ジャッキー・チェン氏の時代「プロジェクトA」 【カンフー映画の歴史⑤】

Webon紹介目次著者

カンフー映画を見たことがありますか?ブルース・リー氏やジャッキー・チェン氏は「俳優が武術をする」というよりは、「武術家が演技をする」と表現したほうがしっくりきます。カンフー映画鑑賞歴27年の著者が語ります!

「カンフー映画入門 ~観れば観るほど強くなる!?~」はこちらから!

はじめに

はじめに ~カンフー映画を楽しもう!~

第1章 カンフー映画とは

カンフー映画とは 【カンフー映画の歴史①】

ジミー・ウォング氏の時代 【カンフー映画の歴史②】

ブルース・リー氏の時代 【カンフー映画の歴史③】

ジャッキー・チェン氏の時代「酔拳・蛇拳」 【カンフー映画の歴史④】

ジャッキー・チェン氏の時代「プロジェクトA」 【カンフー映画の歴史⑤】

ジェット・リー氏とドニー・イェン氏の時代 【カンフー映画の歴史⑥】

第2章 カンフー映画スター俳優9選

ジミー・ウォング(王羽) 【カンフー映画スター俳優9選①】

ブルース・リー(李小龍) 【カンフー映画スター俳優9選②】

サモハン(洪金寶、サモ・ハン・キンポー) 【カンフー映画スター俳優9選③】

ジャッキー・チェン(成龍) 【カンフー映画スター俳優9選④】

ユン・ピョウ(元彪) 【カンフー映画スター俳優9選⑤】

ユン・ワー(元華) 【カンフー映画スター俳優9選⑥】

ラム・チェンイン(林正英) 【カンフー映画スター俳優9選⑦】

ジェット・リー(李 連杰) 【カンフー映画スター俳優9選⑧】

ドニー・イェン(甄子丹) 【カンフー映画スター俳優9選⑨】

第3章 カンフー映画を観る方法

カンフー映画を観る方法 【動画配信サービス比較】

第4章 おすすめカンフー映画13選

燃えよドラゴン(1973) 【おすすめカンフー映画13選①】

片腕カンフー対空飛ぶギロチン(1975) 【おすすめカンフー映画13選②】

酔拳(1978) 【おすすめカンフー映画13選③】

豚(とん)だカップル拳(1979) 【おすすめカンフー映画13選④】

ユン・ピョウinドラ息子カンフー(1981) 【おすすめカンフー映画13選⑤】

少林寺(1982) 【おすすめカンフー映画13選⑥】

霊幻道士(1985) 【おすすめカンフー映画13選⑦】

プロジェクトA(1983) 【おすすめカンフー映画13選⑧】

スパルタンX(1984) 【おすすめカンフー映画13選⑨】

七小福(夢に生きた子供達)(1988) 【おすすめカンフー映画13選⑩】

シティーハンター(1993) 【おすすめカンフー映画13選⑪】

イップ・マン 序章(2008) 【おすすめカンフー映画13選⑫】

捜査官X(2011) 【おすすめカンフー映画13選⑬】

第5章 カンフー映画の寄り道話

『七小福』とは 【ジャッキー達の子供時代】

アンジェラ・マオ 【女性カンフー映画スター3選①】

ノラ・ミャオ 【女性カンフー映画スター3選②】

ムーン・リー 【女性カンフー映画スター3選③】

千葉真一 【日本のアクションスター俳優①】

真田広之 【日本のアクションスター俳優②】

第6章 カンフーを習おう!

カンフー(功夫)とは

カンフーの種類 【長拳・南拳・太極拳】

大阪のカンフー教室・カンフー漫画「拳児」

著者:HARUKA

大阪府出身。趣味はドラム。中国武術は現在見習い中です。好きな映画ジャンルはダントツでカンフー映画!小学生の頃にジャッキー映画にはまり、今に至る。カンフースターは映画「霊幻道士」の道士役ラム・チェンイン氏が一番好きです。多くの人に新旧問わずカンフー映画に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

お問い合わせはこちらから

 

『カンフー映画入門』目次へ  (全38ページ)

 

第1章ではカンフー映画とは何か、そしてカンフー映画の歴史について解説をしています。

このページでは一大ブームを巻き起こしたカンフー映画スター俳優「ジャッキー・チェン」氏が活躍した時代のカンフー映画の歴史(後編)を解説をします。※カンフー映画の歴史を最初から知りたい方は第1章の最初のページからお読みください。

 

▼カンフー映画の歴史概要(リンククリックorタップで該当ページへ)

時代 主な出来事 主な俳優・女優
カンフー映画の始まり シヨウブラザーズ社の設立 チェンペイペイ
ジミー・ウォング時代 剣劇から拳脚アクションへ ジミー・ウォング
ブルース・リー時代 ゴールデンハーベスト社設立 / ブルース・リーの死 ブルース・リー
ジャッキー・チェン時代① 「蛇拳」「酔拳」ヒット ジャッキー・チェン
ジャッキー・チェン時代②⇐当ページ ジャッキー・チェン略奪事件 / 「プロジェクトA」ヒット ジャッキー・チェン / サモハン / ユン・ピョウ
次世代スター時代 「少林寺」「イップマン」ヒット ジェット・リー / ドニー・イェン

スポンサーリンク

ジャッキー・チェン氏の時代②

ジャッキー・チェン氏にオファー殺到

 

前ページで解説したように「蛇拳」「酔拳」の2作品の成功によって、ジャッキー・チェン氏は一気に香港・カンフー映画界で人気のスターとなりました。

 

▼ジャッキー・チェン氏

 

この2作品でジャッキー・チェン氏をレンタル起用した映画会社シーゾナル・フィルムのウー・シーユェン氏はもちろん、誰もがジャッキー・チェン氏を起用したがりました。

 

この2作品でレンタル起用した映画会社シーゾナル・フィルム

詳しくは前のページで解説していますが映画会社シーゾナル・フィルムは映画会社「羅維影業公司(ロー・ウェイ・インイェ・ゴンスー)」からジャッキー・チェン氏をレンタルしていました。

映画会社の羅維影業公司はブルース・リー氏などを起用して「ドラゴン危機一発」、「ドラゴン怒りの鉄拳」などでヒット作を生み出したロー・ウェイ監督が作った会社。

▼シーゾナル・フィルム社と羅維影業公司社の相関図

 

カンフー映画スター俳優であるジャッキー・チェン氏を皆が起用したがりましたがレンタル元の映画監督ロー・ウェイ氏は頑なにジャッキー・チェン氏を手放そうとしませんでした。

 

 

にもかかわらず監督ロー・ウェイ氏の演出ではジャッキー・チェンを最大に活かすことができず、「蛇拳」「酔拳」を超える興行収益の成功を収めることはできませんでした。

 

監督ジャッキー・チェン

 

1980年、ジャッキー・チェン氏はロー・ウェイ監督の会社「羅維影業公司(ロー・ウェイ・インイェ・ゴンスー)」との専属契約が切れたことを理由にゴールデン・ハーベスト社と契約を結びます。

 

ゴールデン・ハーベスト社

1970年に設立された映画製作会社。1971年にブルース・リー氏を主演とする「ドラゴン危機一発」「ドラゴン怒りの鉄拳」などを発表し大ヒット。

もともとは香港の大手映画会社ショウ・ブラザーズの制作本部長を務めていたレイモンド・チヨウ氏とプロデューサーのレナード・ホー氏らが設立。

ゴールデン・ハーベスト社については前のページで詳しく解説!

 

しかし、実際にはロー・ウェイ監督の会社「羅維影業公司(ロー・ウェイ・インイェ・ゴンスー)」とも契約は続いており、事実上、二重契約となっていました。

 

そこでゴールデン・ハーベスト社は、ロー・ウェイ氏の撮影計画を無視し、ジャッキー・チェン氏主演ゴールデン・ハーベスト社第一弾として「ヤング・マスター」(’80)の制作を発表し、撮影に入りました。

 

▼ヤング・マスター(画像クリックでDVD詳細へ)

 

この作品は、ジャッキー・チェン氏が監督・主演・武術指導、さらには主題歌も担当しており、ジャッキー・チェン氏の旧知の仲間であるユン・ピョウ氏も出演している作品です。

 

ユン・ピョウ氏(1957~)

日本ではアイドル扱いをされていたカンフー映画スター。

ジャッキー・チェン氏やサモハン氏と息の合ったアクション、身体を張ったスタントに「本格的なアクションスター」を感じさせる。足技がとにかく美しい。


スポンサーリンク

▼ヤング・マスター主題歌「さすらいのカンフー」(歌:ジャッキー・チェン氏)

 

また、製作費も監督ロー・ウェイ氏の元にいた時以上に十分に投入することができ、のびのびと作られた作品で、それまでの香港の興行記録を破る大ヒット作となりました。

 

 

ジャッキー・チェン略奪事件

 

「ヤング・マスター」撮影終了後に、映画会社ゴールデン・ハーベスト社はジャッキー・チェン氏を監督ロー・ウェイ氏へ渡したくない意図から、ジャッキー・チェン氏を半ば強制的にアメリカへ渡らせました。

これが俗に言う「ジャッキー・チェン略奪事件」です。

 

 

米国へ進出したジャッキー・チェン氏ですが、まだ当時のアメリカではジャッキー・チェン氏のアクションは受け入れられず、第一作目となる「バトルクリーク・ブロー」(’80)は不人気に終わりました。

 

▼バトルクリーク・ブロー(画像クリックで商品詳細へ)

 

しかし、ジャッキー・チェン氏は続けて「キャノンボール」(’81)、「ドラゴンロード」(’81)、「五福星」(’83)、「プロジェクトA」(’83)等多くの作品を撮り続けました。

 

▼プロジェクトA(画像クリックで商品詳細へ)

 

ジミー・ウォング氏の仲裁

 

その裏では、監督ロー・ウェイ氏がジャッキー・チェン氏を奪還しようと目論み、黒社会へ依頼しました。

このトラブルを取り持ったのが、あのジミー・ウォング氏でした。

 

ジミー・ウォング氏(1943~)

カンフー映画ブームの基礎を作ったパイオニア的存在。ブルース・リー氏などのスターが出る前から活躍していたカンフー映画界のレジェンド。

▼ジミー・ウォング氏

ジミー・ウォング氏が活躍した時代は前のページで詳しく紹介!

 

ジミー・ウォング氏は裏社会とのつながりも深く、監督ロー・ウェイ氏とジャッキー・チェン氏側の仲裁に入り、最終的にゴールデン・ハーベスト社がロー・ウェイ氏に解決金を支払うことによりジャッキー・チェン略奪事件は解決しました。

 

 

このようなトラブルが背景にはありましたが、ジャッキー・チェン氏は、オールドスクールなカンフー映画から脱却し、ニューウェーブなカンフー映画を作り上げました。

それが「プロジェクトA」(’83)なのです。

 

▼プロジェクトA(画像クリックで商品詳細へ)

 

有名な「時計台のシーン」

 

この「プロジェクトA」という映画はこれまでのカンフー映画とは異なり、1990年代のイギリス植民地である香港へ舞台を移しました。(それまでは中国が主な舞台)

「警察という合法的な組織が海賊を倒す」という勧善懲悪作品です。

この作品には、ジャッキー映画を語るにあたり重要とされる「時計台のシーン」があります。

 

ジャッキー・チェン氏自ら、スタントを使わずに、高さ25mの時計台から地面に落下するシーンは固唾を飲まずにはいられません。

 

▼時計台のシーンのイメージ

 

実際、ジャッキー・チェン氏はこのアクションで頸椎を重傷した上、治療後に「シーンに納得がいかない」と撮り直し、合計3テイクを撮影しました。

 

現在に至るまで、ジャッキー・チェン氏は全ての骨を骨折、ほとんどの骨を脱臼してきたと言われていますが、このように、主演俳優が自ら命を懸けて危険度の高いアクションに挑戦することは、世界中でも前代未聞のことでした。

それでもなお、最後まで撮影を完遂させたことは、ジャッキー・チェン氏がブルース・リー氏に続く本物のカンフー映画スターである事実を裏打ちさせました。

そして、この「プロジェクトA」という作品によってジャッキー・チェン氏は「世界のジャッキー」になったのです。

 

 

以上、ジャッキー・チェン氏が活躍した時代のカンフー映画の歴史でした。次のページでは近年活躍するカンフー映画スターと最近のカンフー映画業界について解説をしていきます。

『カンフー映画入門』目次へ  (全38ページ)

 

【カンフー映画の取り揃えが豊富なのは「TSUTAYA TV」&「TSUTAYA DISCAS」!】

 

目次著者

はじめに

はじめに ~カンフー映画を楽しもう!~

第1章 カンフー映画とは

カンフー映画とは 【カンフー映画の歴史①】

ジミー・ウォング氏の時代 【カンフー映画の歴史②】

ブルース・リー氏の時代 【カンフー映画の歴史③】

ジャッキー・チェン氏の時代「酔拳・蛇拳」 【カンフー映画の歴史④】

ジャッキー・チェン氏の時代「プロジェクトA」 【カンフー映画の歴史⑤】

ジェット・リー氏とドニー・イェン氏の時代 【カンフー映画の歴史⑥】

第2章 カンフー映画スター俳優9選

ジミー・ウォング(王羽) 【カンフー映画スター俳優9選①】

ブルース・リー(李小龍) 【カンフー映画スター俳優9選②】

サモハン(洪金寶、サモ・ハン・キンポー) 【カンフー映画スター俳優9選③】

ジャッキー・チェン(成龍) 【カンフー映画スター俳優9選④】

ユン・ピョウ(元彪) 【カンフー映画スター俳優9選⑤】

ユン・ワー(元華) 【カンフー映画スター俳優9選⑥】

ラム・チェンイン(林正英) 【カンフー映画スター俳優9選⑦】

ジェット・リー(李 連杰) 【カンフー映画スター俳優9選⑧】

ドニー・イェン(甄子丹) 【カンフー映画スター俳優9選⑨】

第3章 カンフー映画を観る方法

カンフー映画を観る方法 【動画配信サービス比較】

第4章 おすすめカンフー映画13選

燃えよドラゴン(1973) 【おすすめカンフー映画13選①】

片腕カンフー対空飛ぶギロチン(1975) 【おすすめカンフー映画13選②】

酔拳(1978) 【おすすめカンフー映画13選③】

豚(とん)だカップル拳(1979) 【おすすめカンフー映画13選④】

ユン・ピョウinドラ息子カンフー(1981) 【おすすめカンフー映画13選⑤】

少林寺(1982) 【おすすめカンフー映画13選⑥】

霊幻道士(1985) 【おすすめカンフー映画13選⑦】

プロジェクトA(1983) 【おすすめカンフー映画13選⑧】

スパルタンX(1984) 【おすすめカンフー映画13選⑨】

七小福(夢に生きた子供達)(1988) 【おすすめカンフー映画13選⑩】

シティーハンター(1993) 【おすすめカンフー映画13選⑪】

イップ・マン 序章(2008) 【おすすめカンフー映画13選⑫】

捜査官X(2011) 【おすすめカンフー映画13選⑬】

第5章 カンフー映画の寄り道話

『七小福』とは 【ジャッキー達の子供時代】

アンジェラ・マオ 【女性カンフー映画スター3選①】

ノラ・ミャオ 【女性カンフー映画スター3選②】

ムーン・リー 【女性カンフー映画スター3選③】

千葉真一 【日本のアクションスター俳優①】

真田広之 【日本のアクションスター俳優②】

第6章 カンフーを習おう!

カンフー(功夫)とは

カンフーの種類 【長拳・南拳・太極拳】

大阪のカンフー教室・カンフー漫画「拳児」

著者:HARUKA

大阪府出身。趣味はドラム。中国武術は現在見習い中です。好きな映画ジャンルはダントツでカンフー映画!小学生の頃にジャッキー映画にはまり、今に至る。カンフースターは映画「霊幻道士」の道士役ラム・チェンイン氏が一番好きです。多くの人に新旧問わずカンフー映画に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

お問い合わせはこちらから