ロリータファッションには【服を作る楽しさ】がある

Webon紹介目次著者

20年以上ロリータファッションを愛し続けた筆者がロリータファッションの基礎知識とリアル過ぎるロリータ事情を語ります!これからロリータを着る人必読!現実とのバランスのとり方も含めてロリータについてまるっと学べるロリータ入門の決定版!

ロリータファッション入門 ~現実世界とのバランスを考えた楽しみ方~(全22ページ)はこちらから!

著者:佐藤遊佳(さとう ゆうか)

高校卒業と同時にロリータファッションに目覚め、以来13年間私服ではずっとロリータ服やゴシック&ロリータ服を着続ける。鍼灸師として患者さんを診るかたわら、ロリータファッションの服飾小物、アクセサリーの個人作家として活動。現在は結婚し地元で鍼灸院を開業し、執筆活動もしている。

お問い合わせはこちらから

 

『ロリータファッション入門』目次へ  (全22ページ)

 

この章では5ページにわたってロリータファッションの魅力についてお伝えしております。

このページではロリータファッションの魅力である「売っていないなら作ればいい、という楽しさ」についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

売っていないなら作ればいい、という楽しさ

 

前ページでご紹介したロリータファッションの雑誌には、多くの場合「手作りの仕方をレクチャーする」ページが掲載されていました。多くの雑誌に型紙が付属していました。

「着たい服が売っていないから、自分で作っちゃおう!」という発想です。

この辺の自由さもロリータファッションの魅力で、ブランド側だけでなく消費者側が作っていくストリートファッションならではでしょう。(※ロリータファッションがストリートファッションとして誕生した経緯は前ページで解説。)

 

【筆者に聞きました!】ロリータファッションは服を作る人が多い理由

Q.(Webon編集部)ロリータファッションは、他のファッションに比べて際立って服を作る人が多い気がするのはなぜでしょうか?

A.(筆者 佐藤)答えはふたつあります。まずロリータ服の値段が高くて買えないということ。そしてもうひとつは自分の好みを追求したいファッション的な性質からです。ロリータ服を好む多くの人は美的感覚や個性が強く、既製品は自分の完璧な理想ではないため、手を加えたりいちから作ったりすることが多いようです。

 

ロリータファッションは服本体と同様、頭にのせる飾り・鞄・靴・アクセサリーがものすごく大切です。

鞄や靴は厳しくても、布小物は手作りしている人がたくさん居ました。

実は私自身がロリータ小物とアクセサリーの個人製作作家をしていたこともあります。

最初は自分のためだけに欲しい物を作っていました。

▼筆者手作りの洋服

 

上記画像のように、仲のいい友人とお揃いの生地から揃えて洋服を手作りし、双子をする(=同じようなデザインで服を揃えること)こともありました。

こんなものが欲しいと思って自由に創作するのもとても楽しい魅力だったのです。

▼筆者自作の帽子

スポンサーリンク

 

頭に大きなショートケーキの帽子をのせたいという願望に憑りつかれた時は、毛糸でケーキを編んで自作しました。

結局これが大きな転機となり、当時新宿にあった「すみれの天窓」という喫茶店での合同展に参加し、ロリータ小物をお客様のために制作するようになりました。

▼「すみれの天窓」の合同展の様子

 

壁に描かれている落書きは「シザーハンズ」「アリスインワンダーランド」などで有名な映画監督ティム・バートン氏のもの。ティム氏はゴシック&ロリータが大好きで、喫茶店経営者(黒色すみれ)のファンであり、日本に訪れた際にプライベートで遊びに来て壁に落書きしたそうです。

 

黒色すみれ

ゴシック&ロリータの世界観を大切にしている、バイオリンとアコーディオンのユニットアーティストである。ティムバートン監督やジョニーデップが来日した際も演奏したり個人的に交友関係がある。ゴシック&ロリータ界の有名なアーティスト。(黒色すみれ公式サイト

ティム・バートン


By Gage Skidmore, CC 表示-継承 3.0, Link 

ダークファンタジーの名手と称される。第63回カンヌ国際映画祭で審査委員長も務める。『バットマン』『シザーハンズ』『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズなどの作品を手がける。

 

この時、個人作家の大先輩や素晴らしい少女画を描く画家の方、写真家の方などと合同展示をさせて頂きました。

ロリータファッションは「好きなものが共通する人たち」が、有名・無名関係なく交叉(こうさ)していくことにも大きな魅力があります。

年齢や性別、職業や肩書を超えた友情と熱意で、友達の輪を広げていけるのです。

 

次のページでは引き続きロリータファッションの魅力をお伝えします。ロリータファッションはファッションの域を越えた魅力があるのです。

『ロリータファッション入門』目次へ  (全22ページ)

 

目次著者

著者:佐藤遊佳(さとう ゆうか)

高校卒業と同時にロリータファッションに目覚め、以来13年間私服ではずっとロリータ服やゴシック&ロリータ服を着続ける。鍼灸師として患者さんを診るかたわら、ロリータファッションの服飾小物、アクセサリーの個人作家として活動。現在は結婚し地元で鍼灸院を開業し、執筆活動もしている。

お問い合わせはこちらから