天月-あまつき-さんの人柄とは? 【好きなもの・友人・ファンの傾向など】

Webon紹介目次著者

超有名歌い手「天月-あまつき-」。「小さな恋のうた」の歌ってみた動画は6900万回の再生回数を越え、女子中高生で知らない人はいないと言われています。そんな天月-あまつき-の基礎知識からオリジナルキャラ「正宗くん」の魅力までファンが徹底解説!

『天月-あまつき-』入門 ~女子中高生は全員知っている!?超有名歌い手の魅力に迫る~はこちらから!

著者:Ayaka

ボカロ・歌い手が好き。特に天月さん、まふまふさんのファン。天月さんの2018~2019年冬ツアーは9公演中4公演参加。2019年6月リリースの天月さんの新曲CDは18枚予約。30代以上の世代にもボカロや歌い手の素晴らしさを伝えたいと思っている。

お問い合わせはこちらから

『天月-あまつき-入門』目次へ  (全10ページ)

【天月ファン必読!!】
『天月-あまつき-入門』好評発売中!

著:Ayaka 価格480円
販売サイトへ(amazon)
Kindle Unlimitedで読み放題!

前ページでは天月-あまつき-(以下、天月)さんの基本的な情報をお伝えしましたが、このページではより詳しく人柄に迫っていきたいと思います。

 

5つのキーワードで知る!天月さん

 

まずは5つのキーワードを通して天月さんがどのような方なのかをお伝えします。好きなものなどを知れば天月さんの人柄のイメージが掴めることでしょう。

 

① ゲーム

 

天月さんといえば「ゲーム」は外すことができないキーワードです。

天月さんの趣味はゲームでゲーム配信を行うことがあります。

特にFPS(シューティングゲームの一種)が好きで若者に人気の「PUBG」であったり「Apx Legends」のゲーム配信をすることが多いです。

ゲーム配信を行う歌い手は他にもいますが、天月さんはその中でも特にゲームが上手いです。

 

【筆者に聞いてみた】天月さんのゲーム配信の楽しみ方

Q.(Webon編集部)ゲーム配信はどこで見られますか?また天月さんのゲーム配信で好きなところはどこでしょうか?

A.(筆者 Ayaka)天月さんのゲーム配信は主に「OPENREC」というアプリで視聴することができます。「OPNEREC」はゲーム配信に非常に向いているツールで、歌い手さんがゲーム配信をする時は大体がこのツールで行われています。

天月さんのゲーム配信の好きなところは、他の歌い手のゲーム配信者より、ゲームが上手という部分です。「PUBG」という人気のゲームでは「ドン勝」というものを取る姿が見られます(PUBGは最後の1人に残るまで戦い合うというゲームで、最後の1人に残ることをドン勝といいます)。やはりゲームが上手な人のゲーム配信を観るのはとても楽しいです。そしてゲームが上手なのに、話し方がゆるい感じも好きです。全然ガツガツしておらず、まったりとさくさくとゲームをしつつ、話し方は可愛くゆるい感じが、天月さんの魅力の一つだと思います。

 

② コーラ

 

「コーラ」も天月さんを語る上で外せないキーワードです。

コーラが大好きな天月さん。

配信中に飲む飲み物も大体コーラです。

 

天月さんは歌い手のまふまふさんが主宰する「ひきフェス」というライブに出演しています。ひきフェスでは出演者がオリジナルのメニューをそれぞれ考案するのが恒例となっているのですが、天月さんはご自身が大好きな「コーラ」のメニューが多いです。

しかし2019年6月23日に開催されたひきフェスでは「いちごあまかるぴすつき」という天月さんのイメージカラーである赤色をイメージしたいちごにカルピスというメニューを考案されていました。天月さんといえばコーラのイメージがあったので新鮮でした。

▼2018年のひきフェスでのメニュー「続・天月のコーラMarkIⅡ2nd弐号機改」

 

最近の配信ではコーラを開けて「プシュッ。シュワシュワシュワ」というコップに注ぐような音がして、天月さんがごくごくと飲んで「やっぱコーラはうまい!」のような始まりが多いです。

配信では天月さんがコーラを飲むと「またコーラw」「可愛い」などのコメントをよく見かけます。

リスナーは天月さんのコーラ好きを温かく見守っているように感じます。

 

③ 猫好き

 

天月さんは猫も飼っています。猫好きとしても有名です。

マンションで一人暮らしをしているそうですが、猫は2019年6月現在5匹飼っています。「はな」「むぎ」「ふうた」「める」「るぅ」という5匹の猫を天月さんは可愛がっています。

Twitterは1日1~2回程度、18~20時の間に更新することが多い天月さん。

愛猫の画像をツイートすることも多く、猫のツイートが続くと「猫bot」になってしまうと懸念することもあります。

ちなみにTwitterのフォロワー数は2019年6月現在で126万人を突破しています。

スポンサーリンク

 

④ いじめの経験

 

子供の頃から歌うことが好きだったという天月さん。

学生時代には、いじめに遭ったこともライブのMCなどで話されています。

東京のいじめられっ子だった天月さんがこうして大きな舞台に立つことができ「人生は何があるか分からない」という言葉を通じ、若者にエールを送っています。

 

⑤ 天体や星の曲

 

「天月」という名前の通り、天体や星をモチーフとした曲のレパートリーが多いのが特徴的です。

特にライブでも人気のある曲が「ホシアイ」です。イメージカラーは赤色で、ライブではリスナーのペンライトの色が赤一色となり、絶景を楽しむことができます。

 

 

歌い手の友人

 

歌い手の主な友人としては

After the Rainの「まふまふ」さん、「そらる」さん、

浦島坂田船の「うらたぬき」さん「となりの坂田。」さん。

シンガーソングライターの「佐香智久」さん

女性歌い手のパイオニア「96猫」さん

などが挙げられます。

天月さんは大手歌い手との絡みが多く、特にまふまふさん等とは実写動画をYouTubeに投稿してリスナーたちを楽しませています。

 

【筆者に聞いてみた】交友関係の楽しみ方

Q.(Webon編集部)Ayakaさんは天月さんの交友関係をどのように楽しんでいるのでしょうか?

A.(筆者 Ayaka)天月さんは特にまふまふさん、うらたぬきさん、となりの坂田。さんと仲がよく4人で実写動画を撮っています。その動画内で、天月さんは罰ゲームをすることがあります。Twitterでその動画が投稿され、動画を観終わったら天月さんの名前とアイコンが「エビアン(水)」であったり「大納言あずき(サーティーワンアイスクリーム)」に変わっていることがありました。これは「Twitterのアイコンと名前を24時間これに変える」という罰ゲームで、動画を見終わって天月さんのアイコンと名前が変わっていてすごく面白いなって思って楽しんでいました。

Twitterでは友人間でのリプもあるのですが、天月さんのリプはいつも気が利いていて、なかなか面白い人なのだなと思います。意外と毒舌な感じも人気があります。わざと友人に冷たいリプを送っていて(ネタでわざと冷たくしている)それがリスナーの間でも人気があります。特定の友人とTwitterで絡むということはなく、たまに楽しいリプ(ネタとか)を友人間で送りあっているという感じです。ただ個人的にはまふまふさんとの絡みがあると、ちょっと嬉しいなって思います(まふまふさんも好きなので)。

 

天月さんのファン

 

天月さんは歌い手の中では唯一、ファンクラブが存在します。

ファンクラブに入ると優先的にライブで前の方の席を確保できるので、そういった配慮なども有り難いです。顔写真の入っている会報も年に3回ほど送られてくるのも嬉しいです。

 

 

天月さんは大人や男性のファンも他の歌い手と比較すると多い方です。というのもやはり他の歌い手さんに比べてJ-POPのカバーをすることが多いので、広い層から受け入られやすいのだと思います。

子供が天月さんのファンで親も天月さんを聴くようになり、一緒に応援しているという親子のファンも天月さんは多くなっています。

 

なぜ天月さんにはリアコが多い?

 

また歌い手の中でも若いファンの中にはガチ恋、リアコ(本当に恋愛をしているという状態)の人も多いです。(ちなみに歌い手の中でもガチ恋のファンが多いことを「ファン層が厚い」と表現します。)

ガチ恋やリアコが多いのは、天月さんがイケメンだからだと思います。

もちろん他の歌い手さんもかっこいい方は多いのですが、天月さんの自撮りはいつもかっこよくて、見た目から好きになるという人も多いと思います。

また人柄もあると思います。優しい方ですし、まめな方なので、そういった部分から彼氏にしたいと思う女性は多いと思います。

歌声も人気の秘密です。天月さんの歌声は甘くて透明感があり、少年のようなハイトーンボイスで女性受けが抜群です。

まとめてみますと天月さんを好きになる女性ファンが多いのは、天月さんに以下のような魅力があるからだと思います。

  • 見た目は草食系のように柔和な雰囲気でイケメン
  • 優しそうな声でもちろん歌が上手
  • 話し方が可愛い
  • 気取っていない雰囲気
  • 友達も多くていつも楽しそうで明るい
  • ライブでステージに立つ姿はキラキラしていてかっこいい
  • テレビに出ることもある人気者

 

筆者が天月さんのファンになった理由

 

私が天月さんに惹かれたのは、Twitterに投稿されていた1枚の自撮りの画像が最初でした。イケメンで素敵で、こんなにかっこいい歌い手がいたのかと驚き、それから興味を持ち始めました。

Twitterで毎日更新されるツイートを見ていて、そのツイートの文面などが可愛い人だなって思いました。Twitterの内容も楽しくて、毎日を一生懸命に生きている明るい方なのだと思いました。

 

天月さんを知るうちに天月さんがいじめに遭っていたということも知りました。

私も中学生の頃に同じようにいじめに遭ったことがあり、それから人生観が変わったという経験もありました。天月さんもいじめがあってそれで人の痛みが分かる人となって、こんなにも優しい人になったのかな、と共感することが多くなりました。

天月さんの見た目や歌から入る人は多いと思います。友達に紹介されて歌を聴いて好きになるというきっかけが多いのかなと思います。

私は天月さんの素敵な見た目から入り、内面を知るうちに惹かれていき、最後に歌もいいなって思うようになりました。

今では天月さんの歌を毎日欠かさず聴く日々です。

 

以上、天月さんの紹介でした。

次の章では天月さんのおすすめの曲を紹介したいと思います。

『天月-あまつき-入門』目次へ  (全10ページ)

 

目次著者

著者:Ayaka

ボカロ・歌い手が好き。特に天月さん、まふまふさんのファン。天月さんの2018~2019年冬ツアーは9公演中4公演参加。2019年6月リリースの天月さんの新曲CDは18枚予約。30代以上の世代にもボカロや歌い手の素晴らしさを伝えたいと思っている。

お問い合わせはこちらから

邦楽ロックおすすめバンド23選 【ボーカロイド編】

Webon紹介目次著者
邦楽ロックが大好きな筆者が邦楽ロックの基礎知識やおすすめのバンドなどを解説!

邦楽ロック入門 ~近年注目のおすすめバンドを聴こう~はこちらから!

著者:寺井まさき

めまぐるしい人生を駆け抜けられたのは「邦楽ロック」に救われてから。その魅力を一人でも多くの人に伝えたい。あなたなりの感じ方で邦楽ロックを楽しみ、好きになってもらえたら嬉しいです!お問い合わせはこちらから

『邦楽ロック入門』目次へ  (全12ページ)

 

スポンサーリンク



 

この章(第2章)では4ページにわたって近年の邦楽ロックの魅力がわかるおすすめのバンド23選を【人気バンド】【ガールズバンド】【エモいバンド】【ボーカロイド】とジャンル別に分けて紹介しております。

このページでは邦楽ロックの近年注目のジャンルである「ボーカロイド」の概要ともに、ボーカロイド出身アーティストを紹介していきます。

 

ボーカロイドとは

 

ボーカロイドとは音楽関連製品を制作するメーカーYAMAHAが開発した音楽ソフトです。歌詞とメロディーをパソコンに入力し、歌声を作り出すことができます。今ではこの技術も含めて「ボーカロイド」と呼ばれます。

素人でも簡単に作曲できるのが特徴で、ボーカロイドは歌詞とメロディを入力すれば「初音ミク」などの「擬人化したキャラクター」に簡単に歌わすことができます。現在、ニコニコ動画やYouTubeで様々な楽曲が投稿されています。

 

▼ボーカロイドで作られた楽曲:初音ミク『千本桜』

ボーカロイドが世間に認知されたのは、2007年に「VOCALOID2 初音ミク」が登場したのがきっかけです。

 

▼「VOCALOID2 初音ミク」

 

それ以前もボーカロイドの技術はありましたが「VOCALOID2 初音ミク」はソフトに「初音ミク」という女性の名前をつけてキャラクター化したことが画期的でした。初音ミクはニコニコ動画でブレイクを果たし、たくさんの動画が投稿されて一大ムーブメントを起こしました。

その後は「巡音ルカ(めぐりね るか)」「結月ゆかり(ゆづき ゆかり)」など初音ミク以外にも多くの人気ボーカロイドが誕生していきました。

 

▼巡音ルカの楽曲『ダブルラリアット』

▼結月ゆかりの楽曲『幸せになれる隠しコマンドがあるらしい』

 

ボーカロイドの製作者は「ボカロP」と呼ばれています。ボーカロイドが市民権を獲得するに伴い、ボカロPが邦楽ロック界に進出するケースが近年増えているのです。

 

ボーカロイド出身アーティストの活躍

 

ボーカロイド出身アーティストで代表的な例が「米津玄師」です。

 

▼米津玄師

彼は元々「ハチ」という名義でニコニコ動画の界隈では有名な楽曲製作者でした。

 

▼「ハチ」名義の楽曲「マトリョシカ」(2010年8月投稿)

 

ハチ名義で活動していた彼は、2012年に「米津玄師」名義でアルバムを発表しました。

 

▼2012年「米津玄師」名義で最初にリリースされたアルバム「diorama」に収録された曲。『ゴーゴー幽霊船』MV

 

そこから米津玄師はどんどん知名度を獲得していきました。現在では国民的音楽番組『紅白歌合戦』に出場を果たし『Lemon』のPVが日本初となるYouTubeの再生回数3億回以上となるなど、今ではボカロ界だけでなく日本全体に彼の存在が知れ渡るほど有名になりました。

 

近年は米津玄師以外にもボカロ界から邦楽ロックへと多くのアーティストが進出しております。ちなみに日本を代表する邦楽ロックバンド、BUMP OF CHICKENが、これまたボカロを代表するキャラクター「初音ミク」とコラボした楽曲、『ray』は発表された当時、大きな話題となりました。

 

▼BUMP OF CHICKEN『ray』MV

 

今後さらに多くのボカロ出身者が邦楽ロックに進出することが予想され、ボカロ界の発展とともに邦楽ロック界もさらに新たな展開を見せていくことでしょう。

スポンサーリンク

 

ボーカロイド出身バンド

 

下記ではボーカロイド出身アーティストによるバンドを紹介いたします。

 

20 ヒトリエ

▲ヒトリエ『センスレス・ワンダー』MV

バンド名 ヒトリエ
結成年 2012年
メンバー wowaka(ボーカル/ギター)
シノダ(ギター/コーラス)
イガラシ(ベース)
ゆーまお(ドラムス)
備考 2011年冬にwowakaを中心にヒトリエの前身「ひとりアトリエ」を結成。 20シノダが2012年に加入し「ヒトリエ」となる。

 

ボーカロイド出身のアーティストとしてwowaka(ボカロ名義では現実逃避P)は有名です。wowakaはヒトリエというバンドのボーカル・ギターとして活動しています。

 

▼wowakaの楽曲

 

21 サイダーガール

▲サイダーガール『メランコリー』MV

バンド名 サイダーガール
結成年 2014年
メンバー Yurin(ボーカル/ギター)
知(ギター)
フジムラ(ベース)
備考 メディアでは一切顔を出さず、ライブ会場でのみ本人たちの姿を見られることもあり「炭酸系バンド」として話題になる。全国ツアーは全国各地でSOLD OUTとなっている。

 

サイダーガールというバンドもボカロや歌い手(ニコニコ動画を代表するSNSサイトに歌声を投稿する人)出身で構成されています。

 

22 PENGUIN RESEARCH(ペンギンリサーチ)

▲PENGUIN RESEARCH『ジョーカーに宜しく』

バンド名 PENGUIN RESEARCH(ペンギンリサーチ)
結成年 2015年
メンバー 生田鷹司(ボーカル)
堀江晶太(ベース)
神田ジョン(ギター)
新保恵大(ドラムス)
柴﨑洋輔(キーボード)
備考 2016年『ジョーカーに宜しく』でメジャーデビュー。『ボタン』はアニメ「ReLIFE」のオープニングになる。

 

PENGUIN RESEARCHは2015年結成の5人組のロックバンド。同バンドのベースであり作曲家である堀江晶太はボカロP・kemuの名義でも活動している。kemu名義でニコニコ動画に投稿した9曲が100万再生を突破しています。

 

23 ネクライトーキー

▲ネクライトーキー『オシャレ大作戦』

バンド名 ネクライトーキー
結成年 2017年
メンバー もっさ(ボーカル/ギター)
朝日廉(ギター)
藤田彩(ベース)
カズマ・タケイ(ドラマー)
備考 ボーカルのもっさの声が「ハム太郎に似ている」として話題になる。『オシャレ大作戦』はYouTubeで再生数200万回を突破している。

 

ネクライトーキーは2017年に結成のロックバンドです。ギターの朝日廉は同バンドの作詞作曲を担当しており、ボカロP「石風呂」として活動していました。

 

▼石風呂『壊れぬハートが欲しいのだ』

 

前ページで紹介した【エモいバンド】や【ボーカロイド】など邦楽ロックで話題のジャンルはたくさんあります。

ネットなどでは「こんなの、ロックではない!」など騒がれることもしばしばですが、前述したように定義は人それぞれで違ってよいと私は思います。

あなたもジャンルに囚われず、様々な曲を聴くことで気になるジャンルを発見することに繋がるはずです。

ぜひ枠に囚われない、自由な聴き方や楽しみ方をおすすめします。

『邦楽ロック入門』目次へ  (全12ページ)

 

スポンサーリンク



 

目次著者