Endless SHOCKのみどころ⑥ 共演者 内博貴さん/神田沙也加さん

Webon紹介目次著者
「Endless SHOCK(エンドレスショック)」は堂本光一さん主演の日本一チケットが取れないと言われているミュージカル。「フライング」「階段落ち」などの演目も素晴らしいですが、ストーリーの素晴らしさをもっと知っていただきたい。帝国劇場での鑑賞経験はございませんが、精一杯魅力をお伝えします。

「『Endless SHOCK』入門 ~堂本光一主演ミュージカル~」はこちらから!

著者:しあ

40代後半女性。Endless SHOCKは博多座にて多数鑑賞。ライブが大好きで今まで行ったライブは数百本。全部チケットの半券をとっているのでとても大切な想い出です。私の好きなアーティストの魅力を知っていただければ、と思います。

お問い合わせはこちらから

 

『Endless SHOCK』目次へ  (全14ページ)

 

ここまで、Endless SHOCK(エンドレスショック)のストーリーの素晴らしさや、演目について紹介してきました。

このページではEndless SHOCKを彩る魅力的な共演者であるライバル役「内博貴さん」ヒロイン「神田沙也加さん」を紹介します。

 

スポンサーリンク

内博貴さん(ライバル役)の魅力

 

Endless SHOCKはブロードウェイを目指す主人公「コウイチ」率いるカンパニー(=劇団のようなもの)の物語です。

ライバル役はストーリーの重要な役割を担っています。

今年2018年は中山優馬さんが、初めてライバル役を演じました。

 

中山優馬(なかやま ゆうま)氏
1994年生まれ。ジャニーズ事務所所属。

 

それまでのEndless SHOCKでは、内博貴さんと屋良朝幸さんがライバル役を多く演じてきました。

 

内博貴(うち ひろき)氏
1986年生まれ。NEWS、関ジャニ∞のメンバーとしても活躍を果たす。2010年よりEndlessSHOCKにライバル役「ウチ」として出演している。

屋良朝幸(やら ともゆき)氏
1983年生まれ。ジャニーズ事務所所属。2006年には堂本光一氏から依頼を受け、光一氏のソロ曲「SNAKE」の振り付けを担当する。

 

帝国劇場以外の地方公演が始まってからは、帝国劇場では屋良さん、地方劇場では内さんが演じることが多かったです。

私はいつも博多座で観ていますが、屋良さんがライバル役を演じたのは博多座では一度だけ。

なので私は、生では屋良さんバージョンを一度しか観ておらず、内さんバージョンを多く観ています。

 

私は、内さんのライバル役が大好きなんです。

これは屋良さんがどうだとか、嫌いだとかそういったことでは決してありません。

屋良さんのことも大好きです。

 

それぞれのライバル役には同じストーリーでも、個性が感じられます。

 

私は「屋良さん」のライバル役には「圧倒的な強さ」を感じます。

それとは逆に「内さん」のライバル役には「弱さ」を感じます。

 

 

屋良さんの演じるライバル役「ヤラ」にはコウイチに対する「俺の方がコウイチより上」という気持ちが感じられ、「コウイチを超えてやる」という気持ちが強く伝わってきます。

内さんの演じるライバル役「ウチ」には「コウイチを超えたい、超えてやる。でも絶対に適わない」という弱さが伝わってきます。

観ていて伝わってくるウチの弱さ、情けなさがとても魅力的なんです。

 

内さん自身がEndless SHOCKのパンフレットで、「台本にはコウイチを超えてやるっていう野心が描かれていますが、コウイチの事は超えられないってウチはどこかでわかってる。僕はそういう解釈です。」と語っていました。

スポンサーリンク

 

私は、基本的に買ったら満足するタイプでパンフレットなどもすぐには見ないんです…。結構時間が経ってから見たりします。

なので後から内さんがこう語っていたの見て、私の解釈って間違っていなかったんだ!と、とても感激しました。

 

観る側にとっては、同じ役でもこんなに感じ方が違うのか~と楽しみがあります。

人気のミュージカルや舞台では、ダブルキャスト(二人の俳優が同じ役を演じること)、トリプルキャストが組まれていますが、そういった違いを楽しむのも素敵ですよね。

 

レベルアップする内さん

 

内さんバージョンを多く観てきて思うのが「毎年毎年とてもレベルアップしている」ということです。

歌も、ダンスも、芝居も、殺陣もとても素晴らしくなっています。

 

初めてライバル役を演じた時は、楽屋で「怖い…。」と言っていた内さん。

きっとたくさん努力しているんだろうな~と思います。

 

また、光一さんと内さんはとっても仲が良く、本当の兄弟みたい。

地方公演の時にはいつも一緒に食事をとってます。

特に博多の街、博多の食事が大好きで、二人とも「東京に帰りたくない(笑)」なんて言っています。

背の大きな内さんと背の小さい光一さんが仲良くしている姿は、ゴールデンレトリバーとポメラニアンがじゃれあっているよう。

人見知りであまり心を開かない光一さんが、ここまで内さんに心を開いているのは、内さんの天真爛漫で嘘のない人柄のおかげかな、と思います。

 

神田沙也加さん(ヒロイン)の魅力

 

神田沙也加さんは、Endless SHOCKが初めて博多座で上演されたとき(2012年)のリカ役(ヒロイン)でした。

 

神田沙也加(かんだ さやか)氏
1986年生まれ。映画「アナと雪の女王」の王女アナ役を吹き替え版で演じる。音楽ユニット「TRUSTRICK」として活動(現在休止)。母は歌手の松田聖子。

 

私は、沙也加さんのファンでしたので、初めてEndless SHOCKが博多座にやってくることに加え、リカ役が沙也加さんということで、楽しみがさらに大きくなりました。

 

実際、何公演か観てその歌声にとても魅了されました。

光一さんと沙也加さんがデュエットする「ONE DAY」という曲ではリカのコウイチへの想いが伝わってきてとてもとても感動しました。

 

沙也加さんのリカ役は、歌、演技、ダンス、そしてかわいらしさ、どれもが素敵でした。

リカ役は毎年キャストが変わり、その誰もがリカというキャラクターを素敵に演じています。

「リカとはこういう女性」というものを私に最初に示してくれた沙也加さん。

沙也加さんが私にとって、初めて生で観るリカ役でよかったと思っています。

 

Endless SHOCKが終わった後、沙也加さんは「いつかまたリカをやらせてもらえたら…」と語っていました。

私もいつかまた、沙也加さんのリカを見ることが出来たらうれしいな、と思っています。

 

この章では見どころについて解説してきましたが、次のページ(第3章)から主演「堂本光一さん」の魅力についてお伝えします。KinKi Kidsの時とは違う、Endless SHOCKを通して感じられる光一さんの魅力を知っていただきたいです。

『Endless SHOCK』目次へ  (全14ページ)

 

 

目次著者

著者:しあ

40代後半女性。Endless SHOCKは博多座にて多数鑑賞。ライブが大好きで今まで行ったライブは数百本。全部チケットの半券をとっているのでとても大切な想い出です。私の好きなアーティストの魅力を知っていただければ、と思います。

お問い合わせはこちらから

スポンサー