【錦戸亮・大倉忠義】の好きな音楽・好きなアーティスト

Webon紹介目次著者
「関ジャニ∞の音楽はすごいのか…?」関ジャニ∞はアイドルでありながらプロのミュージシャンや音楽ファンが認めるロックバンドなのです。関ジャニ∞ファンのaya氏が音楽性の魅力を紹介♪

『ファンが語る!関ジャニ∞音楽入門 ~知ってほしい!音楽性の魅力~』はこちらから!

著者:aya

関ジャニ∞と音楽が大好きな20代フリーライター。橙eighter。関ジャニ∞のCD・ライブDVDは発売されるたび全形態揃え、音楽雑誌なども必ずチェックしています。関ジャニ∞の初の海外公演には台湾まで一人で足を運ぶ。

お問い合わせはこちらから

『関ジャニ∞音楽入門』目次へ  (全23ページ)

 

この章では、各メンバーが具体的にどんな音楽を好んで聞いているのかを厳選して【横山裕・渋谷すばる・村上信五】【丸山隆平・安田章大】【錦戸亮・大倉忠義】の3ページに分けて紹介します。

このページでは錦戸亮くん、大倉忠義くんの好きな音楽と好きなアーティストをご紹介します。

メンバーのそれぞれの好きな音楽は、とても深く一口では語ることができません。

関ジャニ∞をこれから聴き始める方が、より深くメンバーの音楽性について知っていくきっかけになれば幸いでございます。

※この章は音楽番組love music・関ジャム完全燃Show・メンバー出演ラジオ・雑誌・メンバーの公式ブログなどの情報をまとめています。(一部抜粋)

※編集部注:本コンテンツは錦戸亮さんが脱退を発表する以前の2019年8月頃に書かれた記事となっております。本コンテンツは「関ジャニ∞の名前は知っているけど詳しくは知らない」というような初心者の方に向けて書かれています。「関ジャニ∞の音楽って実際すごいの・・・?」と疑問に思っている方のイメージが変わるきっかけになれば幸いです!

 

スポンサーリンク

【錦戸亮】の好きな音楽

特に好きなアーティスト
斎藤和義・レキシ・サカナクション・Mr.Children・Red Hot Chili Peppers・フラワーカンパニーズ

▼2017年の『lovemusic』の番組の内容から引用。番組内では「初めて買ったCDと影響を受けた音楽を紹介するコーナーがあった。

アーティスト/曲名 番組内でのコメント
初めて買ったCD スピッツ
『涙がキラリ☆』
安田「亮くんゴリゴリのやつ聴いてるかなと思った。」丸山「洋楽のイメージあったけどふんわりした曲やね。」
影響を受けた曲 レキシ『狩りから稲作へ』 丸山「この前も(レキシさんの)ライブ行ってたよね、亮ちゃん」
斎藤和義『I Love Me』 安田「和義さんも影響受けてるんやろなぁ。」
SUPER BUTTER DOG『サヨナラCOLOR』 コメントは無し。SUPER BUTTER DOGはリスペクトしているレキシさんがキーボーディストとして在籍していた。
その他番組で紹介した曲
Green Day『American idiot』(2006聞くジャニ∞)/Red Hot Chili Peppers『Under The Bridge』(2006聞くジャニ∞)/斎藤和義『歌うたいのバラッド』(2007聞くジャニ∞)/上田正樹『悲しい色やね』(2008聞くジャニ∞)/フラワーカンパニーズ『この胸の中だけ』(2009テレビ めざにゅ~)/TOKIO『リリック』(2016関ジャム この歌のココを聴いてくれ)/DREAMS COME TRUE『大阪lover』(2016関ジャム 異性に歌われたらドキドキする曲)/クレイジーケンバンド『ガールフレンド』(2016関ジャム この歌のココを聴いてくれ)/サカナクション『夜の踊り子』(2018関ジャムセッション曲の選定)

 

錦戸くんはデビュー当時から斎藤和義さんをとても尊敬しており、メディアでも度々「かっこいい」「憧れる」と語っています。

2009年にはプライベートで斎藤和義さんとお酒を飲みに行ったことをきっかけに、斉藤和義さんから『パズル』という曲をグループに提供してもらったことがあります。【『パズル』を公式サイトで試聴

他にも、レキシさんやサカナクションさんにハマっているそうで、レキシさんには2015年に『侍唄』を提供してもらっています。【侍唄を公式サイトで試聴

 

錦戸くんは尊敬するアーティストのことを深く知り、ライブへ足を運び、アーティストさん本人と積極的に交流しています。

自分で楽曲制作する際も、好きな音楽を関ジャニ∞の曲に取り入れているなという印象があります。

例えば、錦戸くんが作詞作曲を手掛ける『Traffic』『Tokyoholic』『Your WURLITZER』などのがっつりロックな曲は、好きな音楽の影響を大分受けているように感じます。

また、彼の書く歌詞はダブルミーニングやおしゃれな比喩を使った表現をする特徴があります。

そういった表現は彼が元から持っていたセンスだけでなく、聞いてきた音楽やアーティストに影響されながら培ってきたものなのかなと思います。

もちろんロックだけでなく、最近ではディスコっぽいサウンドの『all need is rough』を制作されていたりと、より楽曲の幅を広げています。

『all need is rough』の少しファンクっぽい音作りはレキシさんから影響されている部分があるのかもしれません。

スポンサーリンク

 

【コラム】錦戸くんの歌詞のおしゃれな比喩やダブルミーニングの例

錦戸くんが作詞した楽曲の一部を紹介します。『バナナジュース』では主人公の男性をバナナ、片思いしている女性をミルク、恋のライバルの男性を「珈琲」「紅茶」「抹茶」「苺」に例えています。『Your WURLITZER』も比喩を用いています。「WURLITZER」はジュークボックスの名称ですので、タイトルは『君たちのJUKE BOX』という意味になります。ジュークボックスとは、レコードを自動演奏できる装置のことで、コインを入れると音楽を楽しめます。様々な曲でその日の気分に寄り添ってくれる関ジャニ∞の音楽をジュークボックスに例えています。『9号車2番A席』の中に出てくる「明日へと続く 僕らのひかり 明日へと続く 僕らののぞみ」という歌詞は新幹線の「こだま・のぞみ・ひかり」が「僕らの光・僕らの望み」とダブルミーニングになっています。

 

【大倉忠義】の好きな音楽

特に好きなアーティスト
尾崎豊・浜田省吾・RIZE・安室奈美恵・宇多田ヒカル・Mr.Children

▼2017年『lovemusic』の番組の内容から引用

アーティスト/曲名 番組内でのコメント
初めて買ったCD 安室奈美恵『CAN YOU CELEBRATE?』 番組にゲストとして出演していた安田くんと被る。安田「メンバーと被るって恥ずかしい(笑)」
影響を受けた曲 尾崎豊『卒業』 安田「大倉大好きやなぁ尾崎さん!楽屋でも歌いまくってますよ!」
丸山「ギターで弾き語ってるもんな」
浜田省吾『もうひとつの土曜日』 安田「これお父さんの影響って言ってたな」
丸山「親父の影響は絶対あるよね」
RIZE『Why I’m Me』 安田「あ~、もうRIZEは絶対そうやなぁ」
その他番組で紹介された曲
尾崎豊『15の夜』(2005聞くジャニ∞純白な曲)コブクロ『ここにしか咲かない花』(2006聞くジャニ∞)/夏川りみ『涙そうそう』(2006聞くジャニ∞)/ Red Hot Chili Peppers 『BY THE WAY』(2007聞くジャニ∞)/サザンオールスターズ『希望の轍 』(2013ラジオ)/Mr.Children『Over 』(2015関ジャム 好きなラブソングの歌詞)/宇多田ヒカル『真夏の通り雨』(ラジオ大倉くんと高橋くん)/サザンオールスターズ『SEA SIDE WOMAN BLUES』( 2016関ジャム降られたときに慰めてくれるラブソング)/Mr.Children『終わりなき旅』(2016関ジャム 頑張ろうと思わせてくれる曲)/RIZE『カミナリ』(2016関ジャムセッション)

 

大倉くんは尾崎豊さんが大好きだそうで、お父様の影響もあり子供の頃から良く聞いていたのだとか。

ラジオ番組「オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん」ではいろいろな曲をかけており、特にいいなと言っているのは「歌詞」が素敵な曲が多い気がします。

尾崎豊さんから直接影響しているかは分かりませんが、大倉くんの制作楽曲はどれもメッセージ性やストーリー性のある詞を書かれている印象があります。

 

また、以前「バラードとピアノの音が好き」と語っていたことがあり、スローテンポで心にしみるような楽曲をよく聞かれています。

大倉くんのソロ曲『まもりたい』『きっと幸せが君を待ってる』はしっとりしたバラード調で大倉くんが持つ低音が美しい声とマッチしています。

【『きっと幸せが君を待ってる』を公式サイトで試聴

 

バラードと全く毛色が異なるRIZEを知ったきっかけはすばるくんの紹介だそう。

バンドを始めたばかりのころファンになり、今でもRIZEのドラムのあっくん(金子 ノブアキ)をリスペクトしています。

好きすぎてたびたびメディアで愛を語っており、ドラムはあっくんが以前使用していた「オレンジ・カウンティ」を使用していたことも。(公式スコアに記載されています。)

その他に好きなドラマーは、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミスと語っています。

大倉くんは「音楽に浸りたいときにバラード」「テンションを挙げたいときはロック」と聴き分けているのかもしれません。

【ソロ曲『no-no-no』を公式サイトで試聴

 

メンバーの音楽的ルーツがグループの音楽に繋がっている

 

メンバーはそれぞれ、「ライブに行くレベルの好きなアーティスト」たちからは音楽の影響を受けているように思います。

自身での制作楽曲はもちろん、アーティストからの提供楽曲などもメンバーが希望して依頼することが多いです。そのため、メンバーの音楽の好みが顕著にグループの音楽にも反映されます。

また、誰かが好きなアーティストをメンバーにおすすめして、いつの間にかグループ内で流行っていることもあり、グループの音楽性からもメンバーの仲の良さを感じることがあります。

メンバーの好きな楽曲を掘り下げていくのも、新しい音楽に出会うきっかけとなり面白いですよ!

 

『関ジャニ∞音楽入門』目次へ  (全23ページ)

 

目次著者

著者:aya

関ジャニ∞と音楽が大好きな20代フリーライター。橙eighter。関ジャニ∞のCD・ライブDVDは発売されるたび全形態揃え、音楽雑誌なども必ずチェックしています。関ジャニ∞の初の海外公演には台湾まで一人で足を運ぶ。

お問い合わせはこちらから