小室哲哉はなぜ天才と呼ばれたのか? 【90年代邦楽のヒットメーカー解説①】

Webon紹介目次著者

あなたにとっての“あの頃”はいつですか?著者にとってアツかった時代「90年代」のJ-popヒット曲を生粋の邦楽ファンの著者が分析します!読めば“あの曲”を聴きたくなる事間違いナシ!!

90年代J-popヒット曲入門 ~音楽で振り返る90年代!~(全11ページ)はこちらから!

著者 シン アキコ

30代前半女性。邦楽ファン歴25年。70年代、80年代、90年代の邦楽を愛しています。「歌詞」「曲が生まれた背景」「当時の流行との関連性」などを分析することが好き。

お問い合わせはこちらから

 

『90年代J-popヒット曲入門』目次へ  (全11ページ)

 

この章では90年代邦楽のヒットメーカーである【小室哲哉】【つんく♂】【織田哲郎】の3人にスポットライトを当てて、当時のJ-POP界がどのようなものだったかをお伝えします。

このページでは90年代のヒットメーカーのひとりとして「小室哲哉」を紹介。

彼のプロデュース作品に着目し、2つの作品(いずれもヒット作)を例に「小室哲哉はどうスゴイのか」を伝えてまいります。

私自身、とくに90年代後半のTKブームはありありと覚えているため、そういった熱量が伝われば幸いです。

 

スポンサーリンク

小室哲哉の基本情報 ~概要とヒット曲の例~


By Norio NAKAYAMAFlickr: MTV VMAJ 2014, CC 表示-継承 2.0, Link 

名前 小室哲哉(こむろ てつや)
生年月日 1958年11月27日
出身地 東京都
デビュー TM NETWORKとして1984年に「金曜日のライオン」でデビュー
1983年にTM NETWORKを結成。代表曲は「Get Wild」(売上22万枚、1987年オリコン年間22位)1993年に手掛けたtrfがきっかけでプロデューサーとしてブレイクする。その後「篠原涼子」「globe」「華原朋美」「安室奈美恵」などを手掛け、多くの曲がミリオンセラーとなる。小室哲哉が楽曲を提供した歌手は「小室ファミリー」など称された。

▼TM NETWORK「Get Wild」

▼90年代小室哲哉が手がけたヒット曲例

リリース年月 アーティスト「曲名」 備考
1993年2月 trf「EZ DO DANCE」 79万枚。『シーブリーズ ’93』CMソング。
1994年7月 篠原涼子 with t.komuro「恋しさと せつなさと 心強さと」 累計売上は202.1万枚。同曲で紅白歌合戦に出場。
1995年10月 華原朋美「I BELIEVE」 華原朋美大ブレイクのきっかけとなった曲。100万枚突破。
1995年12月 安室奈美恵「Chase the chance」 100万枚突破。日本テレビ土曜ドラマ「ザ・シェフ」の主題歌。
1996年1月 globe「DEPARTURES」 228.8万枚。globe最大のヒット曲。
1996年3月 華原朋美「I’m Proud」 「I BELIEVE」に続いて、2作連続でミリオンセヒット。
1996年3月 安室奈美恵「Don’t wanna cry」 100万枚突破。同年12月に安室奈美恵を真似を女性を指す「アムラー」が流行語大賞に選出。
1997年1月 globe「FACE」 フジテレビ系木曜劇場「彼女たちの結婚」主題歌。ミリオンヒット。
1997年2月 安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE?」 累計出荷枚数229.6万枚。オリコン歴代女性シングル売上1位となる。結婚式の定番曲となる。

▼TRF「EZ DO DANCE」

▼安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE?」

 

小室哲哉の功績

 

もしも90年代の日本に“小室哲哉”の存在がなければ、J-POPはまるで違う道をたどったかもしれません。それほど、小室哲哉が日本の音楽業界に残した功績はとてつもなく大きいものだと思っています。

 

彼は、私たちの知らなかった世界を運んできた人。

知らなかった文化の種をまき、知らなかった景色を「ほらね」と見せてみた人。

昨日まで知らなかったものを今日の“当たり前”にした人。

私は彼を、そう認識しています。

彼がいなければ知ることのなかった音楽、生まれなかった音楽がたくさんあったかもしれないと気づくたび、やはり彼は天才なのだと感じます。

 

当時まだ日本にはなじみがなかったダンスミュージックやR&B、ブラックミュージックを持ち込み、シンセサイザーをはじめとした電子機材を多用した彼の音楽。

当時の“大人たち”からは

「日本の音楽の良さがなくなった」
「あれは音楽じゃない」

といった声が聞かれることもありました。

しかし、若者からの支持は絶大。

 

90年代後半には、小室サウンドはJ-POPのマジョリティとなっていきます。

新たな文化や新たな風を吹き込みながらも、彼の音楽には「日本人に愛されるアレンジ」「日本人が好むメロディライン」がありました。

特に90年代の曲には「分かりやすいサビ」「繰り返すフレーズ」「口ずさみやすく、響きを重視した和製英語の多用」といった工夫が隠されています。

独りよがりではなく、大衆に向けた音楽。

それが小室サウンドの根底であると思います。だからこそ街じゅうに小室サウンドが流れ、TVやCMで使用され、カラオケで歌われた。そして、20年以上の時を経た今も愛され続けているのでしょう。

 

プロデュース能力と歌詞の魅力

 

彼の才能において作詞作曲の技術はもちろんのこと、特筆すべきはそのプロデュース能力。

タイトルを「小室哲哉」としていながら、このページでは彼のプロデュース作品の話が主になりますが“作品”こそ彼の代名詞的存在という敬意をこめて。

あえてプロデュース作品の話をしたいと思います。誰に、どのような曲を、どのような言葉を歌わせると“良い”のか。

スポンサーリンク

そのメッセージを誰に向けるのか。どの世代にヒットするのか。彼はそういった選定能力に非常に長けた人であると思います。

 

また、彼の書く歌詞も注目していただきたい魅力のひとつ。

共感される歌詞というのは、普遍的なテーマ(愛とは、平和とは、等)を扱っているか、あるいは一人称で語られるものがほとんど。

しかし彼の歌詞は、そのどちらとも当てはまらないことが多くあります。また、一人称にしてみたって、それは彼の言葉でもなく、シンガーの言葉でもない。

この世界にいる“誰か”の代弁。

“誰か”のストーリー。

日本は何を求めているのか?若者は?女子高生は?渋谷でたたずむひとりの女の子は?

 

【コラム】“誰か”のストーリーの例

「女子高生」=「Body feel EXIT」「Don’t wanna cry」など休養前の安室奈美恵の楽曲には女子高生世代の感情を投影しているように感じます。「渋谷でたたずむひとりの女の子」=「FACE(globe)」「Hate tell a lie(華原朋美)」「I’m Proud(華原朋美)」は華原朋美、globeの楽曲に多いイメージです。また「いろんな顔と心って世界じゅうに溢れているね 敵味方に分かれ 殺し合いをしているね」(安室奈美恵「Don’t wanna cry」)「世紀末の10年いろいろあるよね 君は未来へとどう伝えていくんだろう?」(TK presents こねっと「you are the one」)など、不意に大きな視点で物事を語るというのは、小室氏の作品にはよく見る手法だと思います。

 

焦点をどこに絞っても照準が合うような、それでいて“たったひとり”に向けてもいるような、彼の歌詞の世界には不思議な奥行きと共感性がある。

若者に支持されたのはこの点も大きいと思います。

小室氏が紡ぐ言葉、シンガーが歌うストーリーは“私の物語”。

そう思わせることのできる、非常によく考えられた歌詞であると思います。

 

小室哲哉の作品

 

ここまでは小室氏の功績などについてお伝えしてきましたが、以下では2つの作品(いずれもヒット作)を例に「小室哲哉はどうスゴイのか」をお伝えいたします。

 

WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント(H jungle with T)

 

「この曲知ってる?」と誰かに尋ねたとします。

おそらく大概の人は「Hey Hey Hey 時には起こせよムーヴメント がっかりさせない期待に応えて…」と歌うでしょう。

それがこの楽曲のおもしろいところ。

実はその歌詞、そのメロディは、楽曲中にたった1度しか登場しないのです。

それほどこのフレーズがキャッチ―で、印象を残したということ。

 

プロデュースのきっかけとなった番組タイトルである「Hey Hey Hey」というワード、楽曲サブタイトルが組み込まれた部分をきっちりと、一番歌われるフレーズにする。

まさに技ありといったところでしょう。

もちろんCM等の露出でこの部分が多く使用されたということもあるでしょうが、それも込みで彼の戦略なのかもしれませんね。

「待ってました」というタイミングで、聴きたいフレーズ・耳に残るフレーズを持ってくるところに小室氏のセンス、高い技術を感じます。

 

この曲の魅力は“等身大”。

仕事帰りの疲れた身体で電車かバスかに揺られ、日々の多忙と虚しさに追われながら、学生のころに戻りたいとふと考えたりする。そんなどこにでもいる男がこの曲の主人公。

 

流れる景色を必ず毎晩みている 家に帰ったらひたすら眠るだけだから
ほんのひとときでも 自分がどれだけやったか 窓に映ってる素顔を誉めろ

引用:「WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント」H Jungle with t 作詞作曲小室哲哉

 

私自身、学生時代にはこの曲を「ノリの良い曲」程度にしか感じていませんでした。

でも大人になり、仕事をし、毎日くたくたの身体でどうにか家に帰る、そんな生活を送っていたある日の仕事帰り。

バスに揺られながら、ふいにこの曲、このフレーズが耳に飛び込んできました。

涙が出そうになりました。

疲れて、疲れ果てて、それでも明日も頑張らなくてはならなくて、明日頑張るためだけに今日を生きて今夜を眠る。

そんな日々の繰り返しの中にいた当時の私には、心にぐっと突き刺さるものがありました。

そしてこのフレーズを小室哲哉が書くということに、彼のすごさを感じるのです。

 

彼は当時すでにヒットメーカー。時代の頂点にいたと言っても過言ではありません。

それまでにも、TM NETWORKの活動や他アーティストへの楽曲提供などを含め、早くからエンタメ業界で活躍してきた小室氏。

私たちとは異なる世界を生きてきた彼が、なぜこれほどまで共感できる歌詞を書けるのか。

 

彼にも同じように、疲れて苦しくてたまらない日があったかもしれない。

けれど満員のバスや電車に揺られることはきっとなかったでしょう。

どれほどの想像力をもってすれば、こんな歌詞が書けるのでしょうか。

それが、私にとってまだまだ底知れない小室哲哉の魅力なのです。

 

SWEET 19 BLUES(安室奈美恵)

▲「SWEET 19 BLUES」MV

 

「SWEET 19 BLUES」を聴くと、当時まさに19歳だった安室ちゃん(愛着を込めこう呼ばせていただきます)が泣きながら歌っているシーンを思い出します。

 

世の中かっこつけてて それよりかっこよくなきゃいけない もし飛び出るんだったら…

昨日はあの子が私の 明日は私があの子の 傷をいやして

SWEET SWEET 19 BLUES だけど私もほんとはすごくないから
SWEET SWEET 19 BLUES 誰も見たことのない顔 誰かに見せるかもしれない

引用:『SWEET 19 BLUES』安室奈美恵/作詞作曲TETSUYA KOMURO

 

当時の女の子がみな憧れた長い茶髪をかきあげ涙をごまかしながら、それでもこらえきれずこのフレーズでついにこぼれ落ちた涙。

若者の最先端、憧れ…とはいえ、いま思えばまだ19歳の女の子。

どれほどのプレッシャーがその小さな身体にのしかかっていたでしょう。

 

「今どきの若いモンは」という言葉は、いつの時代にも聞かれますよね。

安室ちゃんが活躍した90年代後半にも、例にもれずその言葉が飛び交いました。

たしかに少し、荒んでいた時代だったかもしれません。

長引く不況や、凄惨さを増す少年事件の数々、もしかしたら訪れるかもしれない世界の終わりへの言い知れぬ不安。

不安や不満でざわついていた当時の日本で「若者」のシンボルであった安室ちゃん。きっと、良いことばかりではなかったかもしれません。

 

安室ちゃん自身も当時、

「なんで小室さんは私のことがわかるんだろうと思った」と語っていました。

もともとR&Bが好きだった彼女にこの曲を贈っているという点も、小室氏の才能であり優しさであるような気がします。

当時はまだ、ブラックミュージックやブルースが邦楽ヒットチャートにのぼることはめずらしい時代。

「SWEET 19 BLUES」は、小室氏も語るように日本人にとって心地よいブラックテイスト。

若者の憧れである安室奈美恵が歌うことによって、幅広い世代に受け入れられました。

 

ここまで語っておきながらも、私が小室哲哉の熱狂的ファンでとても詳しいかといえばそうでもないのです。

ここに書いたことはあくまで主観であり、私はファン未満のいちリスナーにすぎません。

ただ、私の青春である90年代に小室哲哉がいてくれたことはこの上なく嬉しい奇跡。

彼の楽曲がいまも私の人生を彩り続けてくれていることは、まぎれもない真実なのです。

 

『90年代J-popヒット曲入門』目次へ  (全11ページ)



スポンサーリンク

目次著者

著者 シン アキコ

30代前半女性。邦楽ファン歴25年。70年代、80年代、90年代の邦楽を愛しています。「歌詞」「曲が生まれた背景」「当時の流行との関連性」などを分析することが好き。

お問い合わせはこちらから