ロリータファッションの【引き算がない魅力】とはどういうこと?

Webon紹介目次著者

20年以上ロリータファッションを愛し続けた筆者がロリータファッションの基礎知識とリアル過ぎるロリータ事情を語ります!これからロリータを着る人必読!現実とのバランスのとり方も含めてロリータについてまるっと学べるロリータ入門の決定版!

ロリータファッション入門 ~現実世界とのバランスを考えた楽しみ方~(全22ページ)はこちらから!

著者:佐藤遊佳(さとう ゆうか)

高校卒業と同時にロリータファッションに目覚め、以来13年間私服ではずっとロリータ服やゴシック&ロリータ服を着続ける。鍼灸師として患者さんを診るかたわら、ロリータファッションの服飾小物、アクセサリーの個人作家として活動。現在は結婚し地元で鍼灸院を開業し、執筆活動もしている。

お問い合わせはこちらから

 

『ロリータファッション入門』目次へ  (全22ページ)

 

この章では5ページにわたってロリータファッションの魅力についてお伝えしております。

ロリータファッションは「引き算がない」からこその特別なかわいさが魅力です。ただ、この引き算がないことの強烈な魅力は同時に欠点でもあります。

このページはロリータファッションの「引き算がない」ことの魅力と、その弊害についても合わせてお伝えします。現実世界とのバランスを考えて着ることも大切なことです。

 

スポンサーリンク

「引き算がない」ことが魅力


By Gabu-chan from San Francisco – Nana Kitade, CC 表示 2.0, Link 

引き算とは

 

引き算とは「ファッション全体のバランスを考えて、過剰な装飾を省いていく」ということを意味します。

ロリータファッションは、他人視点から見て許容範囲に収まるバランスの計算はせず、自分が可愛いと思う要素をこれでもかと足していくことができます。

 

 

多くの女性は大人になるにつれ子供っぽい装飾を引き算していきます。ピンクが大好きだからって全身ピンクにしたりしませんし、リボンが好きだからって10個も20個もつけたりしないのです。

Tシャツの色だけ鮮やかなピンクにして他の服は暗めの色でバランスを取ったり、リボンは携帯ケースや財布だけで我慢したり、そういう配慮をします。

 

引き算がないことの欠点と魅力

 

引き算がないことは、ストリートファッションから生まれたロリータの強みであり、他者から誤解されやすい欠点にもなっています。

 

ストリートファッション

ファッションデザイナーやアパレル企業などが生み出すファッションではなく、ストリートの若者たちから自然発生的に生まれたファッションのこと。

※ストリートファッションとして誕生した経緯は次のページで解説

 

「人を外見で判断するな」とは言うものの…やはり、あまりに派手な恰好は社会人として微妙な扱いを受ける可能性があるのは事実です。

家族に、ご近所さんに、上司に、同僚に、異性にどう見られるか(どうせなら皆に好かれたいし、なんならモテたい)。他人との摩擦を避けるため、私たちは無意識に「他人にどう見られるか」を考えるようになります。

ところがロリータ服には引き算がありませんから、好きなものは圧倒的な熱意をもって全て盛り込もうとします。

 

 

ロリータファッションではピンクが好きなら服どころか髪の毛までホットピンクに染めちゃう。

ネイル、まつ毛、靴紐や今日のハンカチまで全身ピンクでコーディネート。リボンは頭に大きなものをつけるもよし、小さなものを30個つけるもよし。

自分が好きなものを好きなだけ追求するので、他人にどう見られるかなんてお構いなしです。フリル・レース・ピンタック・花柄・リボン・お菓子・ぬいぐるみ等々、好きなものを好きなだけ全力で盛り付けます。

▼ぬいぐるみなどを盛り付けたロリータファッションの例


By Chris 73 / Wikimedia Commons, CC 表示-継承 3.0, Link 

スポンサーリンク

 

もちろんロリータファッションにも見ていて洗練された「着こなし」というのは存在するのですが、多くの場合は着こなしよりも自分が好きだと思う恰好を貫くことに美学があります。

当の本人たちは本当に幸せで自分の好きな着こなしを追求出来るのがロリータ服のたまらない魅力です。

 

ただし、TPOをわきまえずに冠婚葬祭でもロリータ服で通したり、派手な校則違反、移動で他人に迷惑が掛かる、授業や仕事に支障をきたす…こうなってくると、ロリータ服を悪く言う人が出てくるのも当然でしょう。

他者から誤解されやすい欠点も含んだ、非常に危うい魅力と言えます。

 

 

【体験談】ロリータ服の魅力と弊害

 

ロリータ服はとてもかわいく魅力的なファッションですが、着続けると「普通のさじ加減が分からない」という後遺症に陥る場合があります。現実とのバランスを保つ上で、そのことは知っておいた方がよいでしょう。

 

 

今となっては笑い話なのですが、私は実家に引っ込んでロリータ服以外のお洋服を着ようとした時、一体何を着ていいのか分かりませんでした。本当に言葉通り、何を着たらいいのか判断できなかったのです。

ロリータ服を長年着ていると、ロリータ服独特のコーディネートについては完璧になりますが「普通」が分からずに大変困ることになります。(後述しますが「普通」の定義はあいまいです。それでも明らかに、誰が見ても周囲から浮かない程度の服装というのがありますよね。)

 

私の場合、通勤時はすっぴん・ひっつめ髪、某ファストファッションのジーンズに無地のタートルネックかカットソー。逆に言うとこれ以外持っていませんでした。

 

 

「いい年してこれから田舎で上手いこと暮らしていくのに、さすがにそれはあるまい」と反省したものの、新たに何を買えばいいのか全く分かりません。

とりあえずやったことは、同年齢の女性向けファッション雑誌やメイク雑誌を読んで「普通のさじ加減」の勉強をすることです。

 

常にロリータを貫くことは決して悪いことではありません。

が、いざと言う時に着られるフォーマルな服(趣味に走ってレースやフリルが付いた物はこの際選ばないように注意)、食事会や町内会で浮かない程度の服を研究しておくことも必要です。

 

 

正直申しまして、私は「ロリータ服のコーディネートは普通の服より難しい」とか、少し上から目線で偏った発想になっていました。

それは間違いです。無難な服をちょっとお洒落な着こなしにもっていくコーディネートだって、とっても難しくて楽しいことだと今なら思えます。

 

さてこのページではロリータファッションの「引き算がない魅力」についてお伝えしました。

次のページでは引き続きロリータファッションの魅力についてお伝えします。ロリータファッションはストリートファッションから誕生した経緯があり、流行や売上に左右されない自由さがあるのです。

『ロリータファッション入門』目次へ  (全22ページ)

 

目次著者

著者:佐藤遊佳(さとう ゆうか)

高校卒業と同時にロリータファッションに目覚め、以来13年間私服ではずっとロリータ服やゴシック&ロリータ服を着続ける。鍼灸師として患者さんを診るかたわら、ロリータファッションの服飾小物、アクセサリーの個人作家として活動。現在は結婚し地元で鍼灸院を開業し、執筆活動もしている。

お問い合わせはこちらから