ロリータを理解する ~年齢を重ねたロリータ/男性ロリータ~

Webon紹介目次著者

20年以上ロリータファッションを愛し続けた筆者がロリータファッションの基礎知識とリアル過ぎるロリータ事情を語ります!これからロリータを着る人必読!現実とのバランスのとり方も含めてロリータについてまるっと学べるロリータ入門の決定版!

ロリータファッション入門 ~現実世界とのバランスを考えた楽しみ方~(全22ページ)はこちらから!

著者:佐藤遊佳(さとう ゆうか)

高校卒業と同時にロリータファッションに目覚め、以来13年間私服ではずっとロリータ服やゴシック&ロリータ服を着続ける。鍼灸師として患者さんを診るかたわら、ロリータファッションの服飾小物、アクセサリーの個人作家として活動。現在は結婚し地元で鍼灸院を開業し、執筆活動もしている。

お問い合わせはこちらから

 

『ロリータファッション入門』目次へ  (全22ページ)

 

ここまでロリータファッションの魅力などについてお伝えしてきましたが「やっぱりロリータの気持ちは理解できない!」という方もいるかと思います。

あなたのお子さん、ご家族、パートナーがある日突然ロリータファッションを着始めたら、やはり戸惑ってしまうかもしれません。

この章ではロリータファッションのリアルな事情や考え方を紹介いたします。ロリータファッションへの理解を深めていただければと思います。

このページでは「年齢を重ねたロリータの方」「男性のロリータの方」についてお伝えします。ロリータは年齢や性別を超越したファッションなのです。

 

スポンサーリンク

【年齢を重ねたロリータの方】を理解する

「いい年してそんな格好して」という意見はあるけど

 

ロリータ服のモチーフは少女らしい可愛さに溢れているため、子供服と共通した装飾や色が多くなります。このため、年齢を重ねた方が着ていることに違和感を感じ、色々と意見してくる人も多いのです。

「若ければともかく、いい年してそんな恰好して」

と悪く言われることもあります。

ハッキリ言ってロリータファッションに年齢は関係ありません。

ピンクやフリルの多いミニスカート丈のロリータ服を、いくつになって着てもそれは自由なのです。その人が「何のために着ているか」によると思います。

「可愛い!」という気持ちで自分のためだけに着ている分には、いくつになっても着ていいですし、年齢制限なんてありません。

着なくなる多くの人は、自分なりの美的なこだわりがあって、自分がその理想から外れていくと着るのをやめるようです。

 

年齢とともにジャンルを移行する方が多い


By Flickr user Danny Choo (at right on original image, site owner of CultureJapan.jp(dannychoo.com)) – Cropped from https://www.flickr.com/photos/dannychoo/8032476629/, CC 表示-継承 2.0, Link 

▲1983年生まれ(30代)のロリータ青木美沙子さん

 

ロリータさんは年齢を重ねるとロリータ服のジャンルを移行していく方が多いです。

20代のうちは可愛らしさ全開のミニ丈の甘ロリ(=ピンクや水色を強調したロリータ)を、30代・40代になるうちに装飾やモチーフが落ち着いたロング丈のエレガントロリータやクラシカルロリータ(=大人っぽい雰囲気のロリータ)を着るようになります。

 

 

それは、ロリータ服が自己表現であることと関係しています。

私は「こんな風に」可愛いものが大好きなんです!という表現をしているのに、自分が年齢を重ねていくと、自分の頭の中の「理想の可愛い少女像」と現実の姿にズレが生じます。

特にロリータファッションが好きな方は美意識が高く、独自のこだわりを持っている人が多いですから、その美的な水準を保てなくなるとファッションの方向性も緩やかにシフトします。

このページの続きを閲覧するにはログインが必要です。 or 新規会員登録(税抜300円で読み放題!)