を捨てずに、なおかつ納豆の栄養価も損なわない食べ方をご紹介します。

 

栄養を損なわない食べ方

 

白身に含まれるアビジンは、熱に弱いので加熱することによって変成し、ビオチンの吸収を阻害しなくなります

つまり、納豆と卵焼きや目玉焼きを食べるぶんには、お互いの栄養素の相性はまったく問題ないのです。

 

「いや、でも納豆に卵を混ぜたいんだよね」という場合は、温泉卵にすれば解決です。

 

 

温泉卵は、スーパーなどで売っていますが、家庭でも簡単につくれますよ。

 

▼温泉卵の作り方

  • 鍋にお湯を沸かす
  • 火を止め、お玉に入れた卵をそーっと鍋の中に入れる
  • 固まってきたら水につけておく

温泉卵を作る際、卵を鍋に入れる時間は、冬なら10分〜15分、夏なら8分〜10分が目安ですが、納豆と合わせるのなら白身に熱が通るように長めにするといいでしょう。

温泉卵って、程よく熱が入ることで濃厚さが増して、とっても美味しいですよね。

 

いつも納豆に生卵を入れている人も、温泉卵にすることでまた違った新鮮な美味しさを楽しむことができます。

この方法なら、納豆&卵のコンビが好きな方もそれぞれの栄養を余すところなく取ることが出来るので、ぜひ試してみて下さいね!

 

以上、納豆と卵の健康効果の関係でした!効果的な納豆の食べ方はここまで。次のページではスーパーで手軽に買う事ができる納豆の中で、5年間納豆を食べ続けた著者がおすすめする納豆をご紹介!

美容健康の『納豆入門』目次へ  (全17ページ)

 



スポンサーリンク

 

目次著者

著者:納豆好き子

田舎でフリーライターとして活動している健康おたく。Webデザイナー時代に激務によるストレスで体重増加や肌荒れに悩まされ、なんとかせねばと食生活の改善を試みたことをキッカケに健康おたくの道に足を踏み入れました。最近はアンチエイジングを研究中、食で若返る方法を日々模索しています。趣味は料理と瞑想と寝ること。楽しく読めて伝わる文章を目指しています。

お問い合わせはこちらから

スポンサー

納豆の効果的な食べ方③ 【賞味期限ぎりぎり】

Webon紹介目次著者

納豆を5年間食べ続けた筆者だからこそわかる実体験に基づいた健康効果をお伝えします。「納豆の美容健康効果」「健康効果バツグンのおすすめレシピ」「スーパーで買えるおすすめの納豆」などもご紹介。

「健康美容の『納豆入門』 ~5年間食べ続けたからわかった効果~」はこちらから

著者:納豆好き子

田舎でフリーライターとして活動している健康おたく。Webデザイナー時代に激務によるストレスで体重増加や肌荒れに悩まされ、なんとかせねばと食生活の改善を試みたことをキッカケに健康おたくの道に足を踏み入れました。最近はアンチエイジングを研究中、食で若返る方法を日々模索しています。趣味は料理と瞑想と寝ること。楽しく読めて伝わる文章を目指しています。

お問い合わせはこちらから

 

美容健康の『納豆入門』目次へ  (全17ページ)

 

第3章では納豆大好きな著者が納豆の健康効果を高める効果的な食べ方について紹介しています。

 

納豆はもともと発酵している食品なので、食べごろはいつなのか難しいですよね。

すぐ食べた方がいいのか、それとも寝かせたほうがいいのか…。

実は、ちょっとした食べる時期の違いによって、納豆の栄養素や旨味に違いがでるんです。

今回は、納豆のベストな食べごろと、美味しく食べるコツについてお話しします。

 

納豆は寝かせると美容&健康効果アップ!

 

実は、納豆は買ってすぐ食べるよりも、賞味期限ギリギリまで待った方が栄養素が増えることが分かっています。

より発酵させることでポリアミンというアミノ酸が増えて、健康&美容効果がグーンとアップするんです。

 

ポリアミン
私たちのからだの全ての細胞が持つ物質で、細胞の成長や新陳代謝に欠かせない物質。動脈硬化の予防や肌のターンオーバー(新陳代謝)の正常化にも効果があると言われている。

発酵
微生物を利用して、ある成分を分解したりして人間にとってプラスになる成分に変化させること。納豆でいうと、納豆菌が発酵(大豆の成分を分解したり違うものと合成したりする)ことにより、納豆がつくられる。

 

この納豆をたくさん発酵させる事で増える「ポリアミン」という成分は、人知れずスゴいアンチエイジング効果を持っていて、細胞そのものを若々しく保ってくれるという、女性には嬉しすぎる成分なのです。

本来はポリアミンは人間の体内で作られていますが、歳をとるごとにだんだんと減っていってしまいます。

そこで、高ポリアミン食の納豆を食べれば、体内のポリアミンが増えて細胞の老化を防ぎ、免疫力を高めて髪や肌をツヤツヤにしてくれます。

 

 

しかも、ポリアミンは動脈硬化の予防をする効果もあることが分かっているので、見た目だけじゃなく体の中もアンチエイジングしてくれる素晴らしい成分なんですよ。

 

動脈硬化
血管の老化の事。血管が老化し血管が狭くなったり血栓ができて詰まったりする事で心筋梗塞や脳卒中といった重大な病気を引き起こす。

 

納豆はもともと発酵食品なのでポリアミンは豊富に含まれていますが、買ってすぐよりも賞味期限ギリギリまで寝かせた方がより発酵が進んで、より多くのポリアミンを取ることができます。

 

そして、ここからは私が毎日納豆を食べていて感じたことですが、納豆は買ってすぐよりも数日間寝かせた方が旨味が増してコクが出るように感じます。

 

買ったばかりの時は豆が固くてまだ熟成されていないようなパサつきを感じる納豆でも、時間を置くことで豆がしっとりとしたり、食べたときの納豆独特の香りや糸の粘りも濃密になって、より美味しさが増すのです。

私の場合は、納豆を冷蔵庫にたくさんストックしているので、たまにうっかり賞味期限が過ぎてしまうこともありましたが、1〜2日なら普通に食べていました(笑)

 

 

納豆菌はもの凄ーく強い菌なので、他の菌が繁殖するのを防いでくれる効果があり、賞味期限が切れたものでも1〜2日なら問題なく食べられるそうです。

とはいえ、臭いや味に変化を感じるようならもちろんNGですよ!

話を元に戻しますが、今回私が日頃感じている「納豆は数日寝かすと美味しくなる説」が本当かを調べてみました。

すると、これが事実だったのです!

 

時間を置くと旨味が増す

 

管理栄養士の見解によると

「納豆は買ったばかりで食べるよりも時間を置いた方が、旨味成分のアミノ酸が増えてより美味しくなる」

とのこと。

 

アミノ酸
体内でタンパク質をつくる成分。20種類のアミノ酸がつながり、タンパク質をつくっている。アミノ酸は、甘味、苦味、酸味や旨味など、いろいろな味を持っている。

 

とくに、大粒の納豆は小粒やひきわりに比べて発酵が難しいので、賞味期限ギリギリまで寝かせることでしっかり熟成させることができるようです。

 

 

やっぱり、納豆=寝かせると美味しい!という私の味覚は間違っていなかったようです!

 

【編集部コラム】 賞味期限ギリギリの納豆を食べました!

今までは買ってすぐ食べていたのですが、初めて賞味期限ギリギリの納豆を食べてみました。いつもと同じメーカーの納豆でしたが、確かにいつもより香りと粘りが強くなり、美味しく感じました!

 

納豆を寝かす方法

 

もちろん、熟成させると言っても常温ではなく冷蔵庫で保存して下さいね。

納豆は腐りにくい食品ですが、発酵が進みすぎるとアンモニア臭がして食べられなくなってしまいます。

 

そして食べる10分〜20分前に冷蔵庫から出しておくのが、発酵のピークで食べられるベストな方法です。

 

 

冷や冷やの納豆よりも、糸の粘りや大豆の風味も味わえますよ。

納豆好きの人は、より旨味を味わえる「寝かせ納豆」、ぜひ試してみて下さい!

 

以上、納豆と賞味期限の関係と著者の体験談でした!

次のページではよく一緒に食される「納豆」+「卵」の健康効果について解説していきます!4つ目の効果的な納豆の食べ方です!

美容健康の『納豆入門』目次へ  (全17ページ)

 



スポンサーリンク

 

目次著者

著者:納豆好き子

田舎でフリーライターとして活動している健康おたく。Webデザイナー時代に激務によるストレスで体重増加や肌荒れに悩まされ、なんとかせねばと食生活の改善を試みたことをキッカケに健康おたくの道に足を踏み入れました。最近はアンチエイジングを研究中、食で若返る方法を日々模索しています。趣味は料理と瞑想と寝ること。楽しく読めて伝わる文章を目指しています。

お問い合わせはこちらから

スポンサー

納豆はニキビに効く! 【体験談と3つの効果】

Webon紹介目次著者

納豆を5年間食べ続けた筆者だからこそわかる実体験に基づいた健康効果をお伝えします。「納豆の美容健康効果」「健康効果バツグンのおすすめレシピ」「スーパーで買えるおすすめの納豆」などもご紹介。

「健康美容の『納豆入門』 ~5年間食べ続けたからわかった効果~」はこちらから

著者:納豆好き子

田舎でフリーライターとして活動している健康おたく。Webデザイナー時代に激務によるストレスで体重増加や肌荒れに悩まされ、なんとかせねばと食生活の改善を試みたことをキッカケに健康おたくの道に足を踏み入れました。最近はアンチエイジングを研究中、食で若返る方法を日々模索しています。趣味は料理と瞑想と寝ること。楽しく読めて伝わる文章を目指しています。

お問い合わせはこちらから

 

美容健康の『納豆入門』目次へ  (全17ページ)

 

第2章では納豆の美容効果を著者の体験をもとに解説しています。

 

思春期から長ーい間悩まされていたニキビ。

ありとあらゆるニキビケア商品を試しても改善しなかった私の根強いニキビが消えてゆくまでの苦労と、一番効果のあった意外なニキビの解消法をご紹介します。

 

ニキビを納豆が救った体験談

 

ニキビは、美肌を妨げる肌トラブルNO.1ではないでしょうか?

何しろ、あのブツッとした赤い膨らみのインパクトが大きい!

いくら上手に隠そうとしても、なかなかキレイに隠れるものではありません。

かくいう私も、中学生から20代までずーっとこの赤いブツブツに悩まされてきました。

「ニキビに効果がある」と宣伝している化粧品を買いあさり、ドラックストアで売られているニキビ治療薬を試しまくり、最終的には皮膚科のお世話になっても完全には治りませんでした。

そんな私の肌が変わったキッカケとなったのは、食生活の改善です。

大好きなお菓子やアイスなどのジャンクフードを止めて間食を納豆に置き換えたところ、徐々に身体が変わり始めていったのです。

 

  • お通じが良くなり、肌荒れが改善
  • 肌のベタつきが無くなった
  • 生理前のニキビが激減

 

こんな変化が私の身体と肌に起こりました。

 

 

これらはよく調べてみると納豆がもたらしてくれる効能にぴったり当てはまっていたのです。

納豆を食べ続けて5年経つ今では、もうほとんどニキビができることはありません。

 

これは

①ジャンクフードを止めたことで身体の中からニキビのできにくい肌をつくれるようになったということ

②納豆の美肌効果がそれを後押ししてくれた

という事だと思います。

 

そんな私の肌をニキビレスにしてくれた納豆に含まれる美容成分とニキビへの効果をご紹介します。

 

ニキビへの納豆の3つの効果

1 食物繊維

 

「便秘は肌荒れ・ニキビの原因になる」というのは本当です。

 

  • 頬や鼻にできるニキビがなかなか治らない
  • 3日以上お通じが無いことがしょっちゅうある

 

このような人は便秘が原因でニキビができている可能性アリです。

便秘になると、腸内に悪玉菌が大量発生して身体に毒素が溜まります。

 

悪玉菌とは
人間の腸内には数百兆個もの最近が存在しており、「善玉菌」「悪玉菌」「中間菌」の3つに分類される。悪玉菌は有害な働きをするのが特徴で、悪玉菌が増えると肌荒れ・便秘・免疫力の低下など、様々な影響をもたらす。食生活の乱れや過度なストレスなどが悪玉菌を増やす原因と言われている。

 

その毒素は、血液に運ばれて全身に回り、新陳代謝を低下させてしまうのです。

そして正常に代謝しなくなった肌は、ターンオーバーが乱れて肌荒れ・ニキビを引き起こします。

 

ターンオーバー
肌の新陳代謝のことで、つまり肌が新しく生まれ変わること。皮膚の下でつくられた新しい細胞が表面に押し出され、垢として自然と剥がれ落ちるまでのサイクル。正常な肌のターンオーバーは約28日周期といわれている。

 

納豆には、そんな便秘を解消してくれる水溶性食物繊維(水に溶ける性質の食物繊維)と不溶性食物繊維(水に溶けにくい性質の食物繊維)が、たっぷり含まれているのです。

 

 

水溶性食物繊維は便を柔らかくして排便を促す効果があり、さらに腸内で分解されるとビフィズス菌を増やして腸内環境を整えてくれます。

不溶性食物繊維はお腹の中で水を含んで膨らみ、腸が縮んだり緩んだりする蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、便をスムーズに出しやすくします

 

 

納豆による便秘解消の話は第1章で!(現在第2章)

 

身体の中の毒素をしっかり出すことが、まずは美肌の近道です!

 

2 ビタミンB2

 

Tゾーンにベタつきがあり、毛穴が詰まって黒ずんでいる人は皮脂が原因でニキビができているのかもしれません。

 

皮脂
毛の生えているところに分布している「皮脂腺」と呼ばれるところから分泌される脂(あぶら)。皮脂の分泌が多いと、ニキビやテカりなどの肌トラブルを起こしやすい。

 

納豆に豊富に含まれているビタミンB2は、よけいな皮脂を抑えてくれる効果があります。

ビタミンB2は、ストレスや疲れ・激しい運動で消費してしまうので身体に蓄積しておけないのが欠点です。

納豆を毎日食べて、こまめにビタミンB2を補いましょう。

 

3 大豆イソフラボン

 

大豆イソフラボンは、「美肌ホルモン」とも呼ばれる、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをすることが分かっています。

 

エストロゲン
代表的な女性ホルモン。肌や髪の潤いを守る、丸みを帯びた体をつくるなど、女性らしい体をつくる働きをする。

 

エストロゲンは、肌のハリやうるおいを高めてくれる女性の美しさには欠かせないホルモンですが、生理前になると一気に激減します。

そんな時でも、納豆を食べていれば大豆イソフラボンがエストロゲンの代役をしてくれるので、生理前にできやすい顎ニキビやフェイスラインにできるニキビを防いでくれます。

 

 

最近では大豆イソフラボン入りの化粧品も人気で、まだまだ納豆の効果に注目が集まりそうですね。

 

▼大豆イソフラボン入り化粧品の例

 

大嫌いなニキビを撲滅したいあなたは、ぜひ今日から1日1パックの納豆を試してみて下さい!

 

以上、納豆が及ぼすニキビへの効果でした!次のページからは第3章。第3章では納豆の健康効果を高める食べ方をご紹介。読めばますます納豆が手放せなくなるはずです!

美容健康の『納豆入門』目次へ  (全17ページ)

 



スポンサーリンク

 

目次著者

著者:納豆好き子

田舎でフリーライターとして活動している健康おたく。Webデザイナー時代に激務によるストレスで体重増加や肌荒れに悩まされ、なんとかせねばと食生活の改善を試みたことをキッカケに健康おたくの道に足を踏み入れました。最近はアンチエイジングを研究中、食で若返る方法を日々模索しています。趣味は料理と瞑想と寝ること。楽しく読めて伝わる文章を目指しています。

お問い合わせはこちらから

スポンサー

納豆は便秘に効く! 【5年間食べ続けた結果】

Webon紹介目次著者

納豆を5年間食べ続けた筆者だからこそわかる実体験に基づいた健康効果をお伝えします。「納豆の美容健康効果」「健康効果バツグンのおすすめレシピ」「スーパーで買えるおすすめの納豆」などもご紹介。

「健康美容の『納豆入門』 ~5年間食べ続けたからわかった効果~」はこちらから

著者:納豆好き子

田舎でフリーライターとして活動している健康おたく。Webデザイナー時代に激務によるストレスで体重増加や肌荒れに悩まされ、なんとかせねばと食生活の改善を試みたことをキッカケに健康おたくの道に足を踏み入れました。最近はアンチエイジングを研究中、食で若返る方法を日々模索しています。趣味は料理と瞑想と寝ること。楽しく読めて伝わる文章を目指しています。

お問い合わせはこちらから

 

美容健康の『納豆入門』目次へ  (全17ページ)

 

このページから第1章。第1章では納豆の驚くべき健康効果を著者の実体験をもとに紹介していきます。

 

便秘に悩んでいる女性って多いですよね。

最近は男性でも便秘に悩んでいる人は多いのでしょうか?

私もかつては、「毎朝快便!だったらどんなにいいか…」と願っていたほどの便秘症でした。

そんな私が、「いつの間にか便秘なんて忘れてた…」というほどの快適ライフを送れるようになるまでの、納豆の食べ方や、納豆の持つ凄い効果についてこのページではお話します。

 

納豆で便秘が解消!

 

便秘って本当にツラいですよね。何日も出ないと、お腹がパンパンになって心も体もスッキリしない…。

しかも、キューピーみたいなお腹ぽっこり体型になってしまい、オシャレをする気もなくなりますね。

 

私も、納豆を食べ始める前は毎日のように便秘薬を飲んでいた、かなりの便秘女子でした。

「薬ばかり飲んでいたら体に悪い!」と、便秘に効くお茶を飲んだら次の日会社でお腹を壊したり…。もう、大変な日々です。腸内環境が悪いせいで、肌荒れやニキビもしょっちゅう出来ていました。

 

 

そんな私が、今では「便秘って何だっけ?」というほど快適な日々を過ごしているのは、まさに納豆のお陰なんです。

私は5年間ほぼ毎日1パックの納豆を食べていますが、毎日本当に驚くほど、スルン!と出るようになりました。

 

その効果を感じ始めたのは、納豆生活を始めて1ヶ月ほど経った頃だったと思います。

 

便秘薬を飲んでいた頃のように、

「お腹の痛みに耐えながらやっと出た!(涙)」

ではなく、本当に自然に便秘が解消されていくのを感じました。

 

とくに効果があったのは、W発酵食品の「納豆+キムチ」。

 

▼納豆+キムチ

発酵食品
菌などの微生物の働きによって食品が分解されてつくられるもの。納豆、キムチ、味噌、チーズなど。
キムチ納豆の効果について詳しくは第5章で解説!(現在第1章)

 

そして、「納豆+オリーブオイル」も効果テキメンです。

 

▼納豆+オリーブオイル

※編集担当が食べてみましたが、タレも少し足すと誰でも美味しく食べられると思います!基本オリーブオイルは小さじ1杯!

 

私は、もともとダイエットのために納豆を食べ始めたので、ここまで便秘に効果があるなんて本当にびっくりでした。

 

でも、実は納豆は腸内環境を整えてくれるさまざまな成分が含まれている、まさに「天然の整腸剤」とも呼べる食品なのです。

 

納豆菌の整腸効果

 

納豆をつくるには、煮豆を発酵させるための納豆菌が必要です。

この納豆菌は、他の繊細な菌と違い、驚くほどタフで凄い効果を持っているんです。

 

 納豆菌のすごいところ! 
  • 100度の熱でも死なない
  • 酸にもアルカリにも強い
  • 真空状態でも生き残る
  • 宇宙からやって来た(?)

 

納豆菌は、100度の熱でも、逆にマイナス100度の寒さでも死にません。

そして、強い酸をかけてもピンピン生きています。

さらに真空状態でも生きられる納豆菌のあまりのタフさに、

「宇宙からやって来たのでは…?」

というウワサが一部では囁かれるほどです。

恐るべし、納豆菌!

 

こんな最強生物のような納豆菌は、口から体内に入った後も胃酸に負けずに生きたまま腸まで届いて、腸内の悪玉菌をどんどん殺してくれます。

そして、善玉菌である乳酸菌を100倍まで増やして、腸内環境を整えてくれる効果があります。

 

 

最近では「生きたまま腸まで届く乳酸菌!」のようなキャッチコピーのドリンクやサプリなどもありますが、乳酸菌は外側から体内に入れてもあまり定着しないことが分かっています。

(参照リンク:http://www.daiwa-pharm.com/info/mitsuoka/6380/

 

もともと自分の体内で頑張ってくれている、自前の乳酸菌を増やす手伝いをしてくれる納豆菌こそ、便秘知らずの体質に変えてくれる天然の整腸剤なのです。

 

■納豆菌が便秘の強い味方である理由まとめ

・納豆には納豆菌が含まれている。

・納豆菌は100度の熱でも溶けない程タフなので、生きたまま腸まで届いて腸の悪玉菌を殺してくれる。

・善玉菌である乳酸菌を100倍に増やして腸内環境を整えてくれるため、便秘知らずの体質に変えてくれる。

 

納豆の食物繊維の効果

 

さらに納豆には、以下に挙げる2種類の食物繊維が含まれています。

 

➀「水溶性食物繊維」

水に溶ける性質があり、便を柔らかくしてスムーズな排便を助けてくれる。

通称「グルコマンナン」とも呼ばれ、こんにゃくゼリーなどでもおなじみ。

▼こんにゃくゼリーの例

 

➁「不溶性食物繊維」

水に溶けにくく、水分を吸収して便のカサを増やすことで、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にしてくれる。

蠕動運動とは、腸がギュッと縮んだり、緩んだりを繰り返す動きのことで、この動きによってスムーズに便を身体の外に出すことが出来る。

 

 

便秘解消には、この2つの食物繊維を一緒に摂ることが大切ですが、納豆はバランス良く水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を含んでいる、まさに、便秘解消のための最強食品なのです。

 

■納豆に含まれる食物繊維が便秘解消に最適な理由まとめ

・納豆には2つの食物繊維が含まれている。

・その2つは便を柔らかくしてスムーズな排便を助けてくれる「水溶性食物繊維」とスムーズに便を身体の外に出す働きを活発にしてくれる「不溶性食物繊維」。

・納豆はバランス良くこの2つの食物繊維が含まれているため便秘解消にぴったり。

 

続けることが大切

 

納豆は、薬のように「その時だけ出す!」というものではなく、徐々に腸内環境を良くすることにより、根本から便秘をしない体質に変えてくれます。

その分、効果が出るまでに時間がかかることがありますが、とにかく「継続は力なり!」です。

 

私も納豆の効果を感じるまでに1ヶ月ほどかかりましたが、便秘の苦しみから解放された時は、「毎日続けて来て良かったー!」と感動しました。

まずは、今日から始めてみて下さい。納豆パワーで、皆さんが快適ライフを送れることを願っています。

 

以上、納豆が便秘解消に良い理由と著者の体験談でした!次のページでは「納豆がダイエットにいい」という著者の体験談をご紹介!

美容健康の『納豆入門』目次へ  (全17ページ)

 



スポンサーリンク

 

目次著者

著者:納豆好き子

田舎でフリーライターとして活動している健康おたく。Webデザイナー時代に激務によるストレスで体重増加や肌荒れに悩まされ、なんとかせねばと食生活の改善を試みたことをキッカケに健康おたくの道に足を踏み入れました。最近はアンチエイジングを研究中、食で若返る方法を日々模索しています。趣味は料理と瞑想と寝ること。楽しく読めて伝わる文章を目指しています。

お問い合わせはこちらから

スポンサー