学校や職場でロリータ服はどうする? ~日常生活とのバランス考えて着よう~

Webon紹介目次著者

20年以上ロリータファッションを愛し続けた筆者がロリータファッションの基礎知識とリアル過ぎるロリータ事情を語ります!これからロリータを着る人必読!現実とのバランスのとり方も含めてロリータについてまるっと学べるロリータ入門の決定版!

ロリータファッション入門 ~現実世界とのバランスを考えた楽しみ方~(全22ページ)はこちらから!

著者:佐藤遊佳(さとう ゆうか)

高校卒業と同時にロリータファッションに目覚め、以来13年間私服ではずっとロリータ服やゴシック&ロリータ服を着続ける。鍼灸師として患者さんを診るかたわら、ロリータファッションの服飾小物、アクセサリーの個人作家として活動。現在は結婚し地元で鍼灸院を開業し、執筆活動もしている。

お問い合わせはこちらから

 

『ロリータファッション入門』目次へ  (全22ページ)

 

ロリータファッションは普通のファッションとは違い、日常生活とのバランスをどう取るかが重要となってきます。

この章ではロリータ服の現実的な側面をお伝えするとともに、ロリータ服を着る上で気をつけた方がよいことについてお伝えします。

日常生活とのバランスをどう取るのかのヒントになればと思います。

このページではロリータファッションを着る場所と着ない場所の判断基準や、私が実際に学校・職場でどうしていたかなどについてお伝えします。

 

スポンサーリンク

ロリータファッションを着るなら「TPO」をわきまえよう!


photo by Luis Orellana

 

「誰に何と言われても、ロリータファッションを貫く!」

という意志が頑固になってしまうと、日常生活に問題が生じます。その代表が「TPO」というものです。

例えば、妹の婚約者家族との顔合わせに、いきなりフル装備のロリータ服で行く。お相手のご両親が古風な考えの方だと「身内に頭がおかしい人がいる!」とびっくり仰天して(最悪の場合)婚約破棄されるかもしれません。

子どもの授業参観にロリータ服で行く。これは他の子どもたちや親御さんに好意的に受け止められることもあり、賛否両論のようです。ただ、子供本人が本気で嫌がっているなら、ロリータ服は控えるべきです。

冠婚葬祭でもよく考えましょう。結婚式なら、ロリータ服はドレッシーな装飾で相性がいいこともありますから、使えなくはありません。でも、基本的に花嫁より目立ってはいけませんし、アクセサリーや鞄や靴の素材にも決まりがありますから難しいところです。

着ている本人の意思だけではどうにもならない場面では、素直に折れることも必要です。それは決して「負け」ではありませんから、意地を張る必要はありません。

 

 

【体験談】学校や職場でロリータ服はどうする?

 

ロリータ服を着ることに、学校や仕事は本来関係ありません。髪型やピアスなどで衝突してしまうことがあるようですが、それはロリータファッションに限らず、「校則」「就業規則」に違反しているだけの話です。

問題は「私服登校の学校」や「通勤の服が自由」な場合です。

メリットとデメリットをよく考えて服を選ぶようにしましょう。

ロリータ服は着乱れを気にすると活発に動けません。他にも、大半の男の子からモテませんし、大半の女の子から馬鹿にされますし、最悪イジメられますし、上司に嫌味を言われるかもしれませんし、同僚から無視されるかもしれません。

「そういったデメリットなんてどうでもいい!それでも許される限りロリータ服を着る!」と決めたら、それは自由に着る権利があるでしょう。

ただ学業や業務に支障が出るなら、それは潔く諦めましょう。体育の着替えに間に合わないとか、スカートが膨らみ過ぎて隣の人の邪魔になるとか、ヘッドドレスのせいで後ろの席の人が黒板見えない…などの問題は絶対に起こしてはいけません。

 

大学でロリータを着た結果

このページの続きを閲覧するにはログインが必要です。 or 新規会員登録(税抜300円で読み放題!)