アニマルカフェとは|厳選4店を見所とともに紹介!

Webon紹介目次著者
エキゾチックアニマルはペットとしての歴史が浅く、人に馴れにくいからこその魅力があります。多数のエキゾチックアニマルを飼育してきた筆者が、種類・飼い方・会える場所などを紹介。

ペットとしての『エキゾチックアニマル』入門はこちらから

はじめに

エキゾチックアニマルとは

第1章 エキゾチックアニマルを深く知る

人類とペットの歴史 ~エキゾチックアニマルの魅力~

ペットを飼うなら知っておくべき心構え

エキゾチックアニマルを飼うなら知っておくべき心構え

第2章 代表的なエキゾチックアニマルの種類

代表的な飼えるエキゾチックアニマル  ~哺乳類編~

代表的な飼えるエキゾチックアニマル  ~爬虫類 / 両棲類編~

代表的な飼えるエキゾチックアニマル  ~鳥類 / 魚類編~

代表的な飼えるエキゾチックアニマル  ~奇蟲編~

第3章 定番エキゾチックアニマルの飼い方

エキゾチックアニマルの飼い方 ~フクロモモンガ編~

エキゾチックアニマルの飼い方 ~ヒョウモントカゲモドキ編~

エキゾチックアニマルの飼い方 ~ベタ編~

エキゾチックアニマルの飼い方 ~ダイオウサソリ / バンパイアクラブ編~

エキゾチックアニマルの飼い方 ~おすすめの飼育用品編~

第4章 エキゾチックアニマルを飼おう

エキゾチックアニマルに会いに行こう① ~動物園編~

エキゾチックアニマルに会いに行こう② ~アニマルカフェ編~

エキゾチックアニマルを飼おう① ~ペットショップ編~

エキゾチックアニマルを飼おう② ~即売会(即売イベント)編~

著者:國谷正明

北関東在住の1児のパパ。フリーランスのライターとして、ゲームのシナリオや小説の執筆、記事作成を中心に活動しています。趣味は作曲と爬虫類飼育。好きな作曲家はエリック・サティ。好きな映画監督は深作欣二。好きなアニメはスポンジボブ。好きな学問は民俗学。敬愛する作家はジム・トンプスン。いいにおいのする文章を書こうと日々苦心しています。お問い合わせはこちらから
facebook(國谷) https://www.facebook.com/masaaki.kuniya.3344

『エキゾチックアニマル入門』目次へ  (全17ページ)

 

スポンサーリンク

アニマルカフェとは

 

アニマルカフェとは、動物とふれあいながら美味しい飲み物をいただくことのできる新しい形のカフェです。アニマルカフェの多くは生体の販売も同時におこなっているため、気に入った動物をその場で購入することも可能です。

 

カフェ リトル・ズー


(画像引用元:http://little-zoo.jp/)

基本情報

 

所在地 千葉県習志野市本大久保1-4-10
電話番号 047-455-3329
ホームページ http://little-zoo.jp/
営業時間 12:00~20:00、金・土・祝日前日 12:00~22:00
休店日 水・木曜定休
展示生体(一部) ベンガルワシミミズク、モリフクロウ、インドコキンメフクロウ、ハリスホーク、フィンランドオオタカ、ニシマツカサトカゲ、アルマジロトカゲ、デプレッサイワトカゲ、ボールパイソン、オビタイガーサラマンダー、アメフクラガエルなど

 

<会える動物のイメージ>

▼モリフクロウ

 

見どころ

 

カフェ リトル・ズーは猛禽類と爬虫類を中心に展示しているアニマルカフェです。上記の生体を展示している他、シーズンには各種猛禽類の雛の生体販売や、冷凍マウス・ひよこ・うずら・ハトといった冷凍餌の販売もおこなっています。

展示している猛禽タレントをイメージしたオリジナルカクテルサワーやおつまみメニュー、軽食やケーキなど、カフェメニューも充実しています。

 

爬虫類カフェ らぷとる


(画像引用元:https://reptiles-cafe.com/)

基本情報

所在地 東京都新宿区歌舞伎町2-17-10 新宿小沼ビル2F
電話番号 03-6912-9445
ホームページ https://reptiles-cafe.com/
営業時間 平日 16:00~21:00、土・日・祝 14:00~21:00
休店日 火・木曜定休
展示生体(一部) アルダブラゾウガメ、アルビノグリーンイグアナ、マツカサトカゲ、カイマントカゲ、アルマジロトカゲ、スケトスイワトカゲ、ベーレンパイソン、レースモニター、コバルトヤドクガエル、アメリカカブトガニなど

 

<会える動物のイメージ>

▼『ゾウガメ』カフェ・らぷとるでは乗ることができます。

▼『オオトカゲ』「犬のように人に馴れた」という触れ込み

 

見どころ

 

爬虫類カフェ らぷとるはアジアンテイストあふれる店内で100匹を超える爬虫類と触れ合うことのできるアニマルカフェで、爬虫類以外にも両棲類や奇蟲も多数展示されています。

10分500円の基本料金と、120分まで2,000円のセット料金があり(ともにサービスドリンク込)、餌やりと触れ合いは別途700円となっています。

スポンサーリンク

 

Moff animal café(イーアスつくば店)


(画像引用元:http://moff-cafe.jp/moff-animal-cafe/iias)

基本情報

 

所在地 茨城県つくば市研究学園5-19(イーアスつくば内)
電話番号 029-846-7900
ホームページ http://moff-cafe.jp/moff-animal-cafe/iias
営業時間 10:00~20:00
休店日 イーアスつくばの定休日に準ずる
入店料金 中学生以上 1,000円、4歳以上 600円、3歳以下 無料
展示生体(一部) ネコ、鳥類、小動物、爬虫類など

 

<会える動物のイメージ>

▼『フクロウ』腕に乗せたり触れ合えるコーナーがある。

 

見どころ

 

Moff animal caféはフクロウやリクガメ、イグアナや小動物などのエキゾチックアニマルと触れ合うことのできるアニマルカフェで、常時10匹程度のネコが待機している猫カフェブースが併設されています。

イーアスつくば店の他、イオンモール幕張都心店やイーアス高尾店、水戸オーパ店、ビッグホップガーデンモール内にある同系列のMoff animal worldなど関東近郊に多数の店舗を展開しており、さらに国内最大のダチョウ観光牧場として石岡と袖ヶ浦にファームを構えるダチョウ王国との提携もおこなっております。

 

小動物カフェ ROCK★STAR


(画像引用元:http://smallanimal.rock-star.xyz/)

基本情報

 

所在地 大阪府大阪市中央区難波千日前6-7 辻ビル5F
電話番号 06-6537-9607
ホームページ http://smallanimal.rock-star.xyz/
営業時間 11:00~22:00 (2時間予約制)
休店日 不定休
入店料金 初回のみ1,000円(2回目以降入場無料)
展示生体(一部) チンチラ、パスバレーフェレット、フクロモモンガ、ハリネズミ、デグー、ステップレミング、ピグミーオポッサム、プレーリードッグ、各種ハムスターなど

 

<会える動物のイメージ>

▼『フェレット』ROCK★STARのフェレットは人に馴れているので、初心者でも飼いやすいという触れ込みがある。

 

見どころ

 

小動物カフェ ROCK★STARはその名のとおり、小動物に特化したアニマルカフェです。マーシャル社公認のマーシャルフェレットや各種生体のベビー個体の販売もおこなっています。

 

マーシャルフェレットとは
フェレットは、繁殖場によって異なる特徴を持ちます。マーシャル社は、アメリカのニューヨークに本社を置く、世界で唯一のフェレットの専門の会社。マーシャル社のフェレットは、人なつっこく優等生的な性格を持つ、

 

カフェメニューも充実しており、小動物をイメージしたスイーツやドリンク、オムライスやパスタ、リゾットといった洋食など、さまざまなメニューを豊富に取り揃えています。

初回のみ1,000円の入店料金が発生しますが、会員の方と一緒に来店すれば初回入店料はかからないシステムとなっています。

 

『エキゾチックアニマル入門』目次へ  (全17ページ)

 



スポンサーリンク

 

著者:國谷正明
北関東在住の1児のパパ。フリーランスのライターとして、ゲームのシナリオや小説の執筆、記事作成を中心に活動しています。趣味は作曲と爬虫類飼育。好きな作曲家はエリック・サティ。好きな映画監督は深作欣二。好きなアニメはスポンジボブ。好きな学問は民俗学。敬愛する作家はジム・トンプスン。いいにおいのする文章を書こうと日々苦心しています。お問い合わせはこちらから
facebook(國谷) https://www.facebook.com/masaaki.kuniya.3344
目次