ロリータに対する家族と近所の反応 ~忘れてはいけない周囲との関係性~

Webon紹介目次著者

20年以上ロリータファッションを愛し続けた筆者がロリータファッションの基礎知識とリアル過ぎるロリータ事情を語ります!これからロリータを着る人必読!現実とのバランスのとり方も含めてロリータについてまるっと学べるロリータ入門の決定版!

ロリータファッション入門 ~現実世界とのバランスを考えた楽しみ方~(全22ページ)はこちらから!

著者:佐藤遊佳(さとう ゆうか)

高校卒業と同時にロリータファッションに目覚め、以来13年間私服ではずっとロリータ服やゴシック&ロリータ服を着続ける。鍼灸師として患者さんを診るかたわら、ロリータファッションの服飾小物、アクセサリーの個人作家として活動。現在は結婚し地元で鍼灸院を開業し、執筆活動もしている。

お問い合わせはこちらから


『ロリータファッション入門』目次へ  (全22ページ)

 

ロリータファッションは普通のファッションとは違い、日常生活とのバランスをどう取るかが重要となってきます。

この章ではロリータ服の現実的な側面をお伝えするとともに、ロリータ服を着る上で気をつけた方がよいことについてお伝えします。

日常生活とのバランスをどう取るのかのヒントになればと思います。

このページではロリータ服に対する「家族」や「近所の住民」の反応や、それに対してどのように対処した方がよいかをお伝えいたします。

 

スポンサーリンク

ロリータ服に対する【家族】【近所の住民】の反応

家族の反応

 

私は高校を卒業後に進学して一人暮らしを初めてからいきなり金髪に染め、ロリータ服を着てゴールデンウィークに帰省しました。

同居の祖母は「孫の頭がおかしくなった」と泣き、母は激怒して私を美容院へ引きずって行き「髪を黒く戻せ」と言い、帰って来たらロリータ服は捨てられていて、父は帰省中ひと言も口をきいてくれませんでした。

高校まで校則を破ったこともなく親の言うことを何でも聞いていた私が、いきなり派手な服を着て不良になったと心配されたようです。

この段階では、家族の心配は私本人に対してではありません。私がロリータ服を着ることで「あそこの家の娘さん、頭がおかしくなった」と言われるかもしれない、という世間体を心配したのです。

そのことが透けていたので、私は頑として髪の毛の染め直しはしませんでした。

腹が立ちますよね。世間体ばかり気にして、私のやりたいことをやらせてくれないなんて!別に犯罪でもないんだし…。

でもこれは、初めての反応としてはある程度仕方ありません。住んでいる地域性にもよるでしょう。

 

近所の住民の反応

このページの続きを閲覧するにはログインが必要です。 or 新規会員登録(税抜300円で読み放題!)