【横山裕・渋谷すばる・村上信五】の好きな音楽・好きなアーティスト

Webon紹介目次著者
「関ジャニ∞の音楽はすごいのか…?」関ジャニ∞はアイドルでありながらプロのミュージシャンや音楽ファンが認めるロックバンドなのです。関ジャニ∞ファンのaya氏が音楽性の魅力を紹介♪

『ファンが語る!関ジャニ∞音楽入門 ~知ってほしい!音楽性の魅力~』はこちらから!

著者:aya

関ジャニ∞と音楽が大好きな20代フリーライター。橙eighter。関ジャニ∞のCD・ライブDVDは発売されるたび全形態揃え、音楽雑誌なども必ずチェックしています。関ジャニ∞の初の海外公演には台湾まで一人で足を運ぶ。

お問い合わせはこちらから

『関ジャニ∞音楽入門』目次へ  (全23ページ)

 

スポンサーリンク

関ジャニ∞の音楽のルーツとは?

 

どんなアーティストでも必ず音楽のルーツがあります。アーティストが制作する楽曲は、多かれ少なかれ他人の影響を受けているものだと思います。

関ジャニ∞の場合はメンバー全員の音楽性が影響し合ってグループの音楽へと繋がっています。

この章では、各メンバーがどんな音楽を好んで聴いているのか【横山裕・渋谷すばる・村上信五】【丸山隆平・安田章大】【錦戸亮・大倉忠義】の3ページに分けて厳選して紹介します。

そしてその音楽がメンバーやグループの音楽性にどのように影響しているのかを、筆者の個人的な見解も合わせてお伝えします。メンバーの好きな音楽を知ることで、関ジャニ∞の楽曲をより楽しめるようになると思いますのでぜひご覧ください。

このページでは横山裕くん、渋谷すばるくん、村上信五くんの好きな音楽をご紹介します。

渋谷すばるくんは既に関ジャニ∞を脱退しておりますが、近年の関ジャニ∞の「音楽性」を知る上で必要かと思い、渋谷すばるくんについても言及させていただきます。

また、この章は音楽番組love music・関ジャム完全燃Show・メンバー出演ラジオ・雑誌・メンバーの公式ブログなどの情報を参考にしております。(一部抜粋)

メンバーのそれぞれの好きな音楽は、とても深く一口では語ることができません。

関ジャニ∞をこれから聴き始める方が、より深くメンバーの音楽性について知っていくきっかけになれば幸いでございます。

 

【横山裕】の好きな音楽

特に好きなアーティスト
Mr.Children・RADWIMPS・BUMP OF CHICKEN・ケツメイシ・RIP SLYME・Dragon Ash・アニメソング

▼2017年『lovemusic』の番組の内容から引用

アーティスト/曲名 番組内でのコメント
初めて買ったCD とんねるず『がじゃいも』 丸山「ガラガラヘビとかもあったな」
影響を受けた曲 影山ヒロノブ『CHA-LA HEAD-CHA-LA』 安田 「横山くんはアニソンが好きなんですよ。」
丸山「でもあれ入ってないよな?パーマン。パーマンをよくカラオケで歌わはるってこと、MCとかでも歌わされてた。」
安田「多分パーマン入ってないの、かっこつけましたね。」
MC「本当はミスチルのところパーマンですか?」
丸山「ちょっと色気だしてきよった(笑)」
※愛あるいじりです(笑)
Mr.children『Tomorrow never knows』
クリスタルキング『愛をとりもどせ!!』
その他番組で紹介された曲
Red Hot Chili Peppers『By the Way』(2006ラジオ聞くジャニ∞)/RIP SLYME『ブロウ』(2006ラジオ聞くジャニ∞)/RADWIMPS『最大公約数』(2007ラジオ聞くジャニ∞)/BUMP OF CHICKEN『かさぶたぶたぶ』ラジオ聞くジャニ∞)/RADWIMPS『ふたりごと』(2014ライブ関ジャニズムMC)/Mr.children『Simple』(2015テレビ サワコの朝)/Mr.children『HERO』(2015関ジャム 好きな恋愛の曲の歌詞を発表)/ケツメイシ『東京』 (2016関ジャム 昔を思い出す曲)

 

横山くんは好きな音楽ははっきりしていて、気に入ったアーティストをずっと聞き続ける印象です。

メンバー全員ミスチル好きですが、横山くんは特に色々なところでミスチル好きを公言しています。

曲と一緒に、聴いていた当時の思い出話をよくしていて、横山くんにとってはミスチル=青春なんだろうな…と感じております。

ジャニーズに入ったころから聴いていて、楽曲から歌詞の書き方に影響を受けたと語っています。

 

また、実は邦ロックバンドが好きなのに、テレビではあまりそういった発言をしないような気がします。

横山くんのソロ曲はポップなアレンジが多いのですが『413man』という曲はバンドサウンド寄りです。

ロック以外は、ケツメイシ・RIP SLYMEなどのHIPHOP系や、ラップ系の曲を好んで聴かれています。

ソロ曲『WONDER BOY』『Fantastic Music』『トリックスター』はラップっぽい曲となっていて、好きな音楽に影響を受けているのかもしれません。

【ソロ曲『トリックスター』を公式サイトで試聴

 

彼はいい意味で、子供のような感性をずっと忘れず持っていて、それが彼の書く詞や楽曲にも現れている気がします。

ライブで盛り上がる『エイトレンジャー』を発案したのも横山くんですが、アニソン好きであることも少なからず影響しているのかもしれません。

【作詞を担当した『ハダカ』を公式サイトで試聴

 

【渋谷すばる】の好きな音楽

特に好きなアーティスト
THE BLUE HEARTS・Hi-STANDARD・THE HIGH-LOWS・ザ・クロマニヨンズ

▼2017年『lovemusic』の番組の内容から引用

スポンサーリンク

アーティスト/曲名 番組内でのコメント
初めて買ったCD EAST END×YURI
『DA.YO.NE』
丸山「当時のトレンドのイメージ。すばるくんもHIPHOPぽい格好してた。」
影響を受けた曲 THE BLUE HEARTS
『少年の詩』
安田くん「やっぱりかぁ」丸山くん「もろやもんな」
※渋谷すばるくんも関ジャムに選曲。
RCサクセション
『スローバラード』
丸山「でもすばるのスローバラードもたまんないですよ」
安全地帯
『君がいないから』
丸山「すばるの君がいないからもいいんですよ!モロそれをカバーしたってことや!」
その他番組で紹介された曲
RIZE『Dream Catcher』(2005聞くジャニ∞)/Kiroro『長い間』(2006聞くジャニ∞)/The Beatles『Yesterday』(2006聞くジャニ∞)/椎名林檎『ここでキスして』(関ジャム2016 この歌のここを聞いてくれ)/YEN TOWN BAND『Swallowtail Butterfly~あいのうた~』(2015 The COVERS)/Hi-STANDARD『My First Kiss』(スバラシ)/ザ・クロマニヨンズ『ナンバーワン野郎』(スバラシ)/フジファブリック『若者のすべて』(スバラシ)/欧陽菲菲 『ラヴイズオーヴァー 』(スパラジ)/Billy Joel 『Piano Man』(スバラシ)/Oasis 『Gas Panic! 』(スバラシ)/The Beatles 『Girl』(スバラシ)/ Cocco 『Rainnig』(スバラシ))/森山直太朗『夏の終わり』(2018 Mステ)

 

すばるくんは、甲本ヒロトさんがボーカルを務める「THE BLUE HEARTS 」「HIGH-LOWS」「ザ・クロマニヨンズ」の大ファンと公言しており、様々な場面で甲本ヒロトさんへのリスペクトが伺えます。

甲本ヒロトさんのバンドの曲はブルースハーブ(ハーモニカ)を取り入れた楽曲が多くあります。すばるくんも関ジャニ∞の楽曲にブルースハープを取り入れたりしています。また甲本ヒロトさんのように魂を絞り出すような体全体を使った歌い方をされたりと大きな影響を受けています。

THE BLUE HEARTSの『少年の詩』については複数のメディアで紹介しており、関ジャムでは「歌詞がずっと自分の中にある言葉で助けられている。」と語っていました。

2012年に放送された「ザ少年倶楽部 プレミアム」では、憧れのザ・クロマニヨンズと『ナンバーワン野郎』をセッションをしたことも。

緊張しながら精いっぱい歌う姿が印象的でした。

 

また、ラジオ番組「関ジャニ∞ 渋谷すばるのスバラジ」での選曲はロックだけでなく歌謡曲やバラード、洋楽まで幅広く流していた印象です。

すばるくんは関ジャニ∞としても『生きろ』『韻踏ィニティ』『9号車2番A席』『コーヒーブレイク』『ハダカ』など様々なテイストの楽曲を制作されています。

2015年関ジャニ∞時代にリリースしたソロアルバム『歌』では、自身が影響を受けた楽曲(『スローバラード』『君がいないか』など全8曲)をカバーしました。

すばるくんはどんな音楽を聴いても、根本にはロックへの熱い思いを持っているのだろうなとたびたび感じることがあります。

また甲本ヒロトさんがボーカルのバンドは一発撮り音源をそのままCDにするなど、ライブ感にこだわった音楽を作っていると言われます。

そんなこともあり、すばるくんもあえて一発撮りレコーディングを行うことも。熱い歌詞や音作りへのこだわりはリスペクトするアーティストの影響が大きいのかもしれません。

【カバーアルバム『歌』を公式サイトで試聴

【制作楽曲『生きろ』を公式サイトで試聴

 

【村上信五】の好きな音楽

特に好きなアーティスト
Mr.Children・坂本龍一・マイケルジャクソン・久保田利伸・ケツメイシ

▼2017年の『lovemusic』の番組の内容から引用

アーティスト/曲名 番組内でのコメント
初めて買ったCD Mr.Children
『シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~』
コメントはなし。ミスチルは他番組でもたびたび挙げており、関ジャニの他のメンバーも良く好きと語っている。
影響を受けた曲 X JAPAN
『Forever Love』
安田「ちょっとまって村上くんX-JAPANか?(笑)ピアノかな?」丸山「でも一回ライブ行ったから。ネタちゃうん(笑)」
TM NETWORK
『Get Wild』
丸山「そうなん?」安田「俺村上くんが1番知らんわ」と二人とも意外そうなリアクション。
DREAMS COME TRUE『やさしいキスをして』 コメントなし。2013年に放送されたカヴァコラTVでは八代亜紀さんが歌をカバーし、村上くんがピアノで伴奏を務めた。

 

その他番組で紹介された曲
坂本隆一『Merry ChristmasMr.Lawrence 』(2004ラジオ聞くジャニ 夜中に一人で聞きたい曲)QUEEN『We Will Rock You』(2005聞くジャニ∞ アツい曲)/久保田利伸『AHHHHH!』(2005聞くジャニ∞ 魂の歌)/aiko 『花火』(2006聞くジャニ∞)R.kelly 『 Same Girl duet with Usher』(2006聞くジャニ∞)/TOKIO『雨傘』(2008聞くジャニ∞)/Earth Wind & Fire 『September 』(2009聞くジャニ∞) テレサテン『時の流れに身をまかせ』(2015関ジャム 好きな恋愛の曲の歌詞)/Mr.Children『君が好き』(2016関ジャム 告白するとき勇気付けられるラブソング)/ケツメイシ『東京』(2019関ジャム)大江千里『Rain』(2019関ジャム)

 

Love musicの選曲を見てみると、影響を受けた曲はどれもピアノやキーボードの音色が美しい楽曲です。

メンバーの丸山くん、安田くんにはネタだと思われていたようで、テレビを多少考慮した選曲になっている可能性もありますが、TM NETWORKの『Get Wild』は番組出演前に関ジャムで小室哲哉さんとセッションしています。

 

村上くんは楽器を始める前からラジオで坂本龍一さんの曲をたびたび流していたことがあり、もともとピアノの音色が好きなのだと思います。

普段聴いている音楽に注目すると楽器を始める際に村上さんがピアノ担当になったのもうなずけますし、彼はロックなギターよりスタイリッシュに鍵盤を弾く姿が似合います。

また、好んで聞いている音楽はブラックミュージック系が多いです。そのため村上くんは日本のR&Bの先駆者である久保田利伸さんの曲をたびたびラジオで流していました。

そして縁があって、久保田さんにソロ曲『王様クリニックbyTAKATSU-KING』を提供してもらったことがあります。【『王様クリニックbyTAKATSU-KING』を公式サイトで試聴

 

久保田さんは村上くんについて「R&Bシンガーの特徴である後ろにややリズムをためる歌い方をしているのがとてもかっこいい」と絶賛していました!

本人は無意識にやっていることだそうなので、普段聴いている歌手の歌い方が染みついているのかもしれません。

村上くんのソロ曲のレパートリーにダンスが生えるR&B調の楽曲が多いのも特徴です。【ソロ曲『One’s shadow』を公式サイトで試聴

グループの曲ではファンク調の曲でのフェイクパートや、HIPHOP調のパートでラップを担当することもあり、他メンバーが持っていない個性が生きています。

 

次のページでは丸山隆平くん、安田章大くんの好きな音楽と好きなアーティストをご紹介いたします。

『関ジャニ∞音楽入門』目次へ  (全23ページ)

 

目次著者

著者:aya

関ジャニ∞と音楽が大好きな20代フリーライター。橙eighter。関ジャニ∞のCD・ライブDVDは発売されるたび全形態揃え、音楽雑誌なども必ずチェックしています。関ジャニ∞の初の海外公演には台湾まで一人で足を運ぶ。

お問い合わせはこちらから