初心者におすすめの男闘呼組の名曲4選

Webon紹介目次著者
ジャニーズファン歴25年で『なぜ90年代J-POPはあんなにアツかったのか?』の著者であるシン氏が90年代ジャニーズという存在を紐解く!「少年隊」「光GENJI」が築いたジャニーズの礎とは?「SMAP」「V6」「TOKIO」「KinKi Kids」の軌跡とおすすめ楽曲をジャニーズと共に青春を過ごしてきた筆者視点で語る!

『90年代ジャニーズ入門~ファン歴25年が語る~』(全15ページ)はこちらから!

著者:シン アキコ

30代前半女性。ジャニーズファン歴25年。70年代、80年代、90年代の邦楽を愛している。著書『なぜ90年代J-POPはあんなにアツかったのか?: J-POP愛して25年の著者がヒット曲を徹底分析 (Webonブックス) 』

お問い合わせはこちらから

『90年代ジャニーズ入門』目次へ  (全15ページ)

 

前ページでは90年代ジャニーズの礎を築いた「少年隊」「光GENJI」について解説してきましたが、このページではジャニーズの礎を築いたもう一つのグループ「男闘呼組」のおすすめの名曲をご紹介します。

 

「DAYBREAK」作詞:大津あきら 作曲:MARKDAVIS

 

「DAYBREAK」は男闘呼組のデビュー曲であり、レコード大賞最優秀新人賞受賞曲。

作曲はジャニーズおなじみ、Mark Davisというペンネームを持つ馬飼野康二。

ジャニーズカウントダウンコンサートでも披露される定番曲であり、男闘呼組のギターである岡本健一とその息子・圭人(Hey!Say!JUMP)のコラボでも話題になった。

男闘呼組のコーラスワークが映えるロックナンバー。

 

「TIME ZONE」作詞:大津あきら 作曲:MARKDAVIS

 

「TIME ZONE」は男闘呼組唯一のCMタイアップとして、時計メイカー「セイコー」のCMで使用された。

ライブの定番曲であり、すべてのライブで歌われた。

こちらも作曲はMark Davisによる。

ジャニーズの後輩たちもカバーしており、変声期を迎える前の元関ジャニ∞・錦戸亮をはじめジャニーズジュニア黄金期(90年代後半)メンバーによりテレビ・ライブで頻繁に披露された。

ソロパート、コーラスワークのバランスも良く「男らしさ」「力強さ」を感じさせる。

 

「不良」作詞:大津あきら 作曲:高槻真裕

 

「不良」は、歌唱力に定評のある成田のソロ曲。

スポンサーリンク

男闘呼組は実質、成田・高橋のツインボーカルバンドといっても良いほどふたりの歌唱力と独特の声に魅力があり、その実力はジャニーズ史上に残るものと言ってよい。(ただし、抜群に容姿端麗であり、特徴的なギタープレイで人気を集めた岡本は一般層からも注目度が高く、ソロを割り当てられることも多かった)

ハスキーな声が映える名バラード。

まさに「不良」を歌った、笑顔のない渋みのある歌唱は男闘呼組ならでは。

当時のジャニーズが歌うには異色のナンバーであったと言える。

 

「Midnight Train」作詞:安藤芳彦 作曲:熊谷安廣

 

「Midnight Train」は「DAYBREAK」(4種発売)のカップリングの1曲。

深夜の駅、電話越しに別れを告げながらも、もう一度やり直そうとする男女を描いたドラマチックな楽曲。

かつてジャニーズジュニアの人気グループだった「MAIN」(現・嵐メンバーの相葉、松本、二宮、俳優の生田斗真。グループ名はそれぞれの頭文字をとったもの)が舞台「スタンドバイミー」で披露し、当時を知らない若手ファンの間でも人気が定着した。

 

さて、この章ではジャニーズの礎を築いた「少年隊」「光GENJI」「男闘呼組」をご紹介してきましたが、次の章からは90年代活躍したジャニーズグループ「SMAP」「TOKIO」「V6」「KinKi Kids」の軌跡と楽曲をご紹介します。

『90年代ジャニーズ入門』目次へ  (全15ページ)



スポンサーリンク