渡瀬恒彦 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

Webon紹介目次著者
「東映実録映画」とは「東映で製作された実話を元にしたヤクザ映画」です。事件の当事者の生々しい証言を反映し作られた作品は、現在では再現不可能と言えるでしょう。

東映実録映画入門 ~実話を元にしたヤクザ映画~はこちらから!

はじめに

東映実録映画とは

第1章 東映実録映画の基礎知識

ヤクザ映画の歴史① 【東映実録映画の誕生】

ヤクザ映画の歴史② 【東映実録映画の終焉】

東映実録映画をより楽しむための予備知識

第2章 東映実録映画の題材になった事件

『仁義なき戦い』のモデルになった【広島抗争】解説

『実録外伝 大阪電撃作戦』のモデルになった【明友会事件】解説

『沖縄やくざ戦争』のモデルになった【沖縄抗争】解説

『北陸代理戦争』のモデルに起きた【三国事件】解説

第3章 おすすめ実録映画7選

仁義なき戦い 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

実録・私設銀座警察 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

仁義の墓場 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

実録外伝 大阪電撃作戦 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

沖縄やくざ戦争 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

日本の首領 三部作 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

北陸代理戦争 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

第4章 実録映画の魅力的な俳優6選

菅原文太 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

松方弘樹 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

渡瀬恒彦 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

成田三樹夫 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

千葉真一 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

安藤昇 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

著者:國谷正明

北関東在住の1児のパパ。フリーランスのライターとして、ゲームのシナリオや小説の執筆、記事作成を中心に活動しています。「ノワール文学」「エキゾチックアニマル」「昆虫」などのコンテンツ作成も手掛ける。お問い合わせはこちらから

facebook(國谷)

 

『東映実録映画入門』目次へ  (全21ページ)

 

実録映画(東映実録映画)は東映によって実話をベースに製作されたヤクザ映画のことです。

本章では圧倒的な存在感で実録映画を彩る偉大で魅力的な俳優6人について解説していきます。

それぞれのページでは実録映画における出演作品リストを付記しておりますので、お気に入りの俳優を見つけたという方は、そこから新たな作品を発掘していくのも面白いかもしれません。

このページでは、名優・渡瀬恒彦氏の魅力についてご紹介していきます。

 

▼実録映画の魅力的な俳優6選!それぞれのページで詳しく紹介!

①【菅原文太
②【松方弘樹
③【渡瀬恒彦
④【成田三樹夫
⑤【千葉真一
⑥【安藤昇

 

スポンサーリンク

渡瀬恒彦とは

名前 渡瀬 恒彦(わたせ つねひこ)
生年月日 1944年7月28日(没年2017年3月14日)
出身地 島根県安来市
実録映画を支えた名役者の1人。デビュー以来様々なヤクザ映画に出演し「ヒロポン中毒の殺人鬼」など多くのアウトローの役を演じる。1978年に公開された「事件」でブルーリボン賞・日本アカデミー賞などを受賞する。1990年代にバスクリンのCMに出演したことで、子供から大人まで幅広い層の知名度を獲得する。「芸能界一喧嘩が強い」という逸話があり、また「生意気な俳優を呼び出してボコボコにした」「アメリカ兵3人を1人で撃退した」などの伝説があると言われている。主演作ドラマに「十津川警部シリーズ」「おみやさん」がある。兄は日活のスター俳優の渡哲也。

 

魅力

 

渡瀬恒彦は1944年7月28日生まれの俳優です。実兄にあたる俳優・渡哲也氏とは異なり実録映画で主役を演じることはありませんでしたが、ときには主演を食うほどの迫力と存在感で実録映画に数々の爪痕を残しました。

 

▼渡哲也氏

 

「ポン中の殺人マシーン」迫力の演技

 

現在20代後半の筆者が物心のついたとき渡瀬恒彦氏は既にテレビドラマで落ち着いた演技を披露していたため「仁義なき戦い」で若き渡瀬恒彦の姿を目にしたときには、その抜き身の刃のようなギラついた雰囲気にとても驚いた記憶があります。

 

仁義なき戦い
「仁義なき戦い」は、美能幸三氏(=ヤクザ。広島抗争の中心人物の一人)が獄中(ろうやの中)で綴った手記をベースとなっている映画作品。

それまでのヤクザ映画というのは「時代劇の延長線上にあった任侠映画では侠客の生き様を美化して描くような作品」であった。それに対し「仁義なき戦い」では権謀術数の渦巻くヤクザの世界を社会の病巣として批判的に描くことで、ヤクザ映画に新境地を切り開いた。数多くのシリーズ作品が展開している。

 

「仁義なき戦い」で演じたイケイケのヤクザ・有田俊雄も充分に衝撃的でしたが、実録映画で渡瀬が演じた役柄の白眉(はくび:最も優れているもの)は「実録 私設銀座警察」の渡会菊夫をおいて他にないでしょう。

 

▼「実録 私設銀座警察」(画像クリックで商品詳細へ)予告編試聴可

ポン中の殺人マシーンという下手をすれば笑いどころにしかならないようなブッ飛んだ設定のキャラクターを、迫力の万点の演技で実録映画らしく生々しく演じ切っています。

「実録映画らしく」とはどういうこと?
東映実録映画は「実話をベースに東映(=映画の製作と配給、興行を手がける会社)によって製作されたヤクザ映画」を指し、ヤクザの生き様が生々しく描かれるのが特徴の映画となっている。

 

ちなみに渡瀬恒彦氏の実兄・渡哲也氏も「実録 私設銀座警察」の2年後に公開された「仁義の墓場」において覚せい剤に溺れる破滅的なヤクザを演じていますが、渡はそこで渡瀬に劣らない鬼気迫る演技を披露していることから、渡瀬兄弟の俳優としての資質の高さが窺い知れます。

▼「仁義の墓場」(画像クリックで商品詳細へ)予告編試聴可

 

「激動の1750日」

 

また渡会菊夫、有田俊雄に次いでひときわ印象的だったのが「激動の1750日」で演じた荒巻重信です。

 

▼「激動の1750日」(画像クリックで商品詳細へ)予告編試聴可

「激動の1750日」は山口組と一和会の抗争事件(通称:山一抗争)を題材に1990年に公開された実録映画です。

主演の中井貴一氏をはじめ、中条きよし、中尾彬、萩原健一、清水健太郎、陣内孝則、夏八木勲、火野正平といった豪華なキャストが集結する中で、渡瀬恒彦氏は群を抜いて迫力のある演技を見せています。

表情や口調、間などから迫力が感じられ、拳銃で自殺するシーンでは特に凄みのある演技を披露しています。

 

晩年は刑事など表社会の職業を演じることが多かった渡瀬氏ですが、実録映画のいちファンとして、いつまでもアウトローを演じ続けて欲しかったというのが正直なところです。

ちなみに「激動の1750日」には、「仁義なき戦い」で山守組幹部・新開宇市を、「仁義なき戦い 頂上作戦」で川田組々長・川田英光を演じた三上真一郎氏に加え、志賀勝、野口貴史、林彰太郎、川浪公次郎、丹波哲郎ら1970年の実録映画で活躍した俳優陣が脇を固めています。

スポンサーリンク

 

逸話

 

「北陸代理戦争」の撮影中に起きた事故も渡瀬恒彦氏にまつわる逸話として外すことはできません。

北陸代理戦争
「北陸代理戦争」は福井県を舞台に「地元暴力団同士の争い」と「北陸進攻を目論む大組織との抗争事件」を描いた実録映画。映画公開後、主人公のモデルとなった川内氏が行きつけの喫茶店で射殺される。同映画が事件に影響を及ぼしたとされており、関係者に大きな衝撃を与える。作品解説は前章のこちらのページにて。

▼「北陸代理戦争」(画像クリックで商品詳細へ)予告編試聴可

 

上記の出演作品リストに記載にもありますが、渡瀬氏は「北陸代理戦争」の予告篇に出演しているにもかかわらず、映画本編には顔を出していません。

 

▼予告編

 

体を張ったアクションをスタントなしでこなすことに拘る渡瀬氏は、この作品でもジープで雪が降り積もる悪路を走り回るという危険なシーンの撮影に自らの運転で望みましたが、テスト撮影の際に雪にタイヤをとられて横転し、車体の下敷きとなってしまいました。

緊急入院した渡瀬氏の代役には「仁義なき戦い」「仁義なき戦い 完結篇」「日本暴力列島 京阪神殺しの軍団」「実録外伝 大阪電撃作戦」など数々の実録映画に出演経験のある俳優・伊吹吾郎氏が抜擢され、大急ぎで出演シーンが撮影されました。

伊吹吾郎氏の渋みのある演技ももちろん素晴らしいのですが、主演の松方弘樹と共に暴れまわる渡瀬恒彦の姿が見られなかったことは今でも残念で仕方ありません。

 

渡瀬恒彦出演・実録映画一覧

 

▼作品タイトルクリックで視聴ページ(AmazonPrimeVideo、一部DVD)へ

公開年 作品タイトル 役名
1973年 仁義なき戦い 有田俊雄
1973年 仁義なき戦い 代理戦争 倉本猛
1973年 実録 私設銀座警察 渡会菊夫
1974年 山口組外伝 九州進攻作戦 古田憲一
1974年 実録飛車角 狼どもの仁義 赤坂トッピン
1974年 安藤組外伝 人斬り舎弟 津吹鉄也
1974年 脱獄広島殺人囚 田上喜代松
1974年 新仁義なき戦い 北見登
1975年 新仁義なき戦い 組長の首 須川国光
1976年 実録外伝 大阪電撃作戦 高山敬
1976年 沖縄やくざ戦争 嘉手刈宏
1977年 やくざ戦争 日本の首領 野溝武司
1977年 北陸代理戦争 武井義光(※本編出演なし)
1990年 激動の1750日 荒巻重信

▼上記作品の品揃えが豊富な動画見放題サービス

Hulu(2週間無料期間有り。月額933円税別で動画見放題)
U-NEXT(31日間無料のお試し期間有り。月額利用料1990円税別で見放題)
TSUTAYA TV(新規登録30日間0円。月額費933円税別で見放題)

 

『東映実録映画入門』目次へ  (全21ページ)

 

【東映実録映画の品揃えが豊富。2週間無料トライアルあり】


 

目次著者

はじめに

東映実録映画とは

第1章 東映実録映画の基礎知識

ヤクザ映画の歴史① 【東映実録映画の誕生】

ヤクザ映画の歴史② 【東映実録映画の終焉】

東映実録映画をより楽しむための予備知識

第2章 東映実録映画の題材になった事件

『仁義なき戦い』のモデルになった【広島抗争】解説

『実録外伝 大阪電撃作戦』のモデルになった【明友会事件】解説

『沖縄やくざ戦争』のモデルになった【沖縄抗争】解説

『北陸代理戦争』のモデルに起きた【三国事件】解説

第3章 おすすめ実録映画7選

仁義なき戦い 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

実録・私設銀座警察 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

仁義の墓場 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

実録外伝 大阪電撃作戦 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

沖縄やくざ戦争 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

日本の首領 三部作 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

北陸代理戦争 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

第4章 実録映画の魅力的な俳優6選

菅原文太 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

松方弘樹 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

渡瀬恒彦 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

成田三樹夫 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

千葉真一 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

安藤昇 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

著者:國谷正明

北関東在住の1児のパパ。フリーランスのライターとして、ゲームのシナリオや小説の執筆、記事作成を中心に活動しています。「ノワール文学」「エキゾチックアニマル」「昆虫」などのコンテンツ作成も手掛ける。お問い合わせはこちらから

facebook(國谷)