松方弘樹 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

Webon紹介目次著者
「東映実録映画」とは「東映で製作された実話を元にしたヤクザ映画」です。事件の当事者の生々しい証言を反映し作られた作品は、現在では再現不可能と言えるでしょう。

東映実録映画入門 ~実話を元にしたヤクザ映画~はこちらから!

はじめに

東映実録映画とは

第1章 東映実録映画の基礎知識

ヤクザ映画の歴史① 【東映実録映画の誕生】

ヤクザ映画の歴史② 【東映実録映画の終焉】

東映実録映画をより楽しむための予備知識

第2章 東映実録映画の題材になった事件

『仁義なき戦い』のモデルになった【広島抗争】解説

『実録外伝 大阪電撃作戦』のモデルになった【明友会事件】解説

『沖縄やくざ戦争』のモデルになった【沖縄抗争】解説

『北陸代理戦争』のモデルに起きた【三国事件】解説

第3章 おすすめ実録映画7選

仁義なき戦い 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

実録・私設銀座警察 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

仁義の墓場 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

実録外伝 大阪電撃作戦 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

沖縄やくざ戦争 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

日本の首領 三部作 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

北陸代理戦争 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

第4章 実録映画の魅力的な俳優6選

菅原文太 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

松方弘樹 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

渡瀬恒彦 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

成田三樹夫 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

千葉真一 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

安藤昇 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

著者:國谷正明

北関東在住の1児のパパ。フリーランスのライターとして、ゲームのシナリオや小説の執筆、記事作成を中心に活動しています。「ノワール文学」「エキゾチックアニマル」「昆虫」などのコンテンツ作成も手掛ける。お問い合わせはこちらから

facebook(國谷)

 

『東映実録映画入門』目次へ  (全21ページ)
実録映画(東映実録映画)は東映によって実話をベースに製作されたヤクザ映画のことです。

本章では圧倒的な存在感で実録映画を彩る偉大で魅力的な俳優6人について解説していきます。

それぞれのページでは実録映画における出演作品リストを付記しておりますので、お気に入りの俳優を見つけたという方は、そこから新たな作品を発掘していくのも面白いかもしれません。

このページでは、名優・松方弘樹氏の魅力についてご紹介していきます。

 

▼実録映画の魅力的な俳優6選!それぞれのページで詳しく紹介!

①【菅原文太
②【松方弘樹
③【渡瀬恒彦
④【成田三樹夫
⑤【千葉真一
⑥【安藤昇

 

スポンサーリンク

松方弘樹とは

名前 松方弘樹(まつかた ひろき)
本名 目黒浩樹(めぐろ こうじゅ)
生年月日 1942年7月23日(没年2017年1月21日)
出身地 東京市北区(現在の東京都北区)
時代劇では二枚目スターとして活躍し、多くのヤクザ映画に出演した日本映画を代表する俳優。バラエティ番組「天才たけしの元気が出るテレビ!!(1985年放送開始)」に出演し、それまでのイメージを覆すお茶目で冗談好きな一面を見せ、その後バラエティ番組でも活躍する。趣味はマグロ釣りであり2009年には体重325kgのクロマグロを釣り上げて約437万円の値がついた。

 

魅力

 

松方弘樹は1942年7月23日生まれの俳優です。時代劇俳優・近衛四十郎と女優・水川八重子の間に生まれた松方弘樹は、当初歌手を志して作曲家・上原げんと氏に師事していましたが挫折し、17歳で両親と同じ俳優の道に進みました。

以下では松方弘樹の魅力についてお伝えします。

 

仁義なき戦いへの取り組み

 

松方弘樹の出世作である「仁義なき戦い」では当初、松方は主人公・広能昌三を演じる予定だったそうです。

 

仁義なき戦い
「仁義なき戦い」は、美能幸三氏(=ヤクザ。広島抗争の中心人物の一人)が獄中(ろうやの中)で綴った手記をベースとなっている映画作品。

それまでのヤクザ映画というのは、時代劇の延長線上にあった任侠映画では侠客の生き様を美化して描くような作品であった。

それに対し「仁義なき戦い」では権謀術数の渦巻くヤクザの世界を社会の病巣として批判的に描くことで、ヤクザ映画に新境地を切り開いた。数多くのシリーズ作品が展開している。

仁義なき戦いシリーズ一覧(クリックorタップで開く)

▼仁義なき戦い シリーズ一覧

公開年度 作品名
1973 仁義なき戦い
1973 仁義なき戦い 広島死闘編
1973 仁義なき戦い 代理戦争
1974 仁義なき戦い 頂上作戦
1974 仁義なき戦い完結篇

▼新シリーズ一覧(深作欣二監督作品)

公開年度 作品名
1974 新仁義なき戦い
1975 新仁義なき戦い 組長の首
1976 新仁義なき戦い 組長最後の日

▼その他、仁義なきシリーズ作品

公開年度 作品名
1979 その後の仁義なき戦い
2000 新・仁義なき戦い

 

しかし「仁義なき戦い」が当初の予定よりも大規模な作品となることが決まると、当時まだ若かった松方氏では荷が勝ちすぎるとして菅原文太氏が主演に抜擢されました。

 

菅原文太
仁義なき戦いのシリーズ通しての主演。東映を代表するスター俳優。

▼菅原文太氏

 

ちなみに菅原文太氏は当初、坂井鉄也を演じる予定でした。そして広能昌三の候補から外れた松方は、菅原と交代するかたちで坂井鉄也を演じることが決まります。

ちなみに酒井鉄也は主人公のライバル格にあたり終盤に派手な死亡シーンもあるため、主人公に次ぐ重要なキャラクターであるといえます。

 

「仁義なき戦い」の撮影当時、松方弘樹氏は30歳でした。

対して、菅原文太氏は39歳。広能と坂井は同年代の役柄だったにもかかわらず、演者である松方氏と菅原氏には9歳もの年齢差があったことになります。

作品後半の広能と坂井が相対するシーンで見劣りすることを嫌った松方氏は菅原氏に負けない貫禄を出すため、洗面器に冷水と熱湯をそれぞれ用意して交互に顔をつけて顔にシワを作ろうと苦心したそうです。

 

 

その方法に効き目があるかどうかは定かではありませんが、「仁義なき戦い」における松方氏の演技にはとても9歳もの年齢差があるとは思えない迫力がこもっています。

続いて出演した「仁義なき戦い 頂上作戦」で藤田正一を演じる際にはドーランで顔を黒く塗り、続く「仁義なき戦い 完結篇」の市岡輝吉では目の下に紅をさして不気味さを滲ませるなど、さまざまな工夫を凝らして与えられた役柄を演じきりました。

 

ちなみに、「仁義なき戦い 完結篇」の中で市岡は「そこらの店、ササラモサラにしちゃれい!」という台詞を口にしているのですが、この台詞は酒の席で耳にした「ササラモサラ」という言葉を面白がった松方弘樹氏のアドリブだそうです。

「ササラモサラ」は「めちゃくちゃ」を意味する方言ですが、広島の中でも知る人の少ないマイナーな方言らしいため、「ササラモサラ」という言葉を知っている人は「仁義なき戦い」のファンである確率が高いといえるでしょう。

 

 

他作品でも遺憾なく発揮される魅力

 

「仁義なき戦い」シリーズにおける印象が強い松方弘樹氏ですが、「実録外伝 大阪電撃作戦」や「北陸代理戦争」では大組織に戦いを挑む破滅的なヤクザを演じました。

▼「実録外伝 大阪電撃作戦」(画像クリックで商品詳細へ)予告編試聴可

▼「北陸代理戦争」(画像クリックで商品詳細へ)予告編試聴可

スポンサーリンク

 

「暴力金脈」や脱獄三部作(「脱獄広島殺人囚」「暴動島根刑務所」「強盗放火殺人囚」)ではユーモラスな一面を見せるなど、その魅力は数多くの実録映画において遺憾なく発揮されています。

▼「暴力金脈」(画像クリックで商品詳細へ)予告編試聴可

 

また、松方氏は自身の代表作として「修羅の群れ(1984年版)」を挙げて、この作品でようやく一本立ちをしたと語っています。

「修羅の群れ」は実在の人物をモデルにしているものの極道を美化した内容なので、実録映画の「人間喜劇」に魅力を感じる方にはおすすめできませんが、高い完成度を誇る任侠映画の名作です。

 

▼「修羅の群れ(1984年版)」(画像クリックで商品詳細へ)予告編試聴可

▼松方弘樹出演作品の解説ページ

 

松方弘樹氏の魅力を東映実録映画に限っていうならば「永遠の二番手であるが故の貪欲さ」でしょうか。菅原文太氏という絶対的なスターの存在は、松方氏にとっての不運であり幸運でもあったのではないかと思います。

 

松方弘樹出演・実録映画一覧

 

▼作品タイトルクリックで視聴ページ(AmazonPrimeVideo、一部DVD)へ

公開年 作品タイトル 役名
1973年 仁義なき戦い 坂井鉄也
1973年 東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯 吉岡竜次
1974年 仁義なき戦い 頂上作戦 藤田正一
1974年 仁義なき戦い 完結篇 市岡輝吉
1974年 新仁義なき戦い 関勝
1974年 脱獄・広島地獄囚 植田正之(主演)
1974年 山口組外伝 九州進攻作戦 郡司正一
1975年 暴力金脈 中江宏(主演)
1975年 暴動島根刑務所 沢本保(主演)
1975年 県警対組織暴力 広谷賢次
1975年 強盗放火殺人囚 緒方竹見(主演)
1976年 実録外伝 大阪電撃作戦 安田寿行(主演)
1976年 沖縄やくざ戦争 中里英雄(主演)
1976年 広島仁義 人質奪回作戦 神野弘志(主演)
1977年 やくざ戦争 日本の首領 松枝四郎
1977年 北陸代理戦争 川田登(主演)
1977年 仁義と抗争 海野伝吉(主演)
1977年 日本の首領 野望篇 松枝四郎
1978年 沖縄10年戦争 金城友行(主演)
1984年 修羅の群れ 稲原龍二(主演)

▼上記作品の品揃えが豊富な動画見放題サービス

Hulu(2週間無料期間有り。月額933円税別で動画見放題)
U-NEXT(31日間無料のお試し期間有り。月額利用料1990円税別で見放題)

 

『東映実録映画入門』目次へ  (全21ページ)

 

【東映実録映画の品揃えが豊富。2週間無料トライアルあり】


 

目次著者

はじめに

東映実録映画とは

第1章 東映実録映画の基礎知識

ヤクザ映画の歴史① 【東映実録映画の誕生】

ヤクザ映画の歴史② 【東映実録映画の終焉】

東映実録映画をより楽しむための予備知識

第2章 東映実録映画の題材になった事件

『仁義なき戦い』のモデルになった【広島抗争】解説

『実録外伝 大阪電撃作戦』のモデルになった【明友会事件】解説

『沖縄やくざ戦争』のモデルになった【沖縄抗争】解説

『北陸代理戦争』のモデルに起きた【三国事件】解説

第3章 おすすめ実録映画7選

仁義なき戦い 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

実録・私設銀座警察 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

仁義の墓場 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

実録外伝 大阪電撃作戦 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

沖縄やくざ戦争 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

日本の首領 三部作 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

北陸代理戦争 【おすすめ実録映画(ヤクザ映画)7選】

第4章 実録映画の魅力的な俳優6選

菅原文太 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

松方弘樹 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

渡瀬恒彦 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

成田三樹夫 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

千葉真一 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

安藤昇 【実録映画(ヤクザ映画)の魅力的な俳優6選】

著者:國谷正明

北関東在住の1児のパパ。フリーランスのライターとして、ゲームのシナリオや小説の執筆、記事作成を中心に活動しています。「ノワール文学」「エキゾチックアニマル」「昆虫」などのコンテンツ作成も手掛ける。お問い合わせはこちらから

facebook(國谷)