KANさんのライブ【弾き語り編】の4つのみどころ

Webon紹介目次著者
KANさんは200万枚を超える大ヒット曲「愛は勝つ」で有名ですが、この曲はKANさんのほんの一面に過ぎないのです。ファン歴30年がKANさんの魅力を人柄・ライブ・楽曲に分けて徹底解説!

『KAN』入門 ~「愛は勝つ」だけじゃない!天才であり変態!類まれなソングライター~はこちらから!

著者:しあ

40代後半女性。KANのファン歴30年。1988年「BRACKET」を聴いて感動したのが出逢い。ライブが大好きで今まで行ったライブは数百本。

お問い合わせはこちらから

『KAN入門』目次へ  (全12ページ)

 

この章ではKANさんのライブの魅力をお伝えします。

KANさんのライブは大きく分けて【バンド編】と【弾き語り編】があります。

こちらのページでは、KANさんのピアノ一つで行われる、弾き語りライブについてご紹介します。

弾き語りライブの雰囲気や魅力を感じていただければと思います。

 

スポンサーリンク

弾き語り編とは

 

KANさんのライブは「バンド編」「弾き語り編」の2種類に分かれています。

バンド編では多くの趣向を凝らし、バンドメンバーと共にエンターテインメント性の高いステージを繰り広げています。

一方弾き語り編はKANさんのピアノ1本でライブが行われます。

KANさんの弾き語りライブは小さな会場で行われることが多いです。そのためじっくりとKANさんの歌とピアノとトークを楽しむことができます。

 

弾き語り編の4つのみどころ

① KANさんの練習

 

まず会場に入って驚くことは、KANさんがステージ上でピアノの練習をしているということです。

プロのミュージシャン、アーティストのライブでそんな事って、まずないのではないでしょうか。

開場前にリハーサルを終えているのが普通なので。

少なくとも私が今まで行ったライブの中で、こんなことはKANさんが初めてです。

ファンも、KANさんが練習しているということをわかっているので、暖かくそっと見守っています。

KANさん曰く「ワ~キャー言われることも、お触りされることもなく」淡々と練習をしています(笑)

KANさんがステージ上で練習する事を知らないで来たファンの人は、ピアノの調律のためにスタッフの方が弾いている、と思ってしまうかも。

それほど自然にKANさんは、ピアノの練習をしています。

ギターやベースの練習は楽屋でもできますが、ピアノの練習はそうはいきません。

弾き語りライブだと緊張するので、指慣らしのためにもクラシックなどを弾いているのが良いそうです。

 

【筆者に聴いてみた】練習中の会場の雰囲気

Q.(Webon編集部)KANさんが練習している時はどのような雰囲気なのでしょうか?皆さん静かにするように努めているのでしょうか?

A.(筆者 しあ)KANさんが練習しているからといってシーンとしているわけではありません。いたって普通です。弾き語りライブですから小さい会場が多く、観客も多くはないので騒ぐという感じではありません。KANさんがステージにいるわけですから、多少は気を使って小さな声でおしゃべりをする感じです。KANさんを見守っている感じではありますが、普通にトイレに行ったり、ピンクカード(※文中下記で解説)を書いたり、ホールコンサートと同じように思い思いに過ごしています。

 

② ピアノ一つで音楽を伝える

このページの続きを閲覧するにはログインが必要です。 or 新規会員登録(税抜300円で読み放題!)