納豆の効果的な食べ方② 【夜納豆が効果的】

Webon紹介目次著者

納豆を5年間食べ続けた筆者だからこそわかる実体験に基づいた健康効果をお伝えします。「納豆の美容健康効果」「健康効果バツグンのおすすめレシピ」「スーパーで買えるおすすめの納豆」などもご紹介。

「健康美容の『納豆入門』 ~5年間食べ続けたからわかった効果~」はこちらから

著者:納豆好き子

田舎でフリーライターとして活動している健康おたく。Webデザイナー時代に激務によるストレスで体重増加や肌荒れに悩まされ、なんとかせねばと食生活の改善を試みたことをキッカケに健康おたくの道に足を踏み入れました。最近はアンチエイジングを研究中、食で若返る方法を日々模索しています。趣味は料理と瞑想と寝ること。楽しく読めて伝わる文章を目指しています。

お問い合わせはこちらから

電子書籍、好評発売中!!

納豆でダイエット ~5年間食べ続けた実体験に基づく美容健康~
著:畑中みどり 価格:680円(税込) スマホでも読めます!

 

美容健康の『納豆入門』目次へ  (全17ページ)

 

第3章では納豆大好きな著者が納豆の健康効果を高める効果的な食べ方について紹介しています。

 

「朝食には納豆とご飯、そしてお味噌汁が定番」という人も多いと思います。

ですが、実は納豆は夜に食べることで健康効果を倍増させることが出来るのを知っていましたか?

今回は、夜納豆をオススメする理由と、たくさんのメリットについてお話します。

 

スポンサーリンク

夜納豆で肌も体もイキイキ!

 

私はもともと「納豆は一日中いつでも食べられます!」というタイプですが、一般的には朝食で食べるというイメージが強いですよね。

でも、納豆に含まれる栄養素を最大限に生かそうと思うと、実は夜ご飯で食べるのが一番効果的なんです。

 

私の場合は、もともとダイエットのために毎日1パックの納豆を食べ始めたので、夜ご飯で炭水化物を取りすぎないように、お腹に溜まりやすい納豆をおかずとして食べていました。

「夜はサラダだけ!」などといったストイックなダイエットは、寝るまでに絶対お腹がすいてしまって耐えられない私。

そんな私には、腹もちが良い納豆はぴったりで、3ヶ月で6キロ痩せることが出来ました。

 

納豆とダイエットの関係について詳しくは第1章で!(現在第3章)

 

そんな夜納豆のお陰か、ダイエット以外でも健康や美容面で「これはスゴいぞー!」と実感することがたびたびありました。

今では納豆を食べるタイミングは、ほとんど夜。

「ああ、これで明日も健康だ!」と毎日ニヤニヤしながら食べています。

では、そんな夜納豆の効果とメリットについて見ていきましょう。

 

1 ナットウキナーゼで寝ている間に血液サラサラ!

 

納豆のネバネバに含まれる、ナットウキナーゼという成分には、血液をサラサラにして血栓を改善してくれる効果があります。

 

ナットウキナーゼを増幅させる納豆の食べ方は前のページで!

 

血栓
ドロドロになった血液のカタマリが血管に詰まってしまう症状。脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などの怖い病気の原因になる。

 

血栓がもっとも出来やすいタイミングは、

スポンサーリンク

・長時間動かずにじっとしている時

・水分が足りていない時

だと言われています。

 

つまり、睡眠中が要注意の時間帯なのです。

寝ている間は自分が思っている以上に大量の汗をかいていますが、水を一切飲まないため血液が凝縮されて、ドロドロになっている事が多くあります。

 

 

そんな寝ている間のリスクを防いでくれるのがナットウキナーゼなのですが、実は血液サラサラ効果が持続するのは食べてから約10時間だといわれています。

そのため、もっとも血栓が出来やすい夜中から朝方までの間に効果が出るように、夜に納豆を食べるのがベストなのです。

 

 

寝ている間に血液がしっかりめぐれば、朝のむくみも改善されてスッキリフェイスになれますよ。

普段から体を動かさない人、そして血のめぐりが悪くてむくみ・肩こり・冷えなどがある人は、夜納豆でサラサラ血液にしていきましょう!

 

2 アルギニンで細胞から修復!

 

納豆に豊富に含まれるアルギニンは、アミノ酸の1種で、成長ホルモンの分泌を促す効果があります。

 

成長ホルモン
体の中でつくられ、体内の様々な機能をコントロールする役割がある。大きくは「身長を伸ばす働き」と「体内の物質をエネルギーとして使えるような物質に変えていく働き」があり、子どもから大人まで、あらゆる年齢に必要なホルモン。

 

成長ホルモンは、体の細胞を修復してくれる効果や疲労回復効果があり、疲れやすい大人にこそ必要なものです。

ただし、残念なことに成長ホルモンは昼間はほぼ分泌されません。

睡眠中、とくに眠りについてからの最初の3時間に分泌のピークが来るといわれています。

この時にしっかりと成長ホルモンが分泌されれば、翌朝は体の疲れがスッキリと取れて、気持ちよく目覚めることが出来ます。

 

 

しかも、成長ホルモンは脂肪燃焼効果や、コラーゲンを増やしてお肌をキレイにする効果もあるので、女性の美しさも育ててくれるんです。

実際に、私は5年間納豆を食べ続けていますが、ダイエットに成功しただけでなく、お肌の水分量が上がり、キメが細かくなったのを感じています。

 

納豆とお肌の改善の関係性について詳しくは第2章で!(現在第3章)

 

夜ご飯の食べ過ぎを防ぐために食べていた納豆にこんな効果があったなんて「驚きとともに納得!」という感じです。

成長ホルモンが足りないと体の免疫力が落ちて心も体も元気を無くしてしまうので、毎日お疲れの大人こそ夜納豆で眠っている間にしっかり疲れを修復してハツラツとして生活をしましょう!

 

以上、夜に納豆を食べた方が良い理由とその健康効果でした!次のページでは納豆を効果的にする『納豆と「賞味期限」の関わり』について解説していきます!

美容健康の『納豆入門』目次へ  (全17ページ)

 



スポンサーリンク

 

目次著者

著者:納豆好き子

田舎でフリーライターとして活動している健康おたく。Webデザイナー時代に激務によるストレスで体重増加や肌荒れに悩まされ、なんとかせねばと食生活の改善を試みたことをキッカケに健康おたくの道に足を踏み入れました。最近はアンチエイジングを研究中、食で若返る方法を日々模索しています。趣味は料理と瞑想と寝ること。楽しく読めて伝わる文章を目指しています。

お問い合わせはこちらから