山下達郎のライブの魅力 【極上の音楽空間】

 

 

山下達郎さんが、CDなどの音楽制作と共に、力を入れているのがライブです。
2008年からは、それまで中断していたライブツアーを再開し精力的に活動。

もし少しでも興味があるなら…山下達郎のライブは絶対に参加した方がいい!!

達郎さんのライブは、極上の音楽空間なのです。

このページを読み山下達郎のライブの雰囲気を感じてもらい、山下達郎自身や、ライブに興味を持ってもらえれば幸いです。

 

スポンサーリンク

山下達郎のライブの基本情報

 

達郎さんは「テレビに出ない」「映像を解禁しない」というこだわりがあるため動く達郎さんが見られるのはライブのみとなっております。ライブは立ち見が出るほどのプラチナチケットとなっています。

達郎さんは2008年からはコンスタントにライブツアーを行っております。

また野外音楽フェスへの参加なども行っています。その圧倒的なパフォーマンスに、若い世代からも感動の声があがっています。

 

▼2008年以降の山下達郎のツアー・ライブ

ツアー・ライブ
2008年 ツアー「PERFORMANCE 2008-2009」
2010年 ツアー「PERFORMANCE 2010」
2010年 フェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in EZO」野外ステージ出演
2010年 TOKYO FM・FM OSAKA開局40周年記念スペシャル『Souvenir again』竹内まりや LIVE 2010
2011年 ツアー「PERFORMANCE 2011-2012」
2012年 野外フェス「SWEET LOVE SHOWER 2012」
2013年 ライブ「山下達郎 LIVE at Festival Hall」
2013年 ツアー「PERFORMANCE 2013」
2014年 ツアー「Maniac Tour 〜PERFORMANCE 2014〜」
2014年 フェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO」野外ステージ出演
2014年 野外音楽イベント「SWEET LOVE SHOWER 2014」
2014年 ライブ「山下達郎 LIVE at THE BOTTOM LINE」
2015年 ツアー「PERFORMANCE 2015-2016」
2016年 ライブ「難波弘之 鍵盤生活40周年記念ライブ 〜一生鍵命〜」
2016年 ライブ『SHINJUKU LOFT 40TH ANNIVERSARY「40YEARSx40LIVES」』
2017年 ツアー「PERFORMANCE 2017」
2017年 フェス「氣志團万博2017 〜房総与太郎爆音マシマシ、ロックンロールチョモランマ〜」
2017年 ライブ「山下達郎のサンデー・ソングブック25th Anniversaryアコースティック・ライブ&トークショー」

▼ライブアルバム『JOY~TATSURO YAMASHITA LIVE』CD(リンク先で試聴可)

 

ライブの流れ

 

達郎さんのライブは、セットリストは毎ツアー変わりますが基本的な構成(流れ)はあまり変わりません。

オープニングは『SPARCLE』ラストは『YOUR EYES』が定番です。

アカペラ、洋楽のカバー、達郎さんのピアノ弾き語りあり。

終盤『Let’s Dance Baby』でファンは総立ちになり「心臓に~(Let’s Dance Babyの歌詞)」の後でクラッカーを鳴らす。達郎さんのライブは最初から立つ、というのではありません。

『Let’s Dance Baby』から立ち、そこからノリノリのエンディングへ。

こういったものが基本的な内容かと思います。

 

山下達郎のライブの魅力

 

私は様々なアーティストのライブに今まで数百本参加していますが、達郎さんのライブはその中でも最高峰だと思います。

スポンサーリンク

もう、そこにいられることが本当に幸せだと思えるライブです。

ライブに行くたびにこちらの期待以上のものが繰り広げられる圧巻のパフォーマンスで、ただただ感動するばかりです。

 

1次抽選で外れ、2次抽選で取れたチケットで大分ライブに参加した時、当然立ち見も出ていました。その時達郎さんは

「こんばんは、山下達郎です。今日はたくさんのお客さんがいらっしゃって…

立ち見の方もいらっしゃって、本当にありがとうございます。今日は大分のお客さんのために最高のライブをお届けします!」

と話しました。

あの(あえて言いますが)山下達郎が、私たち大分のファンのために最高のライブを届けるって、なんて贅沢な!と思いました。

そして、繰り広げられる名曲の数々。

達郎さんの、声、ギター、バンドが生み出すプレイ、グルーヴ…全てが素晴らしすぎる!

 

アリーナなど大きな会場でライブをせず、ホールクラスにこだわる達郎さん。

 

アリーナなど大きな会場でライブでしない理由は第1章(現在は第3章)で解説

 

もちろんリハーサルで音響チェックをしっかりしているはず。

音が素晴らしくいい!!

達郎さんの歌、それぞれのプレイを聴きながら、ふと「あ~極上の音楽空間だな~」と感じました。

本当に本当にチケットが取れて、病気や事故などにも合わず、無事にこの場所にいられることに感謝しました。

 

山下達郎はその日のお客さんのために、バンドメンバーと共に最高のパフォーマンスをしてくれます。

※バンドメンバーについては後のページで解説(近日公開!)

ステージに立つ人が、手を抜いているかどうかなんてファンには一瞬でわかります。

達郎さんが全力で音楽を届ける、ファンもそれに応える、そして相乗効果で素晴らしいライブになる。

ライブは、決してどちらか一方通行では成り立ちません。お客さんと演者の気持ちのキャッチボールや同じ方向を見ることで、一緒になって創り上げていくものだと思います。

 

達郎さんのライブは、私の思う「ライブとはこうあってほしい」というものが全て詰まっています。

「こうあってほしい」とは

  • バラード・ミディアム(ポップとバラードの中間)・ポップな曲などバラエティに富んだ選曲が最高のクオリティで聴けること。
  • 聴くときはじっくり聴け、弾ける(はじける)ときは思いっきり弾けられる。
  • アーティストの想いが感じられ、みんなで一緒に創り上げる感動と楽しさがいっぱいの空間。

 

それが私の思う最高のライブなのですが、達郎さんのライブにはこれら全てが詰まっているのです。

 

山下達郎のライブのMC

 

ライブは楽しいMCがあればさらによいものになると思います。

達郎さんはMCもおもしろいんです。

落語がお好きですし、毎週「サンデーソングブック」というラジオ番組をやっていることもあり、お話は上手。

 

サンデーソングブック

JFN (TOKYO-FM系 全国38局ネット)毎週日曜日 14:00~14:55。番組は「山下達郎の個人コレクションを使って発信される日本最高のオールディーズ・プログラム」と紹介されている。ちなみに『オールディーズ』とはアメリカやイギリスなどの英語圏で1950年代~1960年代にヒットしたポピュラー音楽のこと。

 

おもしろいのが結構、毒を吐くのです。

そして「シャレですよ、シャレ」と自分でまとめる(笑)

言った後、自分で「へッ」っとウケてたり…かわいいです。

噺家さんのように飄々と話し、ちょっぴり毒のあるMCも楽しみであり、達郎さんの魅力の一つなのです。

 

CDとは違うライブの魅力

 

私はライブとCDとはどちらもそれぞれの良さがあるとは思います。

ただ一つ言えることはライブとCDは全くの別物であるということです。

私は、今までいろんなライブを観て「CDの方がよい」と思ったことは一度もありません。ライブにはライブの楽しみ方があり、CDの音をライブで完璧に再現できるわけではないからです。

ただ達郎さんのライブでは、CDのクオリティに近い音をライブでも体験できると思います。

それこそが「音の職人」山下達郎が創り上げるライブの魅力であり、私の思う「極上の音楽空間」を生み出しているのかもしれません。

ちなみに、山下さんの場合はスタジオで作る音と違って、ライブで表現できる音には限界があるので、そのレベルに達していないとライブではやれない曲もあるみたいです。(CDの曲をそのままそっくりライブ演奏するわけではありません)

 

達郎さんのライブは極上の音楽空間であり、CDでは体験できない魅力があります。ぜひ、ライブに足を運んでいただき達郎さんの魅力を感じていただきたいです。

達郎さんはバンドメンバーとともに最高のパフォーマンスをします。このバンドメンバーについて理解を深めると、よりライブの魅力が伝わるかと思います。次のページではバンドメンバーを紹介します。

Next
近日公開!

スポンサー