納豆はニキビに効く! 【体験談と3つの効果】

Webon紹介目次著者

納豆を5年間食べ続けた筆者だからこそわかる実体験に基づいた健康効果をお伝えします。「納豆の美容健康効果」「健康効果バツグンのおすすめレシピ」「スーパーで買えるおすすめの納豆」などもご紹介。

「健康美容の『納豆入門』 ~5年間食べ続けたからわかった効果~」はこちらから

著者:納豆好き子

田舎でフリーライターとして活動している健康おたく。Webデザイナー時代に激務によるストレスで体重増加や肌荒れに悩まされ、なんとかせねばと食生活の改善を試みたことをキッカケに健康おたくの道に足を踏み入れました。最近はアンチエイジングを研究中、食で若返る方法を日々模索しています。趣味は料理と瞑想と寝ること。楽しく読めて伝わる文章を目指しています。

お問い合わせはこちらから

 

美容健康の『納豆入門』目次へ  (全17ページ)

 

第2章では納豆の美容効果を著者の体験をもとに解説しています。

 

思春期から長ーい間悩まされていたニキビ。

ありとあらゆるニキビケア商品を試しても改善しなかった私の根強いニキビが消えてゆくまでの苦労と、一番効果のあった意外なニキビの解消法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ニキビを納豆が救った体験談

 

ニキビは、美肌を妨げる肌トラブルNO.1ではないでしょうか?

何しろ、あのブツッとした赤い膨らみのインパクトが大きい!

いくら上手に隠そうとしても、なかなかキレイに隠れるものではありません。

かくいう私も、中学生から20代までずーっとこの赤いブツブツに悩まされてきました。

「ニキビに効果がある」と宣伝している化粧品を買いあさり、ドラックストアで売られているニキビ治療薬を試しまくり、最終的には皮膚科のお世話になっても完全には治りませんでした。

そんな私の肌が変わったキッカケとなったのは、食生活の改善です。

大好きなお菓子やアイスなどのジャンクフードを止めて間食を納豆に置き換えたところ、徐々に身体が変わり始めていったのです。

 

  • お通じが良くなり、肌荒れが改善
  • 肌のベタつきが無くなった
  • 生理前のニキビが激減

 

こんな変化が私の身体と肌に起こりました。

 

 

これらはよく調べてみると納豆がもたらしてくれる効能にぴったり当てはまっていたのです。

納豆を食べ続けて5年経つ今では、もうほとんどニキビができることはありません。

 

これは

①ジャンクフードを止めたことで身体の中からニキビのできにくい肌をつくれるようになったということ

②納豆の美肌効果がそれを後押ししてくれた

という事だと思います。

 

そんな私の肌をニキビレスにしてくれた納豆に含まれる美容成分とニキビへの効果をご紹介します。

 

ニキビへの納豆の3つの効果

1 食物繊維

 

「便秘は肌荒れ・ニキビの原因になる」というのは本当です。

 

  • 頬や鼻にできるニキビがなかなか治らない
  • 3日以上お通じが無いことがしょっちゅうある

 

このような人は便秘が原因でニキビができている可能性アリです。

便秘になると、腸内に悪玉菌が大量発生して身体に毒素が溜まります。

 

悪玉菌とは
人間の腸内には数百兆個もの最近が存在しており、「善玉菌」「悪玉菌」「中間菌」の3つに分類される。悪玉菌は有害な働きをするのが特徴で、悪玉菌が増えると肌荒れ・便秘・免疫力の低下など、様々な影響をもたらす。食生活の乱れや過度なストレスなどが悪玉菌を増やす原因と言われている。

 

その毒素は、血液に運ばれて全身に回り、新陳代謝を低下させてしまうのです。

そして正常に代謝しなくなった肌は、ターンオーバーが乱れて肌荒れ・ニキビを引き起こします。

 

ターンオーバー
肌の新陳代謝のことで、つまり肌が新しく生まれ変わること。皮膚の下でつくられた新しい細胞が表面に押し出され、垢として自然と剥がれ落ちるまでのサイクル。正常な肌のターンオーバーは約28日周期といわれている。

 

納豆には、そんな便秘を解消してくれる水溶性食物繊維(水に溶ける性質の食物繊維)と不溶性食物繊維(水に溶けにくい性質の食物繊維)が、たっぷり含まれているのです。

 

 

水溶性食物繊維は便を柔らかくして排便を促す効果があり、さらに腸内で分解されるとビフィズス菌を増やして腸内環境を整えてくれます。

不溶性食物繊維はお腹の中で水を含んで膨らみ、腸が縮んだり緩んだりする蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、便をスムーズに出しやすくします

 

 

納豆による便秘解消の話は第1章で!(現在第2章)

 

身体の中の毒素をしっかり出すことが、まずは美肌の近道です!

 

2 ビタミンB2

 

Tゾーンにベタつきがあり、毛穴が詰まって黒ずんでいる人は皮脂が原因でニキビができているのかもしれません。

 

皮脂
毛の生えているところに分布している「皮脂腺」と呼ばれるところから分泌される脂(あぶら)。皮脂の分泌が多いと、ニキビやテカりなどの肌トラブルを起こしやすい。

 

納豆に豊富に含まれているビタミンB2は、よけいな皮脂を抑えてくれる効果があります。

ビタミンB2は、ストレスや疲れ・激しい運動で消費してしまうので身体に蓄積しておけないのが欠点です。

納豆を毎日食べて、こまめにビタミンB2を補いましょう。

 

スポンサーリンク

3 大豆イソフラボン

 

大豆イソフラボンは、「美肌ホルモン」とも呼ばれる、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをすることが分かっています。

 

エストロゲン
代表的な女性ホルモン。肌や髪の潤いを守る、丸みを帯びた体をつくるなど、女性らしい体をつくる働きをする。

 

エストロゲンは、肌のハリやうるおいを高めてくれる女性の美しさには欠かせないホルモンですが、生理前になると一気に激減します。

そんな時でも、納豆を食べていれば大豆イソフラボンがエストロゲンの代役をしてくれるので、生理前にできやすい顎ニキビやフェイスラインにできるニキビを防いでくれます。

 

 

最近では大豆イソフラボン入りの化粧品も人気で、まだまだ納豆の効果に注目が集まりそうですね。

 

▼大豆イソフラボン入り化粧品の例

 

大嫌いなニキビを撲滅したいあなたは、ぜひ今日から1日1パックの納豆を試してみて下さい!

 

以上、納豆が及ぼすニキビへの効果でした!次のページからは第3章。第3章では納豆の健康効果を高める食べ方をご紹介。読めばますます納豆が手放せなくなるはずです!

美容健康の『納豆入門』目次へ  (全17ページ)

 



スポンサーリンク

 

目次著者

著者:納豆好き子

田舎でフリーライターとして活動している健康おたく。Webデザイナー時代に激務によるストレスで体重増加や肌荒れに悩まされ、なんとかせねばと食生活の改善を試みたことをキッカケに健康おたくの道に足を踏み入れました。最近はアンチエイジングを研究中、食で若返る方法を日々模索しています。趣味は料理と瞑想と寝ること。楽しく読めて伝わる文章を目指しています。

お問い合わせはこちらから

スポンサー