こうして私はロリータファッションの虜になった

Webon紹介目次著者

20年以上ロリータファッションを愛し続けた筆者がロリータファッションの基礎知識とリアル過ぎるロリータ事情を語ります!これからロリータを着る人必読!現実とのバランスのとり方も含めてロリータについてまるっと学べるロリータ入門の決定版!

ロリータファッション入門 ~現実世界とのバランスを考えた楽しみ方~(全22ページ)はこちらから!

著者:佐藤遊佳(さとう ゆうか)

高校卒業と同時にロリータファッションに目覚め、以来13年間私服ではずっとロリータ服やゴシック&ロリータ服を着続ける。鍼灸師として患者さんを診るかたわら、ロリータファッションの服飾小物、アクセサリーの個人作家として活動。現在は結婚し地元で鍼灸院を開業し、執筆活動もしている。

お問い合わせはこちらから

 

『ロリータファッション入門』目次へ  (全22ページ)

 

この章では5ページにわたってロリータファッションの6つの魅力についてお伝えします

このページでは私の体験談を通してロリータファッションの魅力を知っていただければと思います。

 

スポンサーリンク

私が虜になったロリータファッションの魅力


photo by Mooshuu CC BY-SA 2.0

 

ロリータファッションを着たいと思う方はたいてい「世間体」と「費用」のふたつに悩まされます。ただ

『誰に反対されても「自分が着たい服」を着ることの楽しさ』

『お金を貯めて、初めてロリータ服を購入して着る時の感動』

の2点はロリータファッションの魅力的なところです。

私がロリータファッションの虜になったのも、この2つの魅力に惹かれたからです。

 

 

まるでお人形のようなドレスに、凝った髪型。

鞄も靴も、アクセサリーも、一般的な普通の服からかけ離れたファッション。

私はロリータファッションの可愛さに衝撃を受け、そして親の意見に反発しても、自分が可愛いと思うロリータファッションを着ていました。自分が着たいロリータ服を着ると自分のことが大好きになれました。

 

見たことがない可愛さに衝撃を受けた

 

私が生まれて初めてロリータファッションを見たのは「ゴシック&ロリータバイブル(ゴスロリバイブル)」というロリータ(ゴシック&ロリータ)専門雑誌でした。

▼「ゴシック&ロリータバイブル(ゴスロリバイブル)」

 

お小遣いをもらったこともバイト経験もなく、おしゃれや化粧と無縁で過ごした田舎の高校生だった私にとって、その雑誌のファッションはものすごい衝撃だったことを今もはっきり覚えています。

大都市ならロリータ服を着た人を見ることも出来たかもしれません。

でも、私の地元にそんな服を着ている人は一人もいませんでした。

当時の流行はギャル系で、安室ちゃん全盛期。

 

ギャル系の流行

1995年~1996年にかけて安室奈美恵のファッションをまねる「アムラー」が流行する。ファッションの特徴はミニスカート・厚底ブーツ・ロングヘア・茶髪・極端な細眉・浅黒い肌が特徴。

▼1995年リリースされたの安室奈美恵のCDのジャケット

スポンサーリンク

 

ギャル系にはまったく興味のなかった私ですが、ロリータ服を見た瞬間、自分の中でおしゃれへのタガが外れたのです。

この可愛すぎる服は一体何なんだ!?

 

 

しかも着ている人、どうやら男性もいるらしい。

可愛い、かっこいいという基準を前に、年齢や性別はすべてどうでもいいことになっている…こんな自由な服は今まで見たことない!

後で知ったことなのですが、ロリータファッションはその当時徐々にブームが起こっており「ゴスロリバイブル」はその先駆けとなった専門ファッション雑誌だったのです。

 

可愛い。とにかく可愛い。

服だけでなく、その服を着ているモデルさんの髪形や化粧まですべてが完璧に可愛いのです。

現実離れした服はまるで何かの「衣装」のようでしたが、よく見るとファッションスナップは普通の街頭で行われています。

「ここまで過剰で派手な服でも、着て外を歩いていいんだ!」ということに驚きました。

 

可愛い服を着た自分のことを大好きになれた!

 

大学に入った私は一人暮らしを始め、仕送りで爪に火を点す様な生活をして、まずは、一般的なロリータ服に比べてフリルやレースの比率が少なく、色も黒一色の服を買いました。

▼黒一色のロリータ服のイメージ

 

理由は簡単、いきなりピンクや水色の可愛いロリータ服を着る度胸がなかったからです。

シックな黒一色のコルセットとスカートは、それでも「世間一般」からは悪目立ちするデザインでしたが、手に入れた喜びのあまり試着室からそのまま着て帰りました。

 

私は高校卒業まで親が買ってくる服をそのまま着ていただけでした。

私の親は女の子らしいピンクや赤が嫌いで、フリルやリボンも極力排除。買って来るのはコンサバ上等、絵にかいたようなシンプル服ばかりです。(※コンサバ・・・保守的なファッション)

特にスカートは制服以外一着も持っていませんでした。

ところが、親の意見に反発してでも着たいと思った服、それがロリータファッションだったのです。

 

 

ロリータ服を見た瞬間「自分が着たかった服はコレだー!」と確信しました。

親の意見はまっとうです。

色黒で出っ歯、女の子として容姿が決してよくない私には、シンプルな男の子のような服が一番だと思って着せてくれてたのでしょう。

化粧もせず、ショートカットの真っ黒な地毛、顔面偏差値がボーダー以下。

そんな私がいきなりロリータ服を着ても似合うわけがありません。

まともな親なら止めます。

ところが私の気持ちは、もはやロリータファッション一直線でした。

 

親に言われるがままの服を着て無難に過ごすより、似合わなくてもいいから自分が好きな服を着たい。自分が可愛いと思う服を着ている間は自分のことを大好きでいられたのです。

今考えたらかなり乱暴ですが、化粧もせず髪型も気にせず、お金が足りなくて小物も揃えられず、それでもロリータ服を着ている自分のことを

「私って世界一可愛い。超イケてる」

と信じ込んでいました。

バカです。

でも、それでよかったのだと思います。

ロリータファッションを着ている間は、自分のことをとっても大切にできましたから。

 

ロリータファッションには、誰に反対されても自分が着たい服を着ることの楽しさや、お金を貯めてロリータ服を購入して着る時の感動があります。私の体験談を通してそのイメージが伝わっていれば嬉しいです。

次のページではロリータファッションの「引き算がない」ことによる魅力をお伝えします。

『ロリータファッション入門』目次へ  (全22ページ)

 

目次著者

著者:佐藤遊佳(さとう ゆうか)

高校卒業と同時にロリータファッションに目覚め、以来13年間私服ではずっとロリータ服やゴシック&ロリータ服を着続ける。鍼灸師として患者さんを診るかたわら、ロリータファッションの服飾小物、アクセサリーの個人作家として活動。現在は結婚し地元で鍼灸院を開業し、執筆活動もしている。

お問い合わせはこちらから