はじめに ~ロリータファッションを着ようと思っている方へ~

Webon紹介目次著者

20年以上ロリータファッションを愛し続けた筆者がロリータファッションの基礎知識とリアル過ぎるロリータ事情を語ります!これからロリータを着る人必読!現実とのバランスのとり方も含めてロリータについてまるっと学べるロリータ入門の決定版!

ロリータファッション入門 ~現実世界とのバランスを考えた楽しみ方~(全22ページ)はこちらから!

著者:佐藤遊佳(さとう ゆうか)

高校卒業と同時にロリータファッションに目覚め、以来13年間私服ではずっとロリータ服やゴシック&ロリータ服を着続ける。鍼灸師として患者さんを診るかたわら、ロリータファッションの服飾小物、アクセサリーの個人作家として活動。現在は結婚し地元で鍼灸院を開業し、執筆活動もしている。

お問い合わせはこちらから

前ページ(目次へ)
 Webon(ウェボン) 
Webon(ウェボン)
このページを読む

『ロリータファッション入門』目次へ  (全22ページ)

 

スポンサーリンク

はじめに


By Flickr user Danny Choo (at right on original image, site owner of CultureJapan.jp(dannychoo.com)) – Cropped from リンク, CC 表示-継承 2.0, Link 

 

フリルやレースのたくさんついた、現実離れしたお洋服。今着ている方もこれから着てみたい方も、その服が好きな人にとっては抗えない魅力的なファッション、それが「ロリータファッション」です。

人によってはそれがゴシックだったり、ゴシック&ロリータだったりするかもしれませんが「とにかくその服が着たい!」という熱意に変わりはないでしょう。

※ロリータ・ゴシック・ゴシック&ロリータの違いは第3章で解説!

ただ、ロリータファッションは普通のファッションとは違い、着始めることも着続けることも非常に難しいジャンルなので、日常生活とのバランスをどう取るのかが重要となってきます。

 

みなさん、初めまして。このWebonを書いている佐藤と申します。

高校卒業と同時にロリータファッションに目覚め、以来13年間という短い間でしたが、私服ではずっとロリータ服やゴシック&ロリータ服を着続けていました。

ロリータファッションは青春そのもの。あの当時の熱意とテンションの高さは今考えても胸が熱くなります。

そう、過去形です。私は家族を養うこと、結婚することといった社会の通過儀礼を通して、ロリータファッションを着ない選択をした人間だからです。

 

 

誰にも負けないほどロリータ服を愛していましたし、今でも可愛いものは大好きです。

でも「今すぐロリータ服をもう一度着たいか?」と言われたら、そういう気持ちにはなりません。

「一生ロリータ服を着て生きてくの!」と断言していた頃、その気持ちに嘘はありませんでした。だからといって、着ていない今が不幸かというと、決してそんなことはありません。

 

人の気持ちは変わるものです。

人生の選択をしていけば、環境や気持ちが変わることは当然あり得ます。

80歳を過ぎてからもう一度ロリータ服が着たくなるかもしれません。

ただ、ひとつ言えることはロリータファッションを着たまま「大人」になるのは非常に難しいということです。

 

 

このWebonでは、ロリータファッションが日本でどういう立ち位置を駆け抜けて来たか、着こなしや定番スタイル、そして「ちょっとでも楽にロリータファッションを着ていくコツ」を私なりにご紹介いたします。

また、「これからロリータファッションを着たいと思っている方、今現在着ている方へ」から「近しい人がロリータファッションを着始めて戸惑っている方へ」といった内容まで、お伝えしていきますのでどうぞ最後までお読みいただければと思います。

スポンサーリンク

 

伝えたいこと

着たいと思っている方・今現在着ている方へ

 

これからロリータファッションを着たいと思っている方、今現在着ている方にお伝えしたいことがございます。

 

お読みになって下さっているのは、日本の方でしょうか。

もしかして海外の方でしょうか?

このWebonを書いている平成最後の時代、日本国内のロリータファッションは「流行」を終えています(もちろん再燃する可能性もありますが)。

 

それでも「ロリータファッション、ゴシック&ロリータファッションを着たい!」と思って下さって、どうもありがとうございます。

私があんなに大好きだったお洋服を、これから着たいと思って下さる方が居る。深い感謝と幸せを感じます。

 

ただ、ロリータ服が良くも悪くも目立つのは事実です。

服をそろえるのにお金が掛かります。ファストファッションに比べたらバカみたいにお金が掛かります。

同じ言動でも厳しく見られがちです。

ちょっとでも反社会的な行動をとると「あんな変な服着てるから当然だ」と、愛するロリータファッションごと批判されます。

 

 

それから、お父さんお母さんに心配されるかもしれませんし、彼氏(もしくは彼女)がドン引きしてあなたの元から去るかもしれません。

ロリータファッションに恋してしまえば、それらすべてはささいなことでしょう。

それでもこのWebonが、少しでも周囲とあなたとのクッションになればいいなと願います。

 

近しい人が着始めて戸惑っている方へ

 

近しい人がロリータファッションを着始めて戸惑っている方にお伝えしたいことがございます。

 

急に娘がピンクのお姫様みたいな服を着始めたり、髪の毛を真っ金髪に染めてみたり、ホラー映画の女優みたいなメイクで真っ黒なドレスを着始めたら…驚くのは当然です。

もしかしたら息子さんがユニセックスすぎる恰好をして驚愕したご家族の方も居るかもしれません。恋人の少女趣味に耐えられない男性も居るでしょう。

 

私には、無責任に「大丈夫ですよー」とは言えません。

何が普通か、何が大丈夫かは人それぞれ。

大丈夫かどうかを決めるのは本人次第です。

ただひとつ言えることは、着ている本人にとって、そのお洋服が世界一可愛くてイケてるものだということです。

 

理解や納得をしろとは言いません。

ですが、頭ごなしに否定はしないで下さい。

たかが服ですが、限定仕様のお洋服に何万円もかけることが、将来に備えて貯金するよりもよっぽど大切な瞬間だってあるのです。

 

ゆっくり時間を掛けて、話し合ってみて下さい。

ロリータ服を着ている人と周囲の人の関係性は、お互いの気持ちを素直に話し合うことで、より良い選択肢が必ず見つかります(例えそれが決別であったとしても)。

 

 

このWebonではただ単に「ロリータファッションを可愛く着こなす♡」ということだけではなく、現実世界でバランスよく着ていくことをお伝えしていきます。

第1章ではまずは、ロリータファッションの魅力についてお伝えします。

Back(目次へ)
 Webon(ウェボン) 
Webon(ウェボン)
このページを読む

『ロリータファッション入門』目次へ  (全22ページ)

 

目次著者

著者:佐藤遊佳(さとう ゆうか)

高校卒業と同時にロリータファッションに目覚め、以来13年間私服ではずっとロリータ服やゴシック&ロリータ服を着続ける。鍼灸師として患者さんを診るかたわら、ロリータファッションの服飾小物、アクセサリーの個人作家として活動。現在は結婚し地元で鍼灸院を開業し、執筆活動もしている。

お問い合わせはこちらから