おわりに ~いつ着始めるか着納めにするかはただの選択肢にすぎない~

Webon紹介目次著者

20年以上ロリータファッションを愛し続けた筆者がロリータファッションの基礎知識とリアル過ぎるロリータ事情を語ります!これからロリータを着る人必読!現実とのバランスのとり方も含めてロリータについてまるっと学べるロリータ入門の決定版!

ロリータファッション入門 ~現実世界とのバランスを考えた楽しみ方~(全22ページ)はこちらから!

著者:佐藤遊佳(さとう ゆうか)

高校卒業と同時にロリータファッションに目覚め、以来13年間私服ではずっとロリータ服やゴシック&ロリータ服を着続ける。鍼灸師として患者さんを診るかたわら、ロリータファッションの服飾小物、アクセサリーの個人作家として活動。現在は結婚し地元で鍼灸院を開業し、執筆活動もしている。

お問い合わせはこちらから

 

『ロリータファッション入門』目次へ  (全22ページ)

 

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

最後に「ロリータはいつから着始めるかいつ着納めにするのかはただの選択肢にすぎない」ということをお伝えいたします。

 

スポンサーリンク

いつまでも着続けることはエラいことなのか

 

執筆をするにあたり、長年感じていた疑問がずっと根底にありました。

いつまでもロリータ服を着続けることはエラいことなの?

逆に、ロリータ服を着なくなったら「大人になった」ってことなの?

ロリータ服を着なくなった人のことを着続けている人が悪く言うことがあります。

「一生着るって言ってたくせに、やっぱりニワカだったんだね。あの人は真の愛好家じゃないんだよ」「着るのやめる人ってしょせんそこまでの人」「今着てない人が今着ている人たちのことをとやかく言う資格なんてない」などなど。

それとは逆に、ずっと着ている人のことを着なくなった人がバカにすることもあります。

「あの人もう30歳後半なのにまだロリータやめてないんだよ」「いいかげん年相応の恰好しないと浮くよね」「似合わなくなったら着なければいいのに」。

これが、ずっと引っ掛かっていました。

ロリータ服に年齢制限はありません。いつ着始めるのかと同様、いつ着るのをやめるのかも自由です。

ロリータ服を着なくなること=負けでは決してないですし、ロリータ服を着続けること=子供っぽいというわけでもありません。

私は自分で着なくなりましたが、友人が今もロリータファッションを着ているのを見るととても可愛くて嬉しくなりますし、ずっと着ている人のことを尊敬しています。

前述してきましたが、生活スタイルや環境が変わり、自分の考え方も変化します。

20代の頃の私なら、付き合っていた彼氏が「その服恥ずかしいから着るのやめて」と言ってきたら、「服を着る方を取るからあなたとは別れます。」と即答していたと思います。

それはその当時の私にとって、ロリータファッションが一番大切だったからです。

今主人に「ロリータ服なんて着てたら近所を歩けないから、やめてくれ」と言われたら従うと思いますし、主人も自分と一緒の時でなければ私の服装は自由にしていいと言ってくれます。大切なものが増えたので、パートナーとお互いの大切なものを尊重して折り合いをつけるようになりました。

スポンサーリンク

 

服装を選ぶ選択肢は自由

 

リボンにレース、花柄、お姫様のような美しいドレス。そんな絵本や写真集、ロリータ服のカタログや過去の雑誌など、私は今でも見るのが大好きです。

ネット上で可愛いロリータさんを見るとテンションが上がりますし、全国各地の友人の着こなしを見てニコニコしています。

着なくなった今でもロリータファッションが好きであることに変わりはないんですね。

着続けること、着なくなること、それはただの選択肢にすぎません。

どちらがエラいとか、勝ち負けのあるものではないのです。

 

ロリータ服は生地が多くて服が重いし、肩がこるし動きづらい。今の私ではもうフル装備する体力も気力もないかもしれません…。

それでもどうしても着たい衝動が起きたら、きっと都内までの旅費と宿泊先を確保して飛び出してしまうと思います。

初めてロリータ服を着た時の感動のままに突っ走る私が想像できて、ちょっと怖いです。

でも、今は着ません。それが私の選択です。

 

国内でも国外でも、「好き」の気持ちは永遠に!

 

このWebonを執筆している今、平成は残すところ2週間を切りました。ロリータファッションの流行とともに平成も終わろうとしています。

ロリータ服を一番着ていた世代の年齢層が上がり、服を取り巻く市場も変化し、ロリータファッションにとってちょっと肩身が狭い時代であることは事実です。

それでも一定の人数が着続ける、そして国内外問わず新たなファンがうまれ続けることでしょう。

私は今までのように自らが着てロリータファッションが好きというアピールをすることは無くなりましたが、着ることとは違った形でも「好き」の気持ちを持ち続けたいと思います。

このWebonを書くこともロリータへの愛がなくてはできませんでした。

これからロリータファッションを着ようとしている方、今着ている方、そしてご家族の方へ…ちょっと個性的なファッションですが、着ても着なくても、ロリータファッションが好き!という気持ちは止められません。

どういう形で表現していくのか、考えて行動に移してみて下さい。自分以外との意見の交換を忘れずに!

そしてかつてロリータファッションを着ていた方へ。お疲れ様でした。

これからまた着る機会があるかもしれませんし、もう着ないかもしれませんが、ロリータファッションからもらった情熱と愛、「好き」をこれからも大切にしていきましょう!

もう一度はじめから読む(目次へ)

『ロリータファッション入門』目次へ  (全22ページ)

 

目次著者

著者:佐藤遊佳(さとう ゆうか)

高校卒業と同時にロリータファッションに目覚め、以来13年間私服ではずっとロリータ服やゴシック&ロリータ服を着続ける。鍼灸師として患者さんを診るかたわら、ロリータファッションの服飾小物、アクセサリーの個人作家として活動。現在は結婚し地元で鍼灸院を開業し、執筆活動もしている。

お問い合わせはこちらから