サシ宅飲み5つの事前準備テクニック

Webon紹介目次著者
お酒を飲む機会は近年減っていると言われますが実は宅飲み(家飲み)の需要は上がっています。お酒が大好きな鹿児島の主婦による『宅飲み入門 ~ラクに楽しむ方法~』はこちらから!

著者:さつまのだれやめママ

鹿児島生まれ鹿児島育ち、三姉妹のママ、主婦歴12年。夫婦揃ってお酒が好きです。お酒の種類は大概なんでも飲みますが、特に好きなのはビールや焼酎。毎晩主人と乾杯をする為に、家事や育児を頑張っております。

お問い合わせはこちらから

 

『宅飲み入門』目次へ  (全16ページ)

 

一人宅飲みだと自分本意で良いですが、相手があってこそのサシ宅飲み。

二人で楽しく過ごせるように、事前準備を行いましょう。このページではサシ宅飲みならではの事前準備テクニックを指南したいと思います。

 

スポンサーリンク

1 何を買って何を作るか考える

 

同性同士なら気取らずに食べられるものがよいですね。

一人暮らしで自炊しないなんて方も多いので、スーパーのお総菜でも良いかもしれません。

でもお酒のつまみにって色々お惣菜買っていると、結構お金がかかっちゃいませんか?

我が家だけでしょうか・・・。

 

お財布事情が厳しいなら2、3品だけでも手作りして、揚げ物とか自分で作るのが大変な物を買ってプラスしましょう。

卵を割ってスクランブルエッグにしたり、ウインナーを炒めるだけでも十分です。スパゲッティソースがあるなら、麺をゆでればすぐに出来上がります。

 

 

料理が得意な方はちょっと物足りない情報ばかりですね。後のページではおつまみメニューを紹介していますので、気になる方はそちらもご覧ください。

 

サシ宅飲みにおすすめのおつまみメニューは第2章4ページ目で!(このページは第2章2ページ目)

 

2 日持ちする物を買っておく

 

盛り上がって長居していると、お腹すいちゃいませんか?太る元なんですが。

とり合えず日持ちするものを購入しておくのはどうでしょう?

 

がっつりなら、カップ焼きそばやラーメン、冷凍食品のうどんなど。

軽くならば一人宅飲みとかぶりますが、チーズ、さつまあげ、ミックスナッツやスナック菓子、チョコレートなどは買っていてもわりと日持ちするので、無駄になりません。

 

個人的にオススメするのは冷凍食品の揚げるだけのポテトです。

 

 

「苦手だな~」と思っている方、油を熱して温度が上がってからポテトを揚げてませんか?

そうすると水分を含んでいるので、結構跳ねます。

しかし、油とポテトを一緒に入れてから火にかけるとそんな心配は無くなりますので、お試しください。

スポンサーリンク

 

 

揚がったポテトに塩を振るのは定番ですが、乾燥バジルもプラスするとすごく美味しいです!

ビニール袋に塩とバジルをいれてポテトをフリフリして、まんべんなく味がをつけましょう。

ただし熱々だと火傷したり、ビニールが溶けちゃいますから気を付けてくださいね。

 

3 楽しめるものを用意しておく

 

ずっと会話ばかりだと飽きてしまうかもしれません。

なにか二人で楽しめるものがあると、より素敵な時間を過ごすことができるはずです。

定番は映画ですかね?友人ならば好みが合うような種類を選ぶと良いですね。

 

異性なら相手の好みはもちろん、見たがっている映画をリサーチしておきましょう。

私なら「覚えいてくれたんだ!」と感動します。単純かもしれませんけど。

1本だとリサーチ後に見ていたなんて事になるかもしれないので、2~3本あると良いかもしれませんね。

学生時代の友人ならば私がオススメするのはアルバムなどです。とっても盛り上がります。

私はこの年になってから分かりましたが、社会人になってからも学生時代の人と付き合いがあるなんて有り難いことですよ。

 

4 紙皿などを利用する

 

片付けが面倒ならば、紙皿などを利用してしまいましょう。絵柄が入った素敵なものも100円ショップにあります。

また一人宅飲みと同じく、飲む前に出来るだけ洗い物を片付けてしまいましょう。

 

5 段取りをしっかりと練っておく

 

自宅に相手が来てからバタバタ準備してしまっていてはスマートではありません。

手料理を振る舞うなら、食材をカットしたりして事前に準備しておきましょう。

献立は作り置きできるメニューを取り入れて、あらかじめ作っておくと、調理がとても楽になります。

またコップや取り皿、お箸なども確認してすぐ使えるようにしておくと良いですね。

 

『宅飲み入門』目次へ  (全16ページ)

 

スポンサー