Endless SHOCKの6つのみどころ

Webon紹介目次著者
「Endless SHOCK(エンドレスショック)」は堂本光一さん主演の日本一チケットが取れないと言われているミュージカル。「フライング」「階段落ち」などの演目も素晴らしいですが、ストーリーの素晴らしさをもっと知っていただきたい。帝国劇場での鑑賞経験はございませんが、精一杯魅力をお伝えします。

「『Endless SHOCK』入門 ~堂本光一主演ミュージカル~」はこちらから!

著者:しあ

40代後半女性。Endless SHOCKは博多座にて多数鑑賞。ライブが大好きで今まで行ったライブは数百本。全部チケットの半券をとっているのでとても大切な想い出です。私の好きなアーティストの魅力を知っていただければ、と思います。

お問い合わせはこちらから

 

『Endless SHOCK』目次へ  (全14ページ)

 

Endless SHOCK(エンドレスショック)は、フライングや階段落ちのシーンなどがよく取り上げられますが他にも多くの魅力的な見どころがあるのです。

このWebon「Endless SHOCK入門」では見どころについて詳しく解説していますが、いずれもネタバレ的な内容が含まれてしまいます。

そのため、このページではネタバレしたくない人のためのEndless SHOCKの見どころをまとめさせていただきました。

ネタバレを含んだ詳しい見どころの解説を知りたい方は下記より! ネタバレを含んだ詳しい見どころの解説を知りたい方は下記より!

 

是非、Endless SHOCKの見どころを知ってEndless SHOCKを実際に観ていただきたいと思っています。

 

ちなみに、Endless SHOCKはいくつもの「演目」によって構成されています。

Endless SHOCKの演目は全てパンフレットに記載されています。

 

 

このような形で。

それを踏まえて、ご一読いただけますとより見どころが理解しやすくなるかと思います。

 

スポンサーリンク

Endless SHOCKの見どころ① ストーリー/劇中劇シェイクスピア

 

Endless SHOCKは、光一さんが創り上げたストーリーが素晴らしいです。

ストーリーのテーマは「Show must go on(何があってもショーを続けなければならない)」です。Endless SHOCKでは、コウイチとライバルとの対立を通してこのテーマが描かれています。

 

これは、舞台上の「ショー」のことだけではなく、「人生」にも置き換えられています。

光一さんは「観た人それぞれがそれぞれの『Show must go on』を感じてもらえれば」と語っています。

コウイチのショーに全てを捧げた人生、ライバルのコウイチへの憧れ、嫉妬、成長、仲間との信頼関係…その全てに心が震え、Endless SHOCKを観終わった後には、きっと勇気をもらえると思います。

また、劇中劇の「シェイクスピアシアター」では、主人公コウイチの表情、迫力、オーラ、そしてゾクゾクするシーンは必見なのです。

 

ネタバレを含んだストーリー/シェイクスピアシアターの詳しい解説はこちら! ネタバレを含んだストーリー/シェイクスピアシアターの詳しい解説はこちら!

 

Endless SHOCKの見どころ② フライング/太鼓

 

フライングとは「天井のワイヤーで吊られて(光一さんが)スタージ上や客席の上を飛び回るシーン」のことを指します。

Endless SHOCKがテレビなどで紹介される際に、よく話題となるのがフライングのシーン。堂本光一さんが華麗に空中を舞っているあの姿です。

 

フライングはただ吊られているだけではダメなんです。フライングをきれいに見せるには、体幹や姿勢が重要で、そのためには筋力も必要。

光一さんは全てを兼ね備えていてそのフライングは日本一と言われています。光一さんほど、綺麗に空中を舞える人はいないそう。

 

フライングはただ吊られているだけでは、体がぐらぐらしてしまいます。

光一さんの姿勢はピシッとしていて、片足を少し曲げるようにしてバランスをとっています。

 

▼片足を少し曲げるイメージ

 

また、太鼓のシーンは圧巻です。このシーンには、世界的にとても評価の高いパーカッショニストの石川直氏や、和太鼓奏者の日野一輝氏が出演しています。

▼石川直氏

 

太鼓のシーンは、ハードなシーンの後にあるので光一さんは腕がパンパンだそう。

 

 

ネタバレを含んだフライング/太鼓の詳しい解説はこちら! ネタバレを含んだフライング/太鼓の詳しい解説はこちら!

 

Endless SHOCKの見どころ③ ダンスシーン

 

Endless SHOCKの多彩な演目の中でも、堂本光一さんの魅力を堪能できるのがダンスナンバー。

私は光一さんのダンスが大好きです。

本当にダンスが上手だし、身のこなしがキレイ。

私はそんなにダンスに詳しくはありませんが、光一さんのダンスは基本に忠実で、変な癖がなく、かといって個性がないわけではなく、一目で「光一さんらしさ」が感じられるダンス。

 

ダンスシーンはいくつかあります。

 

 

演目「SOLITARY」は極力まばたきをせず、じっくりと見てほしい最高のダンスナンバー。

何から何までカッコよくて、素晴らしすぎます。私は、コンタクトレンズをしていることもあり、いつも目がカピカピになってしまいます…。

「目が何個もあればいいのに」と思うほど。

 

前のキャストの演目が終わった後、ステージ中央暗闇の中、光一さんがスッと顔と手を上げて立っており、曲が始まった瞬間、最高にカッコいいキレッキレのダンスで魅せてくれます。

全身黒の衣装ですが、ジャケットやパンツにはキラッキラの刺繍やスパンコールなどが施され、ジャケットの内側は赤になっていて、これが演出効果を醸し出しています。

光一さんは、ハットをかぶっていますが、終盤そのハットを舞台袖に投げます、カッコよすぎてたまりません。いちいち所作が美しいんです。

 

また、2015年から「AMERICA」という曲に変わり、新曲として披露されるようになった「Dancing On Broadway」は、光一さんの衣装が肩にキラキラがついた黒のタキシードのダンスシーンです。明るく楽しい演目。

 

 

演目「HIGHER」は、マイケル・ジャクソンの振付師でもあった、トラヴィス・ペイン氏が振り付けをした曲。光一さんたちがロスアンゼルスでトラヴィス氏から直々にレッスンを受けました。

とってもハードな振り付けで、光一さんが「勘弁して(笑)」と言うほど。

 

 

ネタバレを含んだダンスシーンの詳しい解説はこちら! ネタバレを含んだダンスシーンの詳しい解説はこちら!

 

Endless SHOCKの見どころ④ 殺陣・階段落ち

 

Endless SHOCKの中でも大きな話題となっているのが、約15分ほどに渡って行われる激しい殺陣のシーン。Endless SHOCKでは堂本光一さん、キャスト全員が本格的な殺陣にこだわって、このシーンを創り上げています。

動きの激しさと手数の多さは、実際に生で観るとその迫力に圧倒されます。

しかも、舞台が上がったり下がったり回ったりするのです。その中で殺陣を行っているのですから、一歩間違えば大事故につながりそうな場面なんです。

 

アクション・コーディネーターの諸鍛治裕太さんが、光一さんに殺陣の指導を始めたのが2004年頃。

 

諸鍛治裕太(もろかじ ゆうた)
1965年生まれ。映画・ドラマ・舞台と数々のアクションのコーディネートを行う。手掛けた作品に映画「バトル・ロワイヤル」「あずみ」、ドラマ「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」などがある。

 

その時に殺陣の激しさに光一さんが倒れたそうですが、「俺できる。俺ガンバレ俺ガンバレ。」と自分に言い聞かせていたそう。

その姿に諸鍛治さんは感動したとの事。

「あれはすごい、やめたいじゃなくて、自分に活を入れている姿には脱帽。」

と語っていました。

 

殺陣シーンは迫力がすごいだけでなく、登場人物に感情移入するあまり観ているだけなのにぐったりします。周りの人たち(著者の周りの観客)も疲れたように「はぁ~っ」と言っているので、同じ気持ちかもしれません。

 

▼階段落ちのシーンのイメージ

 

階段落ちは、転がるのは割と簡単で止める方が難しいそう。光一さんは階段落ちの際、下から5.6段目の階段で、転がりながら足で階段をダンっと踏んでブレーキをかけるそう。

そうしないと、ステージ下まで転がってしまうかもしれないから。冷静に転がっていることに驚きます。かすり傷や打撲はあるにせよ、大きな怪我がない事に感心します。

 

ネタバレを含んだ殺陣/階段落ちの詳しい解説はこちら! ネタバレを含んだ殺陣/階段落ちの詳しい解説はこちら!

 

Endless SHOCKの見どころ⑤ 夜の海

 

 

「夜の海」は、Endless SHOCK 2幕のクライマックスで上演される、とてもとても感動的な美しい演目です。

光一さんがジャニー喜多川社長(=ジャニーズ事務所の社長)に「夜の海」を演目にと提案したところ「こんな暗い曲をラストに持ってくるなんて信じられない」と言われたそう。

でも、ここでぶつかっておかなければジャニーさんを超えられないと感じ、

「絶対良いシーンになるからやらせて。」

と想いをぶつけたとの事。

 

「夜の海」では後ろのパネルには大きな満月と、夜の海が映っています。

この曲のダンスがとても美しく素晴らしいです。

 

終盤、客席に背を向け、一度舞台後ろに下がった後、光一さんを先頭に逆三角形の形になって踊りながら、ステージに進んでくるシーンがあります。

私はこのシーンが大好きで、いつもいつも感動で鳥肌が立ちます。

このシーンは2階席から観るととても美しいので、ぜひ体験してみてほしいと思います。

 

 

この曲だけに限らずEndless SHOCK全体として群舞が多く、それも見どころの一つとなっています。

そんなところも注目して観てほしいと思います。

最初は、ジャニー喜多川社長に反対された「夜の海」ですが、だからこそ絶対に良いシーンにする、と言う光一さんの想いが詰まった演目だと思います。

 

ネタバレを含んだ「夜の海」詳しい解説はこちら! ネタバレを含んだ「夜の海」詳しい解説はこちら!

 

Endless SHOCKの見どころ⑥ 共演者 内博貴さん/神田沙也加さん

 

Endless SHOCKでは、内博貴さんと屋良朝幸さんがライバル役を多く演じてきました。

 

内博貴(うち ひろき)氏
1986年生まれ。NEWS、関ジャニ∞のメンバーとしても活躍を果たす。2010年よりEndlessSHOCKにライバル役「ウチ」として出演している。

屋良朝幸(やら ともゆき)氏
1983年生まれ。ジャニーズ事務所所属。2006年には堂本光一氏から依頼を受け、光一氏のソロ曲「SNAKE」の振り付けを担当する。

 

私は、内さんのライバル役が大好きなんです。

これは屋良さんがどうだとか、嫌いだとかそういったことでは決してありません。

屋良さんのことも大好きです。

 

それぞれのライバル役には同じストーリーでも、個性が感じられます。

 

私は「屋良さん」のライバル役には「圧倒的な強さ」を感じます。

それと逆に「内さん」のライバル役には「弱さ」を感じます。

 

 

屋良さんの演じるライバル役「ヤラ」にはコウイチに対する「俺の方がコウイチより上」という気持ちが感じられ、「コウイチを超えてやる」という気持ちが強く伝わってきます。

内さんの演じるライバル役「ウチ」には「コウイチを超えたい、超えてやる。でも絶対に適わない」という弱さが伝わってきます。

観ていて伝わってくるウチの弱さ、情けなさがとても魅力的なんです。

 

観る側にとっては、同じ役でもこんなに感じ方が違うのか~と楽しみがあります。

人気のミュージカルや舞台では、ダブルキャスト(二人の俳優が同じ役を演じること)、トリプルキャストが組まれていますが、そういった違いを楽しむのも素敵ですよね。

 

またリカ役(ヒロイン)を演じる神田沙也加さんにも、注目していただきた方です。

 

神田沙也加(かんだ さやか)氏
1986年生まれ。映画「アナと雪の女王」の王女アナ役を吹き替え版で演じる。音楽ユニット「TRUSTRICK」として活動(現在休止)。母は歌手の松田聖子。

 

何公演か観て私はその歌声にとても魅了されました。

光一さんと沙也加さんがデュエットする「ONE DAY」という曲ではコウイチに対するリカの想いが伝わってきてとてもとても感動しました。

 

 

沙也加さんのリカ役は、歌、演技、ダンス、そしてかわいらしさ、どれもが素敵でした。Endless SHOCKでリカ役は毎年キャストが変わり、その誰もがリカというキャラクターを素敵に演じています。

 

 

このページでは見どころについて解説してきましたが、次のページから主演「堂本光一さん」の魅力についてお伝えします。KinKi Kidsの時とは違う、Endless SHOCKを通して感じられる光一さんの魅力を知っていただきたいです。

『Endless SHOCK』目次へ  (全14ページ)

 

 

目次著者

著者:しあ

40代後半女性。Endless SHOCKは博多座にて多数鑑賞。ライブが大好きで今まで行ったライブは数百本。全部チケットの半券をとっているのでとても大切な想い出です。私の好きなアーティストの魅力を知っていただければ、と思います。

お問い合わせはこちらから

スポンサー