ロリータファッションのジャンル分けの哲学

Webon紹介目次著者

20年以上ロリータファッションを愛し続けた筆者がロリータファッションの基礎知識とリアル過ぎるロリータ事情を語ります!これからロリータを着る人必読!現実とのバランスのとり方も含めてロリータについてまるっと学べるロリータ入門の決定版!

ロリータファッション入門 ~現実世界とのバランスを考えた楽しみ方~(全22ページ)はこちらから!

著者:佐藤遊佳(さとう ゆうか)

高校卒業と同時にロリータファッションに目覚め、以来13年間私服ではずっとロリータ服やゴシック&ロリータ服を着続ける。鍼灸師として患者さんを診るかたわら、ロリータファッションの服飾小物、アクセサリーの個人作家として活動。現在は結婚し地元で鍼灸院を開業し、執筆活動もしている。

お問い合わせはこちらから

 

『ロリータファッション入門』目次へ  (全22ページ)

 

ここまで、ロリータファッションのジャンルについて【定番】【ゴシック&ロリータファッション】【サブカルチャーと融合して生まれたジャンル】に分けて解説してきましたが、ジャンル分けは本来不可能なのです。

このページではジャンル分けについての考え方をご紹介致します。

 

スポンサーリンク

ジャンル分けは基本的には不可能


photo by Mooshuu,(CC BY-SA 2.0)

 

ロリータファッションに限らず、全てのファッションにおいてジャンルの定義はあいまいです。着ている本人の気持ち次第ですから、的外れな意見を言われると腹が立つものです。

おおよそのジャンルは分けられるけれど、細かなジャンル分けは「着ている本人がどう思っているか」次第なのです。

前のページで述べたように「甘ロリ」「白ロリ」「ゴスロリ」などというジャンルがあります。実際に着ている本人たちならば、ほぼ的確にジャンルを分けることは可能です。

ただ、着ている方のこだわりがとても強い服なので「絶対に○○」などと他者が決めつけることはできません。例えばゴスロリと甘ロリを間違うと言うことはほぼありませんが、ゴスロリと白黒ロリータ(白ロリ・黒ロリ・黒地に白レースのロリータ)は他人が見たら境界線が曖昧かもしれません。

とにかくロリータファッションはジャンル分けが非常に難しいのです。

このページの続きを閲覧するにはログインが必要です。 or 新規会員登録(税抜300円で読み放題!)