King Gnu井口理の紹介① 【常田大希との関係性】

Webon紹介目次著者
King Gnuを聴いて「人生が変わった」音楽を愛して40年の著者が綴った『KingGnu入門』の決定版!「KingGnuって何?」という方も、既に「ヌー民」の方もこれを読めばKingGnuの曲をさらに楽しめる事間違いナシ!!

King Gnu入門 〜全人類必聴の歴史的革命バンド〜 【メンバーと軌跡編】はこちらから!

著者:渡辺和歌

1970年生まれ。音楽を愛して40年。中学時代は『ベストヒットUSA』を欠かさずチェック。当時の洋楽ヒット曲をラジオから録音しお気に入りのカセットテープを作成。ビートルズのアルバムは全て揃え『イエロー・サブマリン』などのビートルズ映画上映会にも欠かさず参加。中森明菜さんのファンで歌詞を耳コピして書き起こしていた。中島みゆき、中森明菜、尾崎豊、サカナクション、大島保克、元ちとせにも傾倒。King Gnuを聴いて生き方が変わるほどの感銘を受ける。現在はラジオやテレビ出演、SNSやライブなどでチェックしKing Gnuを追いかけている。

お問い合わせはこちらから

『King Gnu入門【メンバーと軌跡編】』目次へ  (全16ページ)

 

この章では3ページにわたってKing Gnuのツインボーカルの片割れであり、フロントマン(バンドの顔となる存在)の井口理(いぐち さとる)さんという人物を【常田大希との関係性】【人間性】【音楽性】に分けて紹介します。

このページでは井口さんと常田さんとの関係性についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

井口理の基本情報

名前 井口理(いぐち さとる)
担当 ボーカル/キーボード
生年月日 1993年10月5日
出身地 長野県伊那市
血液型 AB型
身長/体重 180cm/体重62kg~78.5kgくらい(出生体重:3300kg)
学歴 伊那市立東部中学校→長野県伊那弥生ヶ丘高等学校→東京藝術大学 音楽学部 声楽科
音楽遍歴 七尾旅人/井上陽水/安全地帯/布施明/尾崎紀世彦/オフコース/チューリップ/ブルーハーツ/ZAZEN BOYS/モーニング娘。/ブラックビスケッツ/EGO-WRAPPIN’/ポルノグラフィティ/東京事変/ブルガリア・コスミック・ヴォイセズ合唱団/歌謡曲~J-POP~邦楽ロック

 

King Gnuのツインボーカルの片割れであり、フロントマン(バンドの顔となる存在)の井口理(いぐち さとる)さん。

井上陽水さんなどの物真似を含め、見た目が秦基博さんや山田孝之さん、(前歯がチャーミングな)ガチャピンに「似ている・似ていない」と騒がれたり、メジャーデビューが発表された時点でタガが外れ、大好きな“バター醤油ご飯”を食べすぎて太ったり、髪型がモンチッチみたいになったり……。

「デビューが決まったフロントマンならスマートに格好つけたいものでしょう」というありきたりな発想をはるかに超え、夜な夜な冷蔵庫を開けてはバターをなめる自称“妖怪バターなめ”と化していたとか。ブロッコリーを中心としたダイエットを始められたのはデビュー後です。

 

常田さんとの関係性

 

そんな予測不可能な井口さんの人柄を知るには、同じ長野県伊那市ご出身でKing Gnuのリーダー常田大希さんとの関係性から始めるのがいいでしょう。以下では井口さんの略歴とともに、常田さんとの関係性についてお伝えします。

 

小・中学校の幼なじみ

 

King Gnuのファン“ヌー民”のあいだで“伊那ズ”(2人とも出身地が伊那市であることから)と親しまれている2人は、小・中学校が同じの幼なじみ。井口さんは常田さんの1学年下です。

常田さんのお母様が、井口さんのお母様に「(息子が)バンドに誘ってごめんね」となぜか謝られるという微笑ましいエピソードもあります。

このページの続きを閲覧するにはログインが必要です。 or 新規会員登録(税抜300円で読み放題!)