ロリータ同士の蜜なコミュニケーション ~お茶会・即売会・夜のイベント~

 

 

この章では5ページにわたってロリータファッションの魅力についてお伝えしております。

ロリータファッションは服を着て終わりということではなく、そこから生まれる密なコミュニケーションも魅力のひとつです。

ロリータ服は特殊なアイコンです。共通の音楽や文学などに興味があることがひとめで分かるので、同じ趣味の友達が見つけやすいのです。

またロリータさん、ゴシック&ロリータさん同士が交流を深める「お茶会」をはじめとした数多くのイベントがあります。

 

スポンサーリンク

ロリータ同士のコミュニケーションは密


photo by Mooshuu CC BY-SA 2.0 

 

ロリータ服の「可愛い」という攻撃力は、ある種の人の心の壁をいともたやすく破壊します。

 

【筆者注】心の壁を壊すとは

心の壁を壊すとは「簡単に心の扉を開かせてくれる」というような意味にもとれますが、似ているようで少し違います。”開く”というより”壊す”という表現の方が近いのです。

普通であればロリータファッションはあまりに派手な服なので「こんな服は着れない」という判断をして、そこでロリータファッションをブロックしてしまうと思います。ところが、ロリータ服を好きだと思う素養がある人(ある種の人、という書き方をしたのはこのためです)にとっては、ロリータ服は常識で作られた心の壁を壊してでも着たいほど魅力(威力)のある服なのです。

ロリータファッションに傾倒している間、その魅力は猛烈で、ロリータさんは服に対して「破産する」「カワイイの攻撃力高い(誉め言葉)」と言うことがあります。

 

ロリータファッションを見て衝撃を受ける方、実際に着てみたいと思う方には、似通った嗜好や趣味があることが多いようです。

もちろん人それぞれ違いますが、ある程度似通った嗜好ですから、ロリータファッション好きが集まると話題に事欠きません。

お友達ができるとそれはそれは楽しく、濃密な時間を過ごせます。

 

 

派手な服ですから、ロリータ服を着ていると社会からの疎外感を味わうこともあるでしょう。こういった時に、同じ趣味嗜好のロリータ友達がいるととにかく楽しいものです。

 

ショッピングもそうですし、映画や展示会、ライブ、カラオケなどなど、とにかくロリータファッションの愛好家同士はコミュニケーションが密になります。

私がロリータファッションを着始めた頃はようやくネットが普及し始めていましたが、今のようにSNSは発達していませんでした。

それでも「ゴシック&ロリータ愛好家同士の交流ページ」が存在し、プロフィールの登録や掲示板、チャットなどで交流することが出来ました。

 

【筆者注】ゴシック&ロリータ愛好家同士の交流ページ

「ゴシック&ロリータ愛好家同士の交流ページ」はもうすでに掲示板自体が無くなってはいますが「mixiのロリータ愛好家だけに特化したサイトのようなもの」です。

ロリータ、ゴシック&ロリータの公式ブランドへのリンク集、個人販売作家のリンク集の他、プロフィール登録機能と掲示板、チャットがありました。下妻物語(小説・映画)より以前からロリータ服を着ていた方なら、ほぼ全員そこの掲示板を閲覧・登録したことがあると思います。

▼下妻物語(この作品はロリータ界に大きな影響を与えました。詳しくはこちら

 

この時チャットで仲良くなった人同士は、関西・関東・東北と垣根を越えて「遠征旅行」をし現実世界で会って交流を深めていました。

今考えるとものすごい行動力ですが、私が東京で交流会を企画し、関西地方から東北まで幅広い参加者が集まったこともあります。そこで関西と東北のゴシック愛好家同士の方が出会い、結婚。今では二児の両親なのですから、感慨深いものがあります。

 

お茶会や販売会などの「イベント」

 

お茶会、ロリータ服即売会、クラブイベント、ライブイベント。これらはロリータさん、ゴシック&ロリータさん同士が交流を深めるポピュラーなイベントになります。

以下ではそれぞれのイベントの詳細を紹介いたします。

 

お茶会

 

ロリータさん同士の間では、可愛いお洋服を着ておしゃべりのために集まることを「お茶会」と言います。女子会ならぬ、お茶会。

 

【筆者に聞いてみました!】なぜお茶会と呼ばれる?

Q.(Webon編集部)なぜロリータ同士で集まることを「お茶会」というのですか?

A.(筆者 佐藤)まさに紅茶とケーキを楽しむことが多いからです。一番人気なのはアフタヌーンティーセット(3段くらいになってホテルのティールームで提供されるあれです)でしょうか。不思議の国のアリスの「アリスのティーパーティー」からも影響されているはずです。

▼アリスのティーパーティー(ディズニーバージョン)

 

たいていは日中、アルコール抜きで行われます。

私は自分が主催する場合、安全性を最優先していました。アルコールと喫煙は厳禁です。

スポンサーリンク

ちなみにアルコールと喫煙を厳禁にしたのは未成年と成人が混在しているイベントなので、未成年の前で飲酒・喫煙するのが良くないことだと思ったからです。参加者の親御さんに安心してもらうためでもあります。

また、男女が混ざっていると、ロリータの女の子に対する性的な目的で来る男性も居ますので、そういったトラブルを未然に防ぐためという理由もあります。

▼お茶会の様子(筆者撮影)

 

最近ではロリータファッションをする年齢層が高くなってきたこともあり「大人のお茶会」と称してアルコールを嗜む会もあるようですね。

ネット上で募集をかけている「お茶会」などは、主催の情報をしっかり確かめてから参加したいものです。

大手ブランドや企業主催のお茶会から個人主催のものまでさまざまですが、開催時間帯と年齢・性別などの参加資格、開催場所をしっかりチェックするのが基本です。

 

お茶会の開催情報は「ロリータ お茶会」で検索すると出てきます。

個人企画の物なら友人同士で声をかけて行うのが一番簡単です。公式ブランドが主催するものは、ブランドのホームページに掲載されます。【日本ロリータ協会】の情報が一番手堅いでしょう。

 

販売会

 

販売会というイベントも欠かせません。大手のブランドだけでなく、個人ブランドなどの小さなブランドが集まって開くロリータ服・小物類の即売会はいつも大人気です。

即売会の開催情報は【日本ロリータ協会】で探すのが便利ですが、イベントや即売会は縮小の一途をたどっており(ロリータの流行が終了した影響もあります)、2018年以降も定期開催するところはなかなか少なくなっています。

 

夜のイベント

 

また、ロリータファッションを着てからある程度の年数が経つと、参加したくなってくるのが夜の時間帯のイベントです。

クラブイベントからライブ・DJイベントまで、大人ならではの楽しみ方が可能です。

特にゴシック&ロリータはヴィジュアル系バンドとの関係が密接で(すべてのゴシック&ロリータさんがヴィジュアル系好きとは限りませんが)、ライブ前後にファン同士集まったり、ロリータ服・ゴシック&ロリータ服を着てライブ参戦したりすることもあるでしょう。

 

 

私自身、個性的なファッションの人々が集まって一晩中お祭り騒ぎをするクラブイベントで「清く正しく朝帰り」をしたことが何度もあります。

 

おすすめの夜のイベント

 

夜のイベントでは長年東京の異文化、個性派ファッションを牽引して来た「Tokyoデカダンス」が佐藤(筆者)個人的に一押しです。

未成年禁止や入口での身分証明書の提示など、安全に開催するために主催者が尽力し、株式会社化しています。

 

TokyoデカダンスHP

引用:TokyoデカダンスHP

 

また、バンドのライブイベントが中心のものですと、こちらも大変歴史の長いArtism主催の各イベントがおすすめです。

主催の人柄が温かく、「例え中学生でも安心して参加できるようなライブイベントにしたい」とかつてお話ししていらっしゃいました。

 

Artism公式HP


引用:Artism公式HP

 

交流会やイベントの注意点

 

交流会やイベントに参加するのは本当に楽しいものです。

それも大好きなロリータ服を着て、周りもロリータさんだらけならなおさら幸せです。

ただし、参加は自己責任。

大勢の人が集まればロリータイベントに限らず窃盗や犯罪は起こり得ます。

特にロリータ服は若年層が着ることが多いので、未成年は夜間のイベントは避けましょう。

派手な服を着ている時こそ慎重に!

私は個人的なポリシーで、徹夜イベントをする時は一滴もお酒を飲まないようにしていました。

ぜひ、注意点を踏まえながらロリータファッションの魅力である密なコミュニケーションを感じてみてください。

 

この章ではロリータファッションの6つの魅力を紹介いたしました。ロリータファッションの魅力が伝わっていれば嬉しいです。ぜひ現実とのバランスを考えてロリータファッションを楽しんでいただきたいです。

次の章ではロリータファッションの流行した経緯から、流行が終息した現在のロリータファッション界の状況についてお伝えいたします。