保護中: aikoの歌詞世界を理解する3つのキーワード 【② 渋みとエグみ】

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

スポンサーリンク

保護中: aikoの歌詞世界を理解する3つのキーワード 【③ 普遍的な愛】

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

スポンサーリンク

保護中: aikoおすすめの名曲8選 ~隠れた名曲が満載のカップリング編~

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

スポンサーリンク

保護中: aikoおすすめアルバム4選

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

スポンサーリンク

保護中: 本当は深いaikoの歌詞 ~コアなファンが語る3つのキーワード~

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 実は誤解されているaikoのイメージ ~深遠な歌詞世界の魅力~

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

スポンサーリンク

保護中: aikoの軌跡を通して知る。aikoはなぜ誤解されるのか?

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

スポンサーリンク

保護中: aikoが20周年を越えてなお愛される理由

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

スポンサーリンク

保護中: aikoの歌詞世界を理解する3つのキーワード 【① 哀愁】

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

スポンサーリンク

90年代J-POPヒット曲おすすめ20選 【女性ボーカル編②】

Webon紹介目次著者

あなたにとっての“あの頃”はいつですか?著者にとってアツかった時代「90年代」のJ-popヒット曲を生粋の邦楽ファンの著者が分析します!読めば“あの曲”を聴きたくなる事間違いナシ!!

90年代J-popヒット曲入門 ~音楽で振り返る90年代!~(全11ページ)はこちらから!

著者 シン アキコ

30代前半女性。邦楽ファン歴25年。70年代、80年代、90年代の邦楽を愛しています。「歌詞」「曲が生まれた背景」「当時の流行との関連性」などを分析することが好き。

お問い合わせはこちらから

 

『90年代J-popヒット曲入門』目次へ  (全11ページ)

 

前ページに引き続き90年代J-POPヒット曲おすすめ20選【女性ボーカル編】をお伝えします。

 

⑥ アジアの純真(PUFFY) ~90年代に吹き込んだ新しい風~

リリース年月 1996年5月13日
オリコン 週間3位/1996年度年間15位
収録アルバム 「amiyumi」
「The Very Best of Puffy/amiyumi jet fever」
「Hit&Fun」
キリンビバレッジ「天然育ち」CMソング。オリコンカラオケチャートで12週連続1位。発売から20年後の第67回NHK紅白歌合戦にこの楽曲で初登場した。

 

北京ベルリンダブリンリベリア
束になって輪になって
イランアフガン聴かせてバラライカ

美人アリランガムランラザニア
マウスだって キーになって
気分イレブンアクセス試そうか

引用:PUFFY「アジアの純真」作詞 井上陽水/作曲 奥田民生

 

小学校高学年の時に初めて「アジアの純真」を聴いたとき、正直言って「J-POPはここまで来てしまったか…」と少しがっかりとした気持ちになったことを覚えています。(生意気な子供ですね(笑))

美しい言葉が伝わるからこそ邦楽に魅力を感じていたので、これならばいっそ洋楽のほうが意味が解る…そんな風に思いました。

 

しかし。

クレジットを見て驚きました。井上陽水×奥田民生という、邦楽プロフェッショナルによるタッグとは。

井上陽水が作ったから、奥田民生が作ったから良い・悪いではない。

数多の名作を世に生み出してきた人たちも、常に変化をし続けている。

そこに感銘を受けました。

 

チャレンジャーがいなければ、エンターテイメントは変わらないのでしょう。

変わらないままを求めるのが人間でもあります。しかし変わらないままでは、いずれ出会うかもしれない宝物はいつまでも埋まったままです。

今でも、歌詞がわかるか、良いかと問われると答えが見つかりません。

しかし、この曲と出会ってから、私は音楽に対し柔軟に向き合えるようになった気がします。

意味があるとかないとか、伝わる伝わらないとかが大切なのではなく、いいものはいいしおもしろいものはおもしろい。その逆もまた然り。

このページの続きを閲覧するにはログインが必要です。 or 新規会員登録(税抜300円で読み放題!)