キングギドラの裏話・撮影秘話③ 【ミレニアムシリーズ】

Webon紹介目次著者
特撮怪獣はゴジラだけではありません。ゴジラに登場するモスラやキングギドラ、そして海外で誕生した特撮怪獣まで。怪獣たちの裏話・撮影秘話を知る事で特撮を何倍も楽しむことができるのです!

「特撮をもっと楽しむための裏話図鑑 ~その他怪獣編~」はこちらから!

著者:山田チャーハン

幼少期から様々な特撮作品を見て育つ。怪獣特撮・ウルトラマン・仮面ライダー・スーパー戦隊と鑑賞する作品の幅が広い。作品を見るだけでなく、考察や解説サイトにも興味があり、知識を増やして作品の楽しみ方を増やすのがモットー。友人と特撮談義や特撮縛りのカラオケをすることも。特撮作品の出演を夢見て、特撮に関する仕事を所望している。

お問い合わせはこちらから

Twitter(山田)@yamada_chahan

 

 

 

 

スポンサーリンク

キングギドラの裏話・撮影秘話 【ミレニアムシリーズ】

 

ゴジラ作品「ミレニアムシリーズ」のキングギドラは登場した作品の作風も相まって異色の存在と言えるでしょう。

これまでの雰囲気を受け継ぎつつ、進化した技術で新しい要素も加えられています。

 

ゴジラ「ミレニアムシリーズ」とは

2000年から始まったゴジラの新シリーズ。「ゴジラ2000ミレニアム」をはじめとする作品がこのシリーズに当たる。

▼ゴジラ2000ミレニアム(画像クリックでDVD詳細へ)

ゴジラ「ミレニアムシリーズ」のゴジラの裏話・撮影秘話は「特撮裏話図鑑~ゴジラ編~」で!(このページは「特撮裏話図鑑2~その他怪獣編~」) ゴジラ「ミレニアムシリーズ」のゴジラの裏話・撮影秘話は「特撮裏話図鑑~ゴジラ編~」で!(このページは「特撮裏話図鑑2~その他怪獣編~」)

 

今回はそんな「ミレニアムシリーズ」に登場するキングギドラについて紹介していきます。

なお、シリーズは違いますが番外編としてモスラシリーズの『モスラ3 キングギドラ来襲』に登場したキングギドラについても今回は合わせて紹介させていただきます。

 

▼キングギドラが登場するゴジラ「ミレニアムシリーズ」一覧

公開 タイトル 視聴可能動画サービス
’01 ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃 AP(別料400円)・TT(別料400円)・TDdTV(別料300円)・楽天(別途300円)
    ▼キングギドラが登場するモスラシリーズ一覧
公開 タイトル 視聴可能動画サービス
’98 モスラ3 キングギドラ来襲 AP(別料400円)・TT(別料400円)・TDdTV楽天(別途300円)

表に記載無しの場合は取り扱い無し

別料=視聴には会員料金以外に別途料金が必要

 

ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃

基本情報

作品名 ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
発表年 2001年
上映時間 105分
監督 金子修介(本編)神谷誠(特殊技術)
出演 新山千春
備考 ゴジラ25作目(ミレニアムシリーズ3作目)。ゴジラ1作目「ゴジラ(1954)」以降に怪獣は現れなかった設定。ガメラ3部作監督の金子氏が監督を務めた。

~あらすじ~

グアム島沖で巨大な背びれが目撃される。時を同じくして怪獣の糸にくるまれた人間の死体が発見され、人類は恐怖する。そうこうしているうちにゴジラが小笠原諸島、怪獣バラゴンが山梨、池田湖にモスラ、富士の樹海にキングギドラが現れる。バラゴンはゴジラに倒されるが人間が太刀打ちできるはずもなく、ゴジラ・モスラ・キングギドラ3体による決闘が始まる・・・

▼バラゴン

▼モスラ

 

 

これまでの作品ではキングギドラはカタカナ表記でした。

しかし今作では覚醒前を

「魏怒羅」(ぎどら)

覚醒後を

「千年竜王」(せんねんりゅうおう)

と、漢字表記に変更され、作中での呼び名も変わっています。

 

悪役や敵役として描かれ続けてきたキングギドラですが、今作では国の守護神という設定のため、人類の味方とも考えることができるでしょう。

実際に劇中で落下の衝撃を和らげて人間を助けるという描写がありますからね。

覚醒前の魏怒羅は不完全体であるため、首が短めで柔和な顔つきをしています。指が3本になった足のかかと部分には突起が設けられ、鳥の足のようです。

 

顔の横にあるヒレは寿司などに入っているバランをイメージして作られました。

▼バラン

 

完全体となった状態が千年竜王。

▼千年竜王

トゲが首から尻尾まで伸びています。

操演(スーツに演者が入るのではなく、操って動かす)用の長い首と腕を入れて動かすための短い首の2種類が用意されました。

また、氷の中で眠るシーンには別に作られた大型の首が使用されています。

スポンサーリンク

 

体液はゴジラ「昭和シリーズ」に出てきたキングギドラ同様に赤色で、ポスターは「平成(vs)シリーズ」のキングギドラをイメージして描かれました。

 

昭和シリーズ・平成(vs)シリーズとは

1954年公開の「ゴジラ」に始まる昭和に発表されたゴジラ作品が「昭和シリーズ」で1984年公開の「ゴジラ」に始まる多くが平成に発表されたゴジラ作品は「平成(vs)シリーズ」と呼ばれている。

ゴジラの裏話・撮影秘話は「特撮裏話図鑑~ゴジラ編~」で! ゴジラの裏話・撮影秘話は「特撮裏話図鑑~ゴジラ編~」で!

▼今作「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」のチラシ

鳴き声も昭和シリーズのキングギドラを参考にして作られています。

 

視聴方法

公開 タイトル 視聴可能動画サービス
'01 ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃 AP(別料400円)・TT(別料400円)・TDdTV(別料300円)・楽天(別途300円)

Hu=Hulu AP=Amazon Prime TT=TSUTAYA TV TD=TSUTAYA DISCUS dTV=dTV UN=U-NEXT 楽天=楽天TV 表に記載無しの場合は取り扱い無し 別料=視聴には会員料金以外に別途料金が必要

 

番外編 モスラ3 キングギドラ来襲

基本情報

作品名 モスラ3 キングギドラ来襲
発表年 1998年
上映時間 100分
監督 米田興弘(本編)鈴木健二(特撮)
出演 小林恵・建みさと
備考 モスラ平成3部作の3作目(最終作)。前作「モスラ2」の続編。

~あらすじ~

ある日、突如キングギドラが日本に来襲する。キングギドラは人間の子供達をさらって食べる事で自分のエネルギーにしようと試みる。そこでモスラが召喚され、キングギドラへ挑むがあっけなく敗北してしまう。モスラはかつて1億3千年前に恐竜を滅ぼしたというキングギドラを倒す事でこの脅威から逃れようと、古代へタイムスリップする・・・

 

今作に登場するキングギドラは「グランドギドラ」と呼ばれています。

▼今作に登場するキングギドラ

引力光線や反重力光線(相手の体の内側と外側の引力や重力を利用した光線)、マインドコントロール(洗脳)などゴジラシリーズのキングギドラにはなかった能力が加えられ、チート級の強さを誇り、モスラを圧倒しました。

▼モスラ

photo by Bandai Namco Entertainment Europe

 

これまでに登場したキングギドラに比べると格段に顔つきが悪くなり、一目で悪役と分かりますね。

中央の首がリーダーの役割を果たし、中央だけ角が違う形をしています。これまでは首だけだったトゲが尻尾まで伸びました。

鳴き声はゴジラ「平成(vs)シリーズ」のキングギドラのものを低く加工したものが使用されています。

 

今作にはグランドギドラになる前のヤングギドラも登場するため、別な造形のスーツが用意されました。

左右の首は操演(操って動かす)用と腕を入れて動かすものの2種類が用意され、スーツは全体的に軽量化が図られています。

軽量化されたスーツはスーツアクターが入ったまま走ることができたり、飛び上がることができたりとかなり軽かったようです。

 

視聴方法

公開 タイトル 視聴可能動画サービス
'98 モスラ3 キングギドラ来襲 AP(別料400円)・TT(別料400円)・TDdTV楽天(別途300円)

Hu=Hulu AP=Amazon Prime TT=TSUTAYA TV TD=TSUTAYA DISCUS dTV=dTV UN=U-NEXT 楽天=楽天TV 表に記載無しの場合は取り扱い無し 別料=視聴には会員料金以外に別途料金が必要

 

 

【特撮を観るならAmazon Prime Video(30日間無料お試しあり)】

 

目次著者

著者:山田チャーハン

幼少期から様々な特撮作品を見て育つ。怪獣特撮・ウルトラマン・仮面ライダー・スーパー戦隊と鑑賞する作品の幅が広い。作品を見るだけでなく、考察や解説サイトにも興味があり、知識を増やして作品の楽しみ方を増やすのがモットー。友人と特撮談義や特撮縛りのカラオケをすることも。特撮作品の出演を夢見て、特撮に関する仕事を所望している。

お問い合わせはこちらから

Twitter(山田)@yamada_chahan

スポンサー