おすすめ納豆ちょい足しレシピ4選 【長芋納豆】

Webon紹介目次著者

納豆を5年間食べ続けた筆者だからこそわかる実体験に基づいた健康効果をお伝えします。「納豆の美容健康効果」「健康効果バツグンのおすすめレシピ」「スーパーで買えるおすすめの納豆」などもご紹介。

「健康美容の『納豆入門』 ~5年間食べ続けたからわかった効果~」はこちらから

著者:納豆好き子

田舎でフリーライターとして活動している健康おたく。Webデザイナー時代に激務によるストレスで体重増加や肌荒れに悩まされ、なんとかせねばと食生活の改善を試みたことをキッカケに健康おたくの道に足を踏み入れました。最近はアンチエイジングを研究中、食で若返る方法を日々模索しています。趣味は料理と瞑想と寝ること。楽しく読めて伝わる文章を目指しています。

お問い合わせはこちらから

電子書籍、好評発売中!!

納豆でダイエット ~5年間食べ続けた実体験に基づく美容健康~
著:畑中みどり 価格:680円(税込) スマホでも読めます!

 

美容健康の『納豆入門』目次へ  (全17ページ)

 

第5章では著者がおすすめする納豆の「ちょい足しレシピ」を4つご紹介。納豆に『ちょい足し』してもっと納豆を楽しみましょう!

 

▼おすすめちょい足しレシピ4選

ちょい足しレシピ 効果
キムチ納豆 ダイエット
アボカド納豆 美肌
オクラ納豆 アンチエイジング
長芋納豆 疲労

※当ページでは「長芋納豆」をご紹介します。

 

長芋といえば、擦りおろせばネバネバで、そのままだとシャキシャキ、焼けばほっこりと美味しい万能食材ですね。

もちろん、ネバネバコンビの「長芋納豆」は味の相性バツグンです。しかも、お互いの良い所を助け合って、疲れた時の回復を助けてくれる効果があるんです。

食欲が無い時は長芋納豆の疲労回復効果で元気な体を取り戻しましょう!

 

スポンサーリンク

「長芋納豆」基本レシピ

 

 【材料】 
  • 納豆
  • 長芋
  • ネギ(お好みで)

 

 【作り方】 

納豆に擦りおろした長芋とタレを混ぜる。お好みで刻んだネギをかけても。

 

長芋納豆の健康効果

 

ネバネバ大好きな私にとって、納豆やオクラ・長芋はまさに神食材です。

その中でも擦りおろした長芋のネバネバ具合は一歩抜きん出ているのではないでしょうか?

なかには、そのままのシャキシャキした食感や焼いたホクホクの長芋が好きだという人もいると思いますが、やっぱり一手間かけてでもぜひ擦りおろして貰いたいのです。

というのも、長芋に含まれる栄養素は熱に弱いものが多く、生食が向いているんです。

しかも、擦りおろしてネバネバを増やすことで栄養を効率よく摂取することができます。

 

 

私は、疲れがたまっていて食欲がない時は、擦りおろした長芋と納豆をよく混ぜたものをご飯にかけて食べていますが、胃腸が疲れている時でもサラッと食べられて元気が出ます。

ヘトヘトに疲れている時ほど、栄養ドリンクに頼るよりも精のつく食べ物でしっかり体力を回復しましょう。

スポンサーリンク

 

 長芋の疲労回復効果

 

長芋に含まれているアルギニンという成分、体を鍛えている人なら聞いたことがあるのではないでしょうか。

アルギニンはアミノ酸の1種で、体を動かしたあとの疲労を回復させて、翌日に疲れが残らないようにしてくれます。

若者に人気のエナジードリンクにもアルギニンが含まれているので、疲れが溜まっている時の疲労回復に役立ってくれますが、多量のカフェインや添加物も一緒に摂ることがあるので、常飲は避けたいですね。

エナジードリンクは「ここぞ!」という時だけにして、毎日の食事のなかで自然にアルギニンを摂るのが、体のためには一番です。

 

また、長芋には体のエネルギーを作ってくれるビタミンB1も含まれています。

 

 

ビタミンB1には体の中の脂質をエネルギーに変えてくれる効果や、精神を安定させる効果があるので、心身ともに疲れてしまった時の回復に最適です。

 

納豆と長芋は胃腸を守る

 

納豆や擦りおろした長芋のネバネバにはムチンという成分が入っていて、胃の粘膜を保護したり、消化を助けてくれる作用があります。

疲れている時は、食欲が無かったり、無理に食べても胃もたれしてしまうことがありますが、そんな時ほど長芋と納豆のコンビが胃腸を守ってくれるんです。

そして、生の長芋にはアミラーゼという消化酵素がたっぷり含まれているので、胃の働きを助けてくれます。

とくに、擦りおろすことでアミラーゼは増えるので、胃腸の調子が悪い時におろした長芋はぴったりの食品なのです。

 

 

長芋納豆アレンジレシピ「長芋納豆+梅」

 

 【材料】 
  • 納豆
  • 長芋
  • 梅干し

 

 【作り方】 

納豆にすりおろした長芋とタレを混ぜる。その上に梅干しをたたいたものを乗せる。

そのままでも十分美味しい長芋納豆ですが、そこに梅干しをたたいたものを加えると、さらに疲労回復効果を高めてくれます。

梅干しをたたくのが面倒な時は、スーパーで売っている梅干しのチューブでもOKです。

 

 【健康効果】 

梅干しの酸っぱさにはクエン酸がたくさん入っているので、疲労物質を排出してくれるだけでなく、食欲を増進させる効果があります。

食欲が無い時には、さっぱり食べられる「長芋納豆+梅干し」で疲れ知らずの体をつくりましょう!

 

以上、4つ目のおすすめ納豆ちょい足しレシピ「長芋納豆」でした!次のページは5年間納豆を食べ続けた著者が最後に納豆について語ります。

美容健康の『納豆入門』目次へ  (全17ページ)

 



スポンサーリンク

 

目次著者

著者:納豆好き子

田舎でフリーライターとして活動している健康おたく。Webデザイナー時代に激務によるストレスで体重増加や肌荒れに悩まされ、なんとかせねばと食生活の改善を試みたことをキッカケに健康おたくの道に足を踏み入れました。最近はアンチエイジングを研究中、食で若返る方法を日々模索しています。趣味は料理と瞑想と寝ること。楽しく読めて伝わる文章を目指しています。

お問い合わせはこちらから